人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:World( 5 )


2019年 03月 24日

霧の朝、国の幸福度・再考/ Foggy Morning In My Garden


e0310424_16265375.jpg


三寒四温というのは秋にもあるのですかネ。

ずいぶん早く秋が到来したと思ったら、急に暑さがぶり返したり、そうかと思えば冷たい霧の朝を迎えたり…

昨日の朝、庭は霧に包まれていました。












e0310424_16271536.jpg


前回のブログの『幸福な国リスト』ですが、日本の58位というのは低すぎるというコメントが多かったように思います。

私もそう感じたし、フェイスブックページへのコメントも同じようでした。

ソーシャルメディアで遊んでられるような層は、比較的シアワセな人口だからそう感じるのかもしれませんが。














e0310424_16273904.jpg


リストは、2011年にブータンが提案し、2012年から国連によってまとめられていますが、日本は、いつも50番台をうろついているのです。

50番台の周りは、リトアニアとか、ウズベキスタンとか、クウェートとか…

先進国の中では、日本の幸福度って、かなり低いんですね。














e0310424_16275392.jpg


よく読んでみると、日本は政治への不信感が高い。

また、収入は高くても物価が高く、休暇も少なくて、生活のゆったり感に欠けるという統計結果。













e0310424_16280419.jpg


韓国も、いつも日本の後にくっついている感じ。

台湾は、初めは日本と同じくらいでしたが、だんだん上がってきて今年は25位。

台湾、一度行ってみたい国です。

美味しいんですってね。














e0310424_16281367.jpg


イギリスは15位、ドイツは17位、アメリカは19位。

先進国の幸福度が落ちつつある傾向だそうです。

共産圏では、中国やロシアがかなり落ちていますねぇ。













e0310424_16333709.jpg

言い出しっぺのブータンは95位。

最も不幸な国々は、戦争の起こっている国々です、当然のことながら。

アフガニスタン、イエメン、シリア、ボツワナなど。














e0310424_16334934.jpg


霧の朝のお散歩。

お土産はこれでした。

どんな鳥が落として行ったのか…

とても綺麗。













by BBpinevalley | 2019-03-24 17:32 | World | Comments(24)
2019年 03月 22日

世界で最も幸福な国リスト、私見コメント入り/ World's Happiest Nations 2019


e0310424_06324872.jpg
#10 : Austria



今年も、世界で最も幸福な国リストが発表されましたネ。

日本は、残念ながら58位でしたが、花盛りのブログを見る限りは、主観的にはもっと幸福なのでは?って思います。

(写真はリストから拝借しました)

まずは10位から:オーストリア

音楽の都、ウィーンが首都の国ですが、私たちが行った時には、退屈そうな街だなぁというのが印象でした。

ビジネスへの法規制が厳しく、商店街は夕方には早々に店じまい。

事業への税金も高くて、店主さんたちがブゥブゥ言ってたのが印象的でした。

コンサートなどは、確かに楽しかったデス。













e0310424_06330382.jpg
#9 : Canada



9位:カナダ。

バンクーバー近辺へしか行ったことありませんが、確かに美しい国です。

英語は、ほとんどアメリカンアクセントですが、人々には英国的なおっとり感もあり、アメリカより人間味があります。

昨年バンクーバーの空港で驚いたのは、ゲートに行くまでにアメリカ入国手続きが済ませられること。

空港の一部がアメリカなんですね。

首相がイケメンなのも、幸福度に貢献!













e0310424_06331338.jpg
#8 ; New Zealand



8位:我が国、ニュージーランド

この写真、オークランドですが、もっと緑の草原とかの写真にして欲しかったです。














e0310424_06332420.jpg
#7 : Sweden



7位:スウェーデン

2004年に、車を買いに行ったことあり。

実際に買ったのはサンフランシスコのディーラーからですが、スウェーデンで受け取ってヨーロッパ中乗り回してから送ってくれるというシステムがあります。

ヨーロッパへの二人分の航空券、3ヶ月間有効の車両保険が付いており、空港でお出迎えまでしてくれる。

その上、当の車は、普通に買うのと変わらないお値段。

ボルボ、サーブ、メルセデス、BMWなどが、同じシステムを提供しています。

私たちの時は、娘の子供料金の航空券までくれました。

いい国(個人的見解)














e0310424_06334180.jpg
#6 : Switzerland



6位:スイス

昔は、とても退屈に感じ、嫌いな国の一つでした。

なんでも4ヶ国語でややこしいし、物価もやたら高い。

しかし、歳をとるにつれ、だんだん見方が変わってきたから不思議。

友人が湖に面した美しいスイスの村に引っ越し、遊びに行った時には、こんな綺麗なところが世の中にあのるか!なんて思いました。

人間、感じ方も変わっていくものです。














e0310424_06335019.jpg
#5 : Netherlands



5位:オランダ

良いところ。

そもそも私は朝ごはんに甘いものを食べるのが好きですが、オランダの甘くない朝ごはんは好きだった。

チーズと健康クラッカーみたいのとコーヒー。

とても美味しい。

時々、びっくりするほど背の高い人がいるところですネ。

政治的にもリベラルで進歩的。













e0310424_06340751.jpg
#4 : Iceland



4位:アイスランド

行ったことないのでわかりませんが、なんだかウソみたいな写真ですね。













e0310424_06342625.jpg
#3 : Norway



3位:ノルウェー

ここも、残念ながら行ったことがない。

訪ねたい国の一つです。

産油国で、とてもリッチな国なんですよね。

働かずして豊かだから、皆さんきっとのんびりなさっているのでしょう。

でも、サウジアラビアなどとは違って、とても質素なのだそうです。













e0310424_06344598.jpg
#2 : Denmark



2位:デンマーク

コペンハーゲンにしか行ったことがありませんが、街も綺麗でお店もオシャレ、お食事も美味しかった。

夫は女性が綺麗だと言っておりましたが、私は男性が素敵だと思った。

グレート・デーンという言葉は、男性美を謳ったものじゃないの??

買い物していて、試着室に大好きな傘を置き忘れたけれど、それでも良い印象の国デシタ。













e0310424_06345988.jpg
#1 : Finland



1位:フィンランド

ここには何度も行きました。

夫の仕事の関係で。

白樺の森、何万個もありそうな湖、独特なデザイン感覚、美味しいスモークサーモン、白夜、オーロラ、ムーミン、シベリウス…

短い夏の美しさは世界一かも。

親日国ですよね。

皆さんが湖畔に別荘を持っておられて、社会福祉も徹底してる。

教育システムも最高だし、サウナ好きでビール好き…

でも、日照時間が少ないせいか、自殺者率が割と高いですよね。

それでも連続1位を飾るのだから、素敵な国なのだと思います。










e0310424_07313268.jpg


7位スウェーデンの写真にある建物の前で撮った写真がありました。

15年以上も前の写真。

我々三人とも、今は似ても似つかないサマと成りましたので、もう時効写真です。

この頃、ボチボチと写真の整理を始めています。














by BBpinevalley | 2019-03-22 07:47 | World | Comments(28)
2016年 11月 20日

アメリカの皆さん、移住のアドバイス差し上げます/ Free Immigration Advise to Americans Who Dream to Live in New Zealand!



e0310424_17233448.jpg


アメリカの状況、ひどくなる一方ですねぇ。

トランプは、極右の閣僚ばかりを選んでいて、選挙前には批判的だった共和党員も迎合し、これではまるでヒットラーの再来。


I'm reading all kinds of political news online every day hoping to see even a sliver of light, but things are pretty bad in America.
Trump is picking extreme right wingers and even white supremacists to surround himself with.
















e0310424_17240031.jpg


ニュージーランド移民局のオンラインページにはアメリカ人のアクセスが殺到し、普段の2500%増なんだそうです!

これから、アメリカ人の大移動が始まりますね〜


I heard New Zealand Immigration site traffic surged 2500% after the election.
We'll have many derillious and confused American visitors this summer.


















e0310424_17241449.jpg


アメリカの皆さん、いいところですよ、ニュージーランド。

ファームに遊びに来られたら、いつでも移住のアドバイスを差し上げます〜

ほら、こんな風に、ビーチでは美味しい貝類もたくさん採れますヨ。

(娘が週末に帰ってきたので、朝から潮干狩りに行きました)


We are happy to give information and advise on NZ immigration to fellow Americans. Anytime.
Just call us before you come.

The photographed are Cockles from our beach.
Our daughter came back from school for the weekend and we went clam digging early Saturday morning.

















e0310424_17351837.jpg


お吸い物にしました。

美味しかった。


We made Japanese clear soup. It was very good.

















e0310424_17343270.jpg


今日、日曜日は、ワイン畑のぶどうのお世話で、日焼けしちゃいました。

もうツルが伸び始めるので、そのツルをまっすぐ上に導くための紐を張る作業です。

コロンビア人と日本人の学生さんが一人づつ、お手伝いに来てくれました。


Today, we worked on putting a training string to each grape vine so that they grow straight.
2 ESL studends, a Columbian and a Japanese, came to help us for half a day.

















e0310424_17352895.jpg


今年も、香りの素晴らしい白いシャクナゲが咲きました。

ミ・アモール(Mi Amor)という種類だそうです。

ほんと、いい香り。


In my garden, the fragrant, white Rhododendrons called Mi Amor are in full bloom.
Such a gorgeous smell.
















e0310424_17353764.jpg


我々がニュージーランドの居住権を取ろうと考えたのも、政治が原因でした。

ブッシュ政権が耐えられず、国外脱出を考え始めたのでした。

最初は日本に行こうと思ったのですが、日本はあまり外国人の受け入れが良くない国なんですよね。


The US politics from 12 years ago when Bush was reelected was the factor which turned us to look overseas.
We sought the possibility in Japan first, but gave up after 3 years because of its immigration policy being quite closed even to the spouse and child of a Japanese citizen.















e0310424_17355297.jpg


シンバの昔のおうち。

パインバレーに居た時は、このお家で眠っていましたが、年をとったので夜は家に入れています。

日中、客人に吠えて欲しくない時だけ、ここに入ってもらいます(笑)


This is Simba's old house.
He does not use it anymore except for when we have guests who are scared of him.
















e0310424_07325304.jpg


夕食後、もう日が暮れかけてから、シンバを連れて3人でファームまで散歩に行きました。

なんだかんだ言いながら、私たちもニュージーランドに慣れたものだと思います。


After dinner, as the sun was setting, we took a walk to our farm with Simba.
On and off for almost 10 years here, we are now really feeling at home in New Zealand.




アオテア・オーガニックファームのホームページです。
Aotea Organic Farm, Online Site








by BBpinevalley | 2016-11-20 19:52 | World | Comments(27)
2016年 11月 10日

大統領選、これは悪夢?/ Is This a Nightmare, US Election


e0310424_11401498.jpg


昨日の選挙のショックからは、簡単に抜け出せそうにありません。

あんな下品で無教養でハッタリだらけの男がアメリカ大統領になるなんて……まるで悪い夢でも見ているよう。

別にヒラリーファンではなかったけれど、どちらを取るかと言われたら、もうそれは考える余地もないことですよね。

いったいアメリカは、そして世界は、今後どうなっていくのやら…


I am stunned, shocked, and have been totally depressed since last night as so many others have been.

















e0310424_19294931.jpg


大統領くらい、誰がなっても同じだと思うかもしれませんが、いや、大違いなのです。

議会も全部共和党、だからあのオヤジのやりたい放題。

最高裁の欠員も彼が埋めることになり、それは無期限の任命になります。


Who would ever thought…
It's a nightmare in real time.

















e0310424_19300026.jpg


呼ぶと、走ってきてくれたアリシアちゃん。

まだ生まれて1週間ちょっとなのに、しっかりしてる。


The man doesn't even have decency, not to mention humanity, I mean the basic one, the standard one.

















e0310424_19302020.jpg


こちらは、ちょっとお腹の具合の悪いクリス嬢。

3ヶ月半くらいになります。


選挙の結果が出た後すぐに弟から連絡があり、やっぱりニュージーランドに居住権を確保したのは正解だったね、だって。

カナダの移民局サイトは、アメリカ人のアクセスが激しすぎてクラッシュしたそうです。


My brother e-mailed me as soon as the election result came out, saying "You had great foresight in investing in New Zealand. Canada's immigration website appears down due to too many accesses."











by BBpinevalley | 2016-11-10 20:38 | World | Comments(30)
2013年 12月 07日

追悼、ネルソン・マンデラ/ Free Nelson Mandela



B&Bパインバレー http://www.pinevalley.net.nz/ Facebook http://www.facebook.com/PineValleyBedandBreakfast にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

by BBpinevalley | 2013-12-07 15:27 | World | Comments(14)