人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アメリカ生活( 132 )


2016年 11月 01日

ヤナーチェクのオペラとハローウィン/ SF Opera, Halloween



e0310424_15472838.jpg


友人がオペラに誘ってくれました。

20世紀初めのチェコの音楽家、レオシュ・ヤナーチェクの「マクロプロス事件」というオペラです。

















e0310424_15555567.jpg


ウレシいな〜〜、普段ニュージーの田舎に住んでいるから、ドレスアップすることなんて、まずナイ。

たまにはおめかし、ルンルン気分でした。

















e0310424_15560876.jpg


誘ってくれたお友達のCチャン。

彼女は、毎月コンサートやオペラに出かけるそうです。

天井が綺麗な建物でしょう。

















e0310424_15570289.jpg


席に着いてからも、天井を見上げてはパチリ。

宝石みたい。

















e0310424_15572259.jpg


「マクロプロス事件」は、実に興味深いストーリーでした。

なんと300年以上も若いまま生き続けた女性の物語で、最後は「生き疲れて、つくづく嫌気がさした」というわけ。

それはそうよね、我が子も夫も友人も、みんな次々と死んでしまうし、放浪してまた一からやり直さなきゃならないし…

こんなにややこしくて辛くて一人ぼっちな生活ってないですよね。

人生1回だから楽しいんだ、一発勝負だから思い切り生きられるんだと、つくづく思い知らされました。

年を取るのもその一環。

おめかししながら、だんだん増えるシワにウンザリしていた私には、天からの啓示のようなオペラでした023.gif

















e0310424_15584450.jpg


寒くなくて気持ちの良い夜だったので、歩いて帰ることにしました。

写真は、オペラハウスのお向かいの市庁舎です。
















e0310424_15582426.jpg


途中、あちこちでハローウィンパーティーが続行中でした。

若い時、よく行ったわねェ〜

ちょっともう仮装しようなんて気には成れないけど。
















e0310424_15592637.jpg


マイケルにバッタリと会っちゃった。

ちょっとシャイなところまで、マイケルにそっくりでした。



最終校正で、まだ死んでおりますんで、英語はごカンベン〜
もう寝たいです〜









にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ


by BBpinevalley | 2016-11-01 16:33 | アメリカ生活 | Comments(20)
2016年 10月 29日

選挙一色、アメリカ/ Election, Election, Election


e0310424_16501609.jpg



4〜5日前からアメリカに帰っていますが、毎日、毎日、明けても暮れても選挙のニュース。

赤と青と星で、目が回りそうです。


It's been a few days since we arrived in San Francisco, but all we hear and see is the news on the coming election. It is so intense here now.

















e0310424_16504447.jpg


しかし、この人にだけは大統領に成ってもらいたくない。

そんなことになったら、アメリカももう終わりでしょう。(世界も危ない)

自分の党からも嫌われる候補者って、歴史的にも彼くらいですからね。


It's hard to avoid them precisely because of this man.
I do not understand how and why a man like this comes this far to the ultimate power in America. What on earth is happening here?


















e0310424_16510354.jpg


例年は、今頃はカボチャとハローウィンの飾り付けで街が賑やかですが、今年はそれほどでもない。ちょっと淋しい感じ。

ハローウィンどころじゃないんですね、きっと。


Normally, around this time of the year, there are festive Holloween displays everywhere, but not so much this year.

















e0310424_16511974.jpg


一応、商品は並んでいますが、デコレーションに気合が入ってない。


Less than 10 days to the voting day, people are just too nervous, understandably. It's scary.

















e0310424_16514504.jpg




e0310424_16520186.jpg


娘に、学校で使うバックパックを買ってやらなきゃいけないんですが、どうも好みがわからない。

この頃の子供の趣味って、掴めないんですよね〜


My daughter is staying in New Zeakland and studying for the year-end exam.
I'd like to get her the much needed backpack, but don't quite know what kind she will like…
I took some photos and sent them to her.
















e0310424_16521224.jpg


夫と私は、最近こんなものがお気に入りです。


This is my favorite thing on this trip so far.
















e0310424_16522487.jpg


『ジャパニーズ・ミルクブレッド』という名前で売られているのですが、要は日本の食パンを真似したみたいなの。

スライスしてトーストすると、ふわふわもちもちで美味しいのです。

家から数十歩も歩けば、このパンを売っている素敵なベーカリー・カフェに到着。

焼きたてを買いに行ける。

都会のど真ん中に住むのは、これだからクセになりますね〜


It is called "Japanese Milk Bread". It's so~~~ good. We can buy this from a bakery-cafe just a few steps down from our house.
This is what I like about the life in San Francisco.
It's scrumptious!












by BBpinevalley | 2016-10-29 18:12 | アメリカ生活 | Comments(14)
2016年 07月 26日

サンフランシスコ、観光日和/ Perfect Day in San Francisco



e0310424_17291269.jpg


サンフランシスコ滞在の最後の週、ニュージーランドからお友達が遊びに来てくれました。

仲良くしている日本人のお友達です。

お買い物三昧で疲れ果て、最後の日は観光に繰り出しました。

ゴールデンゲート・ブリッジを渡ってすぐの場所にある、サウサリートという海辺の街のヨットハーバーです。


















e0310424_17293815.jpg


ご覧のように、突き抜けるような青空の観光日和。

ブラブラそぞろ歩きが気持ち良かった。

















e0310424_17295123.jpg


昼間っからマルガリータを飲み、













e0310424_17300407.jpg


有名な「クラブ・ルイ〜」(カニサラダ)を食べました。

カニの身がどっさりで、幸せでした。


















e0310424_17311316.jpg


それから、世界で一番ぐにゃぐにゃした道、という触れ込みのロンバード通りを車で下りに行きました。

この写真じゃ、ちょっと何のことだか分からないので、The Gifted Photographerから写真を借りることにしました。


















The Gifted Photographer
e0310424_17492685.jpg


これです。

すごい人出で、この道に入るまでにけっこう待たされました。

もう長く観光案内などしないので、このグニャグニャ道はすごく久しぶりでした。

















e0310424_17303849.jpg


日本にも上陸したそうですが、サンフランシスコはポケモンGOですごく湧き立っていました。

誰もが携帯を見つめながら、あっちへ行ったりこっちへ来たり。

うちのユダヤ寺院にもポケモンが住んでいるみたいで、家の前に人が屯ろしていることもしばしばでした。
















e0310424_17302740.jpg


「うちの店にはポケモンが居るよ〜、

捕まえたら、商品が20%オフになるよ〜」

と、看板に書かれてる。

















e0310424_17310156.jpg


で、今日はもうニュージーランドに戻ってきてしまいました。

写真は、サンフランシスコの空港に向かうタクシーの中から撮ったのですが、霧が、海から丘を越えて流れ込んできている様子です。

昼間は大快晴で暑いくらいでも、夕暮れには霧がこんな風に大量に入り込んで、スイッチを入れた冷蔵庫のよう。

おかしな街ですよね、サンフランシスコ。


今日も疲れたので日本語だけで失礼。












by BBpinevalley | 2016-07-26 18:08 | アメリカ生活 | Comments(18)
2016年 07月 20日

サンフランシスコに行くのなら/ If you are going to San Francisco



古い友人が、懐かしい写真をメールしてくれました。

なんと、1976年。

かろうじてまだ10代だった私が写っています。




e0310424_07001745.jpg


バークレーの超左翼の家庭にお世話になっていた私。

お父さんはロサンジェルス出身の日系2世、お母さんはシカゴ出身のホワイトアメリカン。

私と似たような年頃の子供たちが4人いて、友人や隣人が集い、家の中はいつも活気に満ちていました。

まだ英語もろくにわからなかった私にとっては、何がどうなっているのやら見当がついていなくて、今から思えば可笑しい。

バークレーの街にはヒッピーが溢れ、どれが学生で、どれがホームレスか、はたまたどれが教授なのかも見分けがつかなかった。

ドアやボンネットのない車がそこらじゅうを走り、サイケデリックに塗りたくられたワーゲンのキャンパーが荷物を満載していて…

お金がなくなって、何度かヒッチハイクして家に帰ったことも。

今じゃ危なくて考えられません。

とにかく良い時代でした。



「サンフランシスコに行くのなら、髪に花をさしていくといいよ。きっと優しい人たちに会えるよ」という歌詞のスコット・マッケンジーの一曲です。

あの頃の雰囲気、よく出ています。















by BBpinevalley | 2016-07-20 07:24 | アメリカ生活 | Comments(22)
2016年 07月 15日

冬の夏休み、中間報告/ Our Summer Holiday in Winter



e0310424_05272635.jpg


先日、ユダヤ寺院の住人たちが集まって、バックヤードでBBQをしました。

アメリカらしい時間の過ごし方。

サンフランシスコにしては暖かい日だったのですが、それでも皆さん真夏にセーター姿。


We had a fun BBQ at the backyard of our Synagogue house with all the neighbors.
A very American thing to do.


















e0310424_05273474.jpg


アメリカのコーンは美味しいのです〜

さすが本場。


Corn was fantastic.

















e0310424_05330578.jpg




e0310424_05274620.jpg


お料理もさることながら、おしゃべりも楽しかった。

16歳から91歳までの住人が集まりました。


Besides the food being superb, I enjoyed the relaxed time and the conversation with everyone.
It was a get-together of 16 to 91 years olds.

















e0310424_05440716.jpg




e0310424_05455051.jpg


相変わらず雨の降らないカリフォルニアの夏。

冬の間に降った雨では足りないようで、水不足はまだ続いているのだそうです。


The past one week has been very beautiful in San Francisco.
Not too hot, not too cold.

















e0310424_05445079.jpg


娘は毎日、むかし自分が通った保育園でボランティアしているのですが、朝、私がバス停まで彼女を送りに行きます。

その時間帯のヴァレンシア通りは、まだ起きたばかりという感じ。

水不足のため、路上もきれいに掃除できないようです。困ったわね〜〜


We still have a California drought supposedly.
The rain we had in the last winter was not enough.
We have to pray for a wetter winter.


















e0310424_05473552.jpg


しばらくシアトルから友人夫婦が泊まりに来ていました。

過去に一緒にあちこち旅行した人たちなので、気が置けず、みんな好き好きにリラックス。


For a while, we had company from Seattle.
We used to travel together to the Milan Fair.


















e0310424_05475483.jpg


宿題やボランティアや社交のある娘だけが忙しく、いつも走り回っています。

まだ子供のくせに、時間の経つのが速いと言うのですが、それってちょっと悲しいナ…


Now, our daughter is a busy girl.
On top of the usual studying and practicing, she has a volunteer job and Karate lessons.


















e0310424_05461507.jpg


ファーム速報です。

昨日、一番若い乳牛のお母さんに赤ちゃんが生まれました。

まだ子供みたいに若いお母さんで、もちろん初産なので心配していました。

無事産まれてくれて、本当に嬉しいです!


News release from Aotea Organic Farm.
A new calf was born to our youngest mother cow yesterday.
I was worried about the mother since she is so young, but everything went well and both of them are healthy.
Great news!













by BBpinevalley | 2016-07-15 07:19 | アメリカ生活 | Comments(22)
2016年 07月 09日

アップルストアとモカちゃん/ Apple Store and Our Lamby



e0310424_05004659.jpg


夫が私の車を会社の外の駐車場にカバーもかけずに乗り捨てていたおかげで、留守中に車体は鳥の糞とポプラの樹液にまみれ、見るも無残な状態。

ウォッシャー液を噴射してワイパーをかけながら、まずは洗車に向かうしかありませんでした。

まったくね〜〜


My car was in a miserable state being covered by bird droppings and tree sap because my husband left it outside without its cover.
I had to drive straight to a carwash.


















e0310424_05021623.jpg


こちらでもニュージーでも、車は贅沢品ではなくて必需品なので、特に磨き上げる趣味はありませんが、せめて前後左右の見通しが効かないとねェ。


上は、うちの近くの路地で、壁画を書くアーティスト。

415はサンフランシスコの市内局番ですが、それ以上に何か意味があるんでしょうか…


On one of the alleys near our house, a mural artist was finishing his piece.
Besides 415 being the area code of San Francisco, is there any other meaning to this painting?





















e0310424_05020639.jpg


こんなのもあった。

プリンスさま、ご冥福をお祈りします。


Here is a tribute to Prince.

















e0310424_05401588.jpg


アメリカの歯科医にはしばらくご無沙汰していたのですが、クリーニングの予約を取ってみると、住所が変わっていました。

なんと、ユニオン・スクエアを見下ろす一等地。

写真は歯科医の窓からの景色です。


I revisited my old dentist at her new location which was right in front of Union Square.
The office was spacious and beautiful.



















e0310424_05402581.jpg


正面のユニオン・スクエアを突っ切れば、新しいアップルストア本店にぶつかるという立地です。(アップルストアはちょうどヤシの木に隠れて見えませんが)

写真を夫に見せて、歯科医院の賃貸料はさぞ高いだろうと話したら、「それはアナタが払ってるんだ」と…

???


What a location.
Hidden behind the palm tree in the middle, there is the new Apple flagship store.


















e0310424_05111377.jpg


こちらがその真新しいアップルストア。

天井が高くて広くて眺めが素晴らしい。

巨大なガラスとメタルの箱です。

娘のiPhoneのガラスにビリビリにヒビが入ってしまったので、修理に来ました。

何度も落としたんでしょうね。

携帯なしには機能しないティーンのくせに、もう少し大切に扱ってもらいたいものダ。


It is a beautifully designed building with enormous glass and slate colored aluminum.
I made an appointment at the genius bar for my husband (his laptop is acting up) and my daughter sent her phone in for repair.

















e0310424_05112435.jpg




e0310424_05113294.jpg


内部はとっても混雑していましたが、セキュリティーらしき人が何人も目を光らせていた。

おそらく、テロに備えているのでしょうね。

サンフランシスコはイスラム過激派のターゲットだと聞きます。


In the packed store, I could spot many security guards who were busy watching restlessly for, you know who……Terrorists, I think.
San Francisco is one of the target locations of Isis.

















それとは対照的に、平和そのもののファームから届いたモカちゃんの写真、4枚。

ウーファーの亮さんが撮ってくださいました。


From a safer and peaceful New Zealand, here are some of our lamby's photos.


e0310424_05115090.jpeg




e0310424_05114485.jpeg




e0310424_05121307.jpeg




e0310424_05115551.jpeg



癒されたところで、今日はおしまい













by BBpinevalley | 2016-07-09 12:54 | アメリカ生活 | Comments(17)
2016年 05月 01日

ティーンのお供、務め終えました/ Mission Completed



e0310424_12210292.jpg


うちは公園に隣接していて、いつも子供達の奇声が聞こえるのが楽しい。

いいものですよね、子供達の元気な声。

子供より犬が多いサンフランシスコとしては、珍しい現象でもあります。


















e0310424_12211348.jpg




e0310424_12222237.jpg


歴史的に、メキシコや中南米諸国からの移民が多かった地区なので、壁画が多いのです。

毎日、観光客が壁画の前に集まってガイドさんの説明に聴き入り、写真を撮っています。

写真上はプールの建物、下は女性のための公民館のような建物です。


















e0310424_12223962.jpg


この地区、もちろんメキシコ料理もとびきり美味しいのです。


















e0310424_12230531.jpg


私の家のあるミッション地区は、人気レストランが密集している場所としても知られています。

今回、美味しいと思ったのはビルマ料理。

バレンシア通りにある「Burma Love」というお店に行きました。

上は、ニンニク風味の米麺。


















e0310424_12231235.jpg


人気なのは、お茶の葉のサラダです。

発酵させたお茶の葉が入っていますが、とても味わい深くて美味しかった。


















e0310424_12232198.jpg


私、おナスが大好物なんですが、おいしかったですね〜、ここのは。

一緒に来たココナッツライスも、ちょっぴり甘くて美味でした。


















e0310424_12233427.jpg


夫に頼まれたものを買いに、キャストロ通りにある金物店へ。

商品が整然と並んでいて、必要なものは何でもあるって感じでした。


















e0310424_12235716.jpg


久しぶりに娘と二人だけでアメリカに帰ってきたので、しっかりお母さんをやらされてしまいました。

ティーンと一緒にいるというのは、こんなに疲れるものだっととは……


















e0310424_12245724.jpg


こんな娘たちを何人も預かっている寮長さんには、まったく頭が下がる思いです。

一体どうやってサバイブしてるんだ。


















e0310424_12250741.jpg


今、空港で放心状態。

フライトまで時間がないので、英語はあとで入れます。











by BBpinevalley | 2016-05-01 12:59 | アメリカ生活 | Comments(21)
2016年 04月 22日

異次元の日常に突入/ Plunged Into SF Routines


e0310424_14030785.jpg


先週末に到着して以来、娘と私はそれぞれ前回に置き去ったカリフォルニアの日常を拾い上げ、何事もなかったかのように続行しています。


After our arrival to San Francisco last weekend, we picked up our lives as we had left it a few months ago, and restarted as if we never had even left.


















e0310424_14032833.jpg


私の方は、眼科に行ったり隣人と立ち話したり、はたまた掃除や洗濯や銀行通い。

娘の方も、宿題にバイオリン、暇さえあればチャットとテキスト、そしてデートやお買い物にも忙しそうです。


I visit doctors offices, banks and stores, then cook and clean and see friends and neighbors.
My daughter does homework and violin practice, have dates and go shopping, then chat and text in-between.


















e0310424_14073613.jpg


人間て、たわいのないものに癒しや慰めを感じるものですね。

たとえば運転していて、通りの名前が「ゲアリー、ポスト、サター、ブッシュ、パイン」と、記憶通りに続くのを見ただけで嬉しくなる。

私の頭の中に収まっているサンフランシスコという街が、何ごともなく「そのまま」だというだけで、ほっとしてマス。(単純)


I feel comfort in the most mundane things here, like street names and the sound of street cars.




















e0310424_14075957.jpg


昔からのお友達に会って、ここ何ヶ月かのニュージーランドの話などしていると、日常では近視眼的になって見えなかった全体像も見えてきます。


Having coffee with friends after a few months and telling them about my life at the farm in New Zealand, I became able to see my life with prospective and not so near-sightedly.


















e0310424_14074987.jpg




e0310424_14080878.jpg


家は繁華街の真ん中にありますから、友人とお茶するのもけっこう便利。

車が停めにくいので、お友達には申し訳ないのですが…


すぐ上の写真のケーキ、おまんじゅうみたいですよね。


Our house in SF is located in such a busy neighborhood that we are able to just step out and walk to cafes to see friends.
This is something I can never do at the farm.


















e0310424_14082935.jpg


今日は、娘のバイオリンのブリッジがすっ飛んでしまって、橋向こうのバークレーまで直しに行かなければなりませんでした。

写真は、ベイブリッジの上からゴールデンゲート・ブリッジを望んだもの。

娘が携帯で撮りました。


Today, my daughter's violin had its bridge put back into place as it had popped out and we had to bring it to Berkeley to get it fixed.
The above photo was taken by my daughter with her phone from Bay Bridge.
You can faintly see the Golden Gate Bridge.


















e0310424_14084471.jpg




e0310424_14090631.jpg


んんん〜〜、ものものしい金庫に入っているバイオリンたち。

きっとお高いんでしょうねぇ。


Expensive looking violins in a volt at Ifshin Violin Maker.


















e0310424_14091606.jpg


帰りにキャンパス近くに行って、いつも通ってた安普請のベジタリアン中華の店に行ってみたら、なんと跡形もなく消えているではありませんか!

代わりに、こんな小洒落たコーヒーショップができていて、もうガッカリ😞

いったい幾つコーヒーショップを作ったら気がすむんだぁって言いたい。


Near the Berkeley campus, I was dumbfounded to find this stylish coffee shop where in place of what used to be my favorite simple vegetarian Chinese eatery.
How many suave and expensive coffee shops do you need!!
















e0310424_14092899.jpg


娘がアイスクリームが食べたいというので、ノースバークレーの手作りアイスの店へ。


My daughter wanted to have some ice-cream, so we came to this homemade ice-cream shop.


















e0310424_14093696.jpg


お母さんたら、「ここはWi-Fiが無いから、ママは隣のスタバに行くからね」なんちゃって、こんなに小さい子供たちを置き去りに。

子供の方もお構いなく、キッズ用の雑誌をめくりながら、読者への質問を読み上げては答えを出し合ってる。

「100万ドル当たったら、何に使いますか?」

「そうね、半分はチャリティーで寄付して、あとの半分で家を買うわ」だって。

さすがバークレーの子供。

娘と二人で目がくるくるしちゃいました。


Their mom said "I'll go to the Starbucks next door cuz they have wifi", and left.
Meantime, kids are going through a kids magazine and reading off some questionnaire.
"What would you buy if you won a million dollars?"
"Oh, I would give half for charity and buy a house with the other half"
Wow, Berkeley kids.












by BBpinevalley | 2016-04-22 16:04 | アメリカ生活 | Comments(16)
2016年 01月 30日

滞在もそろそろ終盤/ Time to Go Soon~


e0310424_15192858.jpg


今回のアメリカ滞在も、もうすぐ終わり。

最後の方にはいつも、「ユダヤ寺院の家」の住人同士で食卓を囲みます。


















e0310424_15193617.jpg


今回は、ドレスメーカーのブレンダおばさんの家でした。


















e0310424_15194646.jpg


ここん家も面白いアートがいっぱい。

あまり人のお家で写真を撮るのも失礼だから、今日はこれだけ。

でも、とっても素敵なインテリアでした。


















e0310424_15242195.jpg


時間は前後しますが、この日の昼間に訪れた「レインボウ・マーケット」です。

サンフランシスコの左寄りでグルメな生活態度がビシビシと感じられるコープ・マーケットで、肉類は売られていません。

オーガニックであるべきものは、ほぼ全てオーガニックです。


















e0310424_15243096.jpg


いつ来ても、珍しいものがある。

なんですかね、これ? アーティチョークの葉にも似ていますが…


















e0310424_15243673.jpg


春も近いのかしら。細めのアスパラ。


















e0310424_15244570.jpg


これはウコンです。英語ではターメリック。


















e0310424_15250985.jpg


スパイスやソース類も品揃えが豊富で、一つ一つ見ているだけでも飽きません。

これはハーブブレンドで、私は真ん中のカレー粉をいつも買って帰ります。


















e0310424_15250388.jpg


こちら、トラッフルオイルとトラッフルソルト各種。

いろんなお料理にとても便利なもの。


















e0310424_15251644.jpg


上の棚にはキムチ各種がずらり。

その下の棚にはサワークラウト(ドイツのキャベツ漬け)数種。

下段にはお豆腐やお味噌もありました。

普通のアメリカ人が、こういうのを買っていくんですよね、実に。


















e0310424_15261795.jpg


甘酒の元? 甘い麹だと書かれています。

サンフランシスコの人たちって、実にいろんなものを食べますね。

ありとあらゆる国の食べ物を、どんどん取り入れてお料理しちゃう。


















e0310424_15252808.jpg


こういう便利なものもある。

ヘーゼルナッツとチョコレートを一緒につぶしてバターにしてくれる機械。


















e0310424_15253414.jpg


娘がトライしたいというので、一ビン買うことに。

ボタンを押すだけだから、とってもカンタン。


















e0310424_16562671.jpg


こちらはお茶のセクション。

自分で好きなだけ袋に入れて、品番号を書き込みます。

もう20年近く、ほとんどのお茶はここで買っています。


















e0310424_15245615.jpg


ソープやキッチンウェアの売り場もとても楽しい。

全部写真が撮れなくて残念。


















e0310424_15254418.jpg


クックブックも選りすぐられたのが揃ってる。

絵本や文具やおもちゃも有ります。

大人も子供も楽しめるので、娘が幼かった時から、ここにはよく一緒に来たものです。


















e0310424_15265507.jpg


もう明日は飛行機に乗って帰る日です。

キッチンでお友達にスカイプする娘。みんなにバイバイ言わなくちゃね〜













by BBpinevalley | 2016-01-30 16:59 | アメリカ生活 | Comments(20)
2016年 01月 27日

貰っちゃった、iPhone6sPlus / Very Early Valentine



e0310424_01553787.jpg


サンフランシスコ滞在も、もう残り少なくなってきました。

色々とすることが多く、会う人もたくさん居て、2週間半は短すぎる感じ。


Our stay in San Francisco is almost reaching the end already.
It was way too short for me to do everything I wanted to do.


















e0310424_00294919.jpg


ニュージーランドからは打って変わった生活とは言え、これもまた日常の続きで、バケーションとは言い難いですね。

頭を「アメリカ」に切り替えて、"Must Do"のリストをこなしにかかる。


First, it took some time for me to switch my brain's focus from the farm life to the city one.
Also, there were so many friends I wanted to see and so many things I needed to do.


















e0310424_00284247.jpg


それでも、1日の終わりにはくつろぎの時間もあって、夫などはアメフトやバスケットボールのテレビ観戦を大いに楽しんでいます。

それに、アメリカは今年は選挙の年で、両党候補者のディベートなども始まっていますから、マスコミは沸騰状態。

首をかしげるような候補者もいて、傍観している分には実にエンターテイニングですね、アメリカの政治は。


Still, there was some off time.
My husband was enjoying the seasonal big games on the screen.
Also, as this is election year, US media is boiling with news and debates that I couldn't avoid.



















e0310424_00282702.jpg


ドラマでは、15年前に終わった人気番組『Xファイル』が再登場。

日本でも放映されたのかな。

15年の年を重ねた二人の主役がそのまま登場していますが、なかなか面白いです。

普段はテレビを観ない私も、懐かしさも手伝って観てしまった。


I don't watch TV these days, but I had to watch this one.
Has it really been 15 years since the last episode of the original "X-Files"?
With Scully and Mulder still hanging on in a tense relationship, the show is pretty good so far.


















e0310424_01533453.jpg


昨日は、思わぬプレゼントを夫から貰いました。

iPhone6s Plus、ちょっと早めのバレンタインプレゼントだそう。 私、iPhone6を買って半年もたたないんだけど……

夫は、ラップトップを買い替えに娘を同行してアップルに行った際、私に是非とも新しいiPhoneを買ってやれと娘に散々勧められたとか。

彼女、私のiPhone6のお下がりを狙っていたわけダ。


Yesterday, I was pleasantly surprised with the gift of a new iPhone 6s Plus from my husband.
I was a little puzzled because my iPhone 6 was only half a year old.
He said he was passionately urged by my daughter to buy me a new iPhone for Valentine, though a little early.
Uh, huh, so that's what it was. My daughter is after my old phone.


















e0310424_00293112.jpg


その娘も、保育園でのボランティアや模擬テスト、ボーイフレンドとのデートに大忙し。

上の写真は、ボーリング場で開かれたお友だちのお誕生会の模様です。

16歳だから、スウィート・シックスティーンですね。


My daughter has also been very busy with volunteering, studying, dating and socializing.
The above photo is from her friends 16th b-day party at a bowling alley.


















e0310424_00290813.jpg




e0310424_01531621.jpg


保育園の時からの幼馴染。

いいわね〜、おめでとう。

16歳、これからですね〜〜〜


They've been friends since age 3.
How wonderfully sweet, all these kids growing up together and celebrating each other's 16th birthday.












by BBpinevalley | 2016-01-27 03:55 | アメリカ生活 | Comments(11)