人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2018年 07月 28日

うちのビーフでハンバーグステーキ/ The Best Hamburger Steak Ever



e0310424_13585538.jpg


いつものシェリービーチにお散歩に行ったら、夕日が埠頭の先端に当たって輝いていて、とても綺麗でした。

呑気そうな釣り帰りの人達も、絵になっていました。


The setting sun was lining the tip of the quay at Shelly Beach when we took a walk today.
The fishermen happily heading home created a nice addition to the shot.














e0310424_13592976.jpg


シェリービーチでは、海岸に生い茂っていたマングローブを市が一掃し、すっきりしていました。


The city coucil took away all the mangroves on the north side of the beach.














e0310424_13594305.jpg


真ん中の黒いところがマングローブの茂みでしたが、きれいになくなって景色もワイドになった。


It certainly widened the beach and the view.















e0310424_14000000.jpg


ビーチの近くの公園。

この辺りは、夏のバケーション用の家が多いので、冬場は深閑としています。


The park right above Shelly Beach is quite empty during winter when the baches are not in use.














e0310424_14000964.jpg


並んでるポストが可愛い。


















e0310424_14002961.jpg


うちのビーフを工場で挽き肉にしてもらったので、娘がハンバーグステーキを作ってくれました。

赤米を入れたご飯を下に、それからハンバーグ、そして目玉焼きの三重の塔。


My daughter made some delicious Hamburger Steak using our own minced beef.
Here she laid a rice patty at the bottom, then the Hamburger, and topped it with an over-easy egg.















e0310424_14004381.jpg


冗談抜きで、こんなにおいしいハンバーグステーキは初めてかも。

うちのオーガニックビーフの粗挽き肉は最高です。


I have to say that this was the best Hamburger I have ever had.















e0310424_14011379.jpg


今年も後半戦に入ったと思いきや、その7月ももう終わり。

日本では水害や猛暑が相次ぎ、カリフォルニアでも山火事が続く多難な月でした。

関東には台風が近づいているのだとか?


It's already the end of July.
It was a busy month of news about international summits (many of them, jaw-dropping), floods, fires, and heat.














e0310424_14012250.jpg


今のところ、比較的穏やかな冬日が続くオークランド地方。

8月に入って娘のコンサートが終わったら、そろそろアメリカ行きの準備を始めなくては。

今回は、お嬢にとってはお引っ越し。

私たちにとっては第二のハネムーン? まさかね。


It's been pretty normal in the Auckland area.
After my daughter's concert in early August, we have to get serious about packing for our trip to America.
It is not so simple this time for my daughter as she is moving into her college dorm in the East.
My husband and I will help her settle in at her college for a few days, then drive to New York to attend our good friend's birthday party.
It will be a fun trip.











by BBpinevalley | 2018-07-28 00:01 | ニュージーランドの生活 | Comments(26)
2018年 07月 22日

しょぎょうむじょうのひびきあり/ Nothing Stays the Same.


e0310424_10251441.jpg


ちょっと薄黄緑がかった白銀色のプロテアです。

ピンクのが終わったら、こちらが咲き始めました。


Silver colored Protea. Cool and pretty.
















e0310424_10252796.jpg


舞台衣装なんかを想像しちゃう、ドラマチックな花です。


The pink ones are finished in my garden, and now the silver ones are blooming.














e0310424_10254688.jpg


今日は朝からお天気が悪く、暖炉を炊いてラップトップに向かってます。

机の上のお花だけは、妙に春めいて見えるけれど…


It's been cold and rainy the last few days.
The fire warms me and the flowers on my desk cheer me up.















e0310424_10255839.jpg


最近、小玉ねぎみたいなガーリックが出回っていて、剥くのが便利だから愛用しています。


Lately, I've become fond of these little garlics. As they are not divided into little compartments, I don't have to peel each of them. They are more like small onions.















e0310424_10261115.jpg


お味は普通のガーリックとあまり変わらない感じ。

これを植えたら、同じのがたくさん出来るかしらね。


They seems to be a little milder than regular ones. I'll try planting these to see if they grow in my veggie garden.
















e0310424_10264018.jpg




e0310424_10263021.jpg


娘は、相変わらず美味しいものを朝晩作ってくれます。

クレープも上手に焼く。

ニュージーを旅立つに当たって、お世話になった皆さんへのお礼のシルシのさよならコンサートをするそうです。

今、懸命に練習しておりますデス。

娘と過ごせる日々も残り少なくなりました。


My daughter continues to cook delicious things for us.
She is also practicing her violin a lot, preparing for her Good-Bye concert for family & friends in early August.
We are now counting down the days we can spend with her.
















e0310424_10265966.jpg


2〜3日前の朝、とても霧が濃くて、真っ白でした。

しばらくすると、裏のパドックまでは見えるようになった。


A foggy morning, a few days ago.















e0310424_10271164.jpg


雲が切れ始めて、銀色の光の中で霧が引いて行く様子がきれいだった。

もの事、なんでもひと所にはとどまっていないのですね。

諸行無常を感じます。

すべては刻々と変わり、悩みもそのうち晴れようけれども、またいつ壁にぶつかりますやら。

成るように成るさ、で行くしかないね。


It was pretty to see the cloud breaking and silver rays gradually filling the field as the fog retreated.
The ever changing scenery reminds me of the rule of nature.
Nothing stays the same.











by BBpinevalley | 2018-07-22 12:20 | ニュージーランドの生活 | Comments(27)
2018年 07月 20日

チェリモヤをご存知?/ "The Most Delicious Fruit Known to Men"


e0310424_07233999.jpg


今年も、庭のマカダミアナッツがたわわと実っています。

また収穫しないまま、全部落ちてしまうでしょうね。

もったいない。

少しは採って、自分で乾かしてみようかな。


A bumper crop of macadamia nuts again in our garden. Now matured, they are starting to fall off onto the ground. As they are so hard to process, we usually do not harvest many.















e0310424_07240254.jpg


引っ越してきた時は、たった一つしか実らなかったアヴォカドの木。

今年は7つもできました。

もう収穫の時期だと思うけど、どうなんだろう…


Whereas our young avocado tree has borne a record 7 precious fruit this year, and we are anticipating to harvest soon.














e0310424_07272096.jpg




e0310424_07270184.jpg


コブシの花も開き始めました。

撮る角度によって花の表情にもいろいろありますが、iPhoneじゃ白が飛んでしまいますね。


Kobus Magnolia tree has started to bloom, opening its beautiul white libbon like petals.















e0310424_07242678.jpg


例年のごとく、いっぱい実をつけているのが、この奇妙なチェリモヤという果物。

なんとなくハート型しています。


These are Cherimoya fruit in our back paddock.














e0310424_07255343.jpg


南米がお里だそうですが、なかなか育てるのが難しい木なのだそうです。

甘くて、ビタミンやミネラルに富み、世界三大美果の一つだという説も…

ロサンゼルスには多く育つらしいですが、マーク・トウェインをして「人類に与えられた最も美味なフルーツ」と言わしめたとか。


Native of South America, Cherimoya is grown in many tropical regions in the world. Apparently, Mark Twain called it "the most delicious fruit known to men".











e0310424_07260620.jpg


半分に割ると、中は白っぽい実です。


Cut in half, you find creamy white meat with slight fragrance.















e0310424_07261731.jpg


漆黒の種が散在しているので、実を取り分けるのが大変でした。

実をピュレーして冷凍するだけで、美味しいアイスクリームになるというからトライしてみた。

結果: この味には好き好きがありますねー

次回は、ココナッツクリームを加えて、クレムブルレーにしてみたいです。


Filled with shiny black seeds which are quite hard to pick out.
I used the standing blender to mush and put it in the freezer to make Cherimoya ice cream.
















e0310424_07274475.jpg


優しい夕暮れの風景。

この仮住まい(と言っても、もう3年半も住んでる)からの景色は、毎日刻々と変わるので飽きない。

残りの日々を楽しもうと思いました。


I liked the gentle hue at the sunset yesterday. I can never get tired of the ever changing view from my kitchen.












by BBpinevalley | 2018-07-20 09:12 | ニュージーランドの生活 | Comments(22)
2018年 07月 15日

知らなかったことなど/ How Things Work In New Zealand


e0310424_19412621.jpg


工事現場からの景色がきれいだったからと、夫が携帯から送ってきた写真です。

彼のはiPhoneではないので、ちょっと写真の質感が違うような…


The view from the house site. My husband took the photo with his phone.














e0310424_19423231.jpg


牛のことについて:

私たちのファームには牛が200頭近く居ますが、時々写真に載せているベージュや茶色の牛は乳牛で、お産のサポートから赤ちゃんの飼育まで、人間が世話します。

名前もつけて、可愛がって育てます。

食用の牛はほとんどが黒いアンガス牛で、ファームの奥の広々とした牧場で放牧し、羊と同じように子供も勝手に産んでいます。

もちろん、掛け合わせる時期などは、乳牛や羊と同じく人間が調整しますが。

バドさんはその専門家。


We have about 200 cows including a dozen dairy cows. Bud moves them from paddock to paddock measuring the amount and condition of grass in each area. He knows all about cows and sheep. He said he likes cows a lot more. Perhaps they are smarter and easier to handle.














e0310424_19420978.jpg


ニュージーランドには、5エーカーから20エーカーくらいのフィールド付きの家に住んでいる人も多いのですが、そういうのを「ライフスタイルブロック」と呼んでいます。

言わばミニファームで、大型都市に近ければ、田舎と都会の生活の両方を楽しめるという具合です。

ライフスタイルブロックに住むのは、リタイアしている人も多いですが、ファームとは別な仕事を持って両立させている人も居ます。

自家消費に必要なだけの家畜を飼って世話をし、その家畜を処理するときには、ライセンスを持った専門家に来てやってもらうわけです。

そんなミニファームには、だいたい菜園があって、卵を産む鶏が飼われ、羊や牛やアルパカなんかも居たりするし、馬を飼っている人も多いですね。


In the suburbs of big cities in New Zealand, there are many properties with 5 to 20 acres of land with a house and a barn. They are called "Life Style Blocks". Some people retire and buy those properties and enjoy the mini-farm life while still having the easy access to the nearby city. There are younger people who just prefers to live and raise their kids in the farm environment as well.














e0310424_19415513.jpg

先日、天に召された牛は、1頭だけだったので専門家に来て処理してもらいました。

サーロインやフィレやロースト用の肉というのは牛のほんの一部の部位でしかなく、残りの部位はサラミ工場でサンプル製作に使われます。

将来、工場がフルに動き出せば、もっとたくさんの牛が一度に処理場へと運ばれていくことになります。

オーガニックの牛だけを専門に扱う処理場というのがあるんだとか。

ストレスフリーの状態で天に召されるのだそうです。

もちろん、怖がらせるとアドレナリンが出て美味しくないお肉になるという、人間の勝手な都合もあるのですが…

量的には、うちの牛だけではとても間に合わないので、他所のオーガニック牛も購入しなくてはならないそうです。


The cow sacrificed the other day is going to be used in our factory for salami samples along with providing us of steaks and roasts. In the future, more cows will be shipped out to an abattoir to be processed for our factory. We found an abattoir specialized in organic cows, and they have a stress-free method to kill them for humane reasons as well as minimizing the adrenaline release.














e0310424_19424156.jpg


こういうこと、私もこれまで全く知りませんでした。

みんな新しいことばかり。



上は、パブロヴァを焼こうとしているところ。


Baking Pavlova, New Zealander's favorite dessert.















e0310424_19425167.jpg


これは、うちのお嬢さんが苦心して作ったレモンメレンゲパイ。焼く直前です。

なんだか、荒れてる大波のよう。


Lemon meringue pie my daughter made. The meringue looks like waves in the Pacific.














e0310424_19430257.jpg


ハロー、山羊さん。

ご近所の門の柱に、草刈り用として繋がれていました。

シンバは、相手がいったい何者だかわからず、硬直状態。

山羊って、羊と違ってまったく誰も恐れないんですよね。

動物もいろいろだわ。


Hi, Mr. Goat.
Simba didn't quite know what it is and froze.
So different from sheep, goats are not scared of anything.











by BBpinevalley | 2018-07-15 22:19 | ニュージーランドの生活 | Comments(26)
2018年 07月 12日

いよいよ本当のファームかも/ Our First Cow Was Harvested



e0310424_17313895.jpg


昨年買った一眼レフのカメラ、バッテリーがチャージできなくなってしまいました。

4月くらいから調子が悪くて、おかしいなとは思っていたのですが…

ニュージーは停電がよくあるから、たまたまチャージしていた時に停電して壊れちゃったのかしら…

だから、ここのところまた携帯写真ばかりです。


The battery charger for my camera seems to be broken.
It didn't even last a year.
I suppose I have to wait till I go to Japan to get it fixed.















e0310424_17300304.jpg


先週、うちの牛が一頭昇天させられ、月曜日にはお肉屋さんが来てくれて、納屋の冷蔵庫に吊るしていたビーフを切り分けてくれました。

これまで、うちのラムは何度も食したことがあるのですが、牛は初めて。

3歳のアンガス牛だったそうです。

ちょっとショックですが、ファームなんだから当たり前と言えば当たり前。

夫も新米ファーマーですから、後ろから心配そうに覗き込んでいます。


A few days ago, a young butcher came to our house to cut up the beef which was hanging in the big chiller in the barn. It was the first cow we harvested ourselves. (About a week prior, a licensed home-kill person came to the farm and took care of it.)
It was a 3 year old Angus.
We had our lambs meat many times but this is the first time to try our own beef.














e0310424_17304685.jpg


納屋の冷凍庫は、ローストやステーキ肉でいっぱい。

ひき肉やソーセージは、今、作ってもらっている最中です。

しばらく買い物に行かなくても良さそう。


Now our barn fridge is filled with steaks and roasts. Minced meat and sausages are getting processed right now.
I don't need to go shopping for meat for a while.















e0310424_17310606.jpg


うちのラムで作ったキマカレー。

娘が作りました。


Our daughter cooked delicious keema curry using our lamb.















e0310424_17315672.jpg


柿のシーズンも終わりで、パントリーで柔らかくなっていた柿を使って、またブディングを作りました。

レシピではクルミが使われていますが、うちにはマカダミアナッツが余っているので、それで代用。

蒸すこと2時間。

生クリームを添えていただくと、とっても美味です。


Persimmon season is almost over.
Using the very ripened persimmons in my pantry, I made a loaf of pudding. It takes 2 hours to steam, but it lasts a long time in the fridge. It is particularly good with whipped cream.












by BBpinevalley | 2018-07-12 19:04 | ニュージーランドの生活 | Comments(27)
2018年 07月 09日

柑橘類に急襲されています/ Bombarded by Citrus Fruit


e0310424_17484561.jpg


晴れたり曇ったり、めまぐるしく変わるニュージーランドの冬が続いています。

日本の豪雨では大変な犠牲者と被害が出てしまいました。

お気の毒でなりません…

なんでもない日常が、あっという間に奪われてしまうこともある。

生きていることは儚く、存外にも綱渡りなのですよね、誰にとっても。


うちの庭では、柑橘類がいっせいに生り始めました。

枝もたわわとはこのことか、というオレンジの木。

食べるのが追いつかない。

そうマーマレードばかり作っていられないし…














e0310424_17502073.jpg


左側はグレープフルーツ、右側はオレンジ。















e0310424_17492486.jpg




e0310424_17490389.jpg


グレープフルーツの木も、風の強い日には、枝ごとバッサリと落ちています。

フルーツが重すぎるんですね。














e0310424_17495687.jpg


こちらはみかんの木。

日本のみかんと変わりません。

高い所に生っているので、もう少ししたらハシゴを持ってきて収穫しないと。















e0310424_17432442.jpg


2〜3日前の朝食です。

上の方の黒いカタマリは、柿のプディングです。

蒸すのに2時間ほどかかるのですが、冷蔵庫で1ヶ月以上持ちます。

トーストの上には、キャベツとセロリのサラダ。

オレンジ色のは富有柿です。














e0310424_17480570.jpg


相変わらず、マカダミアナッツを乾燥させては瓶詰めしています。

香ばしくて美味しいので、味見がてらについつい食べ過ぎる。

今日は肩凝りがひどいので、英語はお休みいたしマス。











by BBpinevalley | 2018-07-09 18:54 | ニュージーランドの生活 | Comments(16)
2018年 07月 03日

いよいよ7月、後半戦ですね/ July; Kicking Off the Second Half



e0310424_11484887.jpg


今年もいよいよ後半戦へともつれ込みましたね。

なんだか分からないままにここまで来たっていうのが、正直、私の感じるところであります。


上の写真は、タマリロなる果物。

ナス科の、トマトに類似した果物だとか。

最近お近しくなった隣町のご夫婦からいただきました。


We have now ventured into the latter half of 2018.
How desperately hopeful I am for this segment of the year is beyond my ability to express.
Let's prey together.

Our new friends Tim and Helen gave us some beautiful fruit from their garden.
These are tamarillos.














e0310424_11491445.jpg


飛び上がるほど美味しいとは思わなかった。

でも、酸味がなかなか爽やかです。

これでチャツネなどを作ると絶品なのだとか。


They were definitely sweeter than the store-bought ones and quite flavorful.

















e0310424_11492362.jpg


こんなにたくさんいただきました。

彼らのお庭には、なんと柚子の木があるのだそうで、今、枝もたわわに生っているとか。

近々お邪魔したいと考えています。


I better make some chutney with these.
Tim and Helen's garden is known in the area as one of the most beautiful and abundant in rare trees.
They even have Japanese Yuzu trees.
I must visit them soon.
















e0310424_17332392.jpg


これが今朝の朝食。

パンケーキにホイップクリームとメープルシロップをかけ、うちのマカダミアナッツをトーストして載せました。

デビルドエッグは、夫の数少ないレパートリーの一つで、娘の大好物です。

ちょっと荒っぽいけど、美味しいのです。

今日も家族で美味しい食事にありつけることに、感謝、感謝。


Our breakfast this morning.
Pancake with whipped cream topped with toasted macadamia nuts of our own.
My husband made one of his few specialties, our favorite "deviled eggs".
















e0310424_11495196.jpg


先日、うちのマカダミアナッツの7キロ袋を開けたので、せっせと毎日ローストしています。

オーブンを125度くらいに熱し、ファンを掛けて、30〜35分ほどローストします。

とても甘くなって、まるでキャラメルのようなお味に。


The other day I opened a 7kg bag of our Maccadamia nuts. I've been roasting them every day since.
Fan bake the nuts for 30 to 35 minutes at 125 C.
They roast to an almost caramel-like sweetness.















e0310424_11500303.jpg


先日、引っ越していくご近所さんを見送る会がファームのロッジで開かれ、午後から散々飲んだり食ったり。

これは、ニュージーランドでは定番のパーティーフードらしいのですが、オーブンで温めたディップ。

サワークリームやらクリームチーズやら、色とりどりのピーマンが入っていました。

なかなか美味でした。


At the lodge, we hosted a farewell party for our neighbors. We drank and ate from three in the afternoon.
Oven-roasted dip seems to be a typical New Zealand party food accent. It was delicious.


















e0310424_11501565.jpg


その日の夜は、ヘレンズヴィルのインド料理店で友人カップルと待ち合わせ、ボリウッドのダンス番組をサッカーに変えてもらって、機嫌よく夕食をとりました。

ヘレンズヴィルにはレストランがここしかないので、何を食べようかなんて考える必要もない。

サンフランシスコではゆうに1時間も悩みに悩むことがあるんだから、これも田舎に住む利点だと思えば、思えないことはないか……(?)

上、ダールを頼んだら、こんなバケツに入ってきました。

意外とここって本場に近いんだったりして。(ちがう、ちがう)


That night, my husband and I met with our friends at the Indian restaurant in Helensville. We never have to worry about which restaurant to go to as this is the only one ever in dear old Helensville. We should perhaps consider this a vantage point living here as we often have to argue for hours over the choice of restaurants in places like San Francisco.














e0310424_11503686.jpg




e0310424_11505332.jpg


ようやく雨が上がり、しばらくお天気が続きそうです。

ありがたや〜〜


The rain is finally holding up and it seems we will be getting nice weather for a while.

Thank god~~










by BBpinevalley | 2018-07-03 16:48 | ニュージーランドの生活 | Comments(28)