人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2019年 09月 30日

オリーブ漬けの続き/ Pickling Olives


e0310424_18013104.jpg


冬のあいだ放置していた菜園を掃除していて、生い茂った雑草の中に、七面鳥の卵を見つけました。

春ですね〜

座って温めなくていいのかしら…

七面鳥は、みんなで巣をシェアーして卵を産み、交代で座ったりするようです。


When I was cleaning up my vegetable garden the other day, I found some Turkey eggs hidden under a thick growth.
They looked pretty new. I wondered if the moms are coming back to warm them.
Turkeys tend to lay eggs sharing a nest and take turns to warm them.














e0310424_06124474.jpg


オレンジの花も満開で、その香りときたら〜〜

気絶しそうです。


Orange flowers are in full bloom. The fragrance is intoxicating.















e0310424_18071174.jpg


オリーブのブライン(塩漬け)の第一段階が終わりました。

実はもうとっくに終わっていたのですが、旅行や引越しで手つかずになっていた。

もう食べられるので、すぐに食べる分だけをオイル漬けに、残りは、少し塩分が少なめの第二ブラインに漬けて保存することにしました。


The olives that I had brined and stored are now ready to be pickled in oil or used in cooking.
Since there are so many, I decided to pickle some and brine for the second time to store for a longer period.














e0310424_18073932.jpg


とにかく保存用の瓶を洗ったり、殺菌したりの作業がタイヘン。

午後中ずっとかかってしまった。


The process is not difficult, but time consuming to wash and sterilize the bottles.














e0310424_18080985.jpg


途中、菜園へハーブを取りに行き、ちょっと息抜き。

レモンも入れて漬けよう。

なんでもオーガニックのがそこら中に育ってるので、その点、田舎住まいは便利です。


The herbs and lemons are from my garden.















e0310424_17312532.jpg



e0310424_18090876.jpg


こんな風にオリーブ油漬けにしました。

2週間くらいは持つそうです。


Once pickled in olive oil, it lasts about two weeks.














e0310424_18092023.jpg


半ダース作りました。バドさんやご近所にもプレゼントしよう。

あとは、大きな瓶で新しい塩水に漬けたので、食べたい時にオリーブ油漬けにすれば良いようです。

どんなに頑張って消費しても、一年は持ちそうな量。

疲れた〜〜


I made half a dozen jars of pickles so that I can give some away.
The rests are in large jars with new brine, which should last for a good year.
It took me all afternoon to finish the job, and I'm exhausted.













e0310424_18110825.jpg


明日からはまた引越しの続きです。

しばらく労働の日々となりそうです。














by BBpinevalley | 2019-09-30 00:26 | ニュージーランドの生活 | Comments(20)
2019年 09月 26日

世界一軽いパンケーキのレシピ/ The Lightest Pancakes Ever!


写真は Food 52 からお借りしました。 All photos on this page are from Food 52
e0310424_17380053.jpg


娘が居ないので、私がせっせとお料理しています。

レストラン街の中に建っているようなサンフランシスコの家と違い、ニュージーランドの家の周りには、食べに行きたいと思えるようなレストランが皆無。

朝ごはんは夫が作ってくれますが、週末のブランチは私の担当です。

今日は、ずーっと昔に載せたアメリカのダイナー、"Bette's Ocean View Diner"のレシピから、雲のように軽い『カッテージチーズ・パンケーキ』のレシピをご紹介します。













e0310424_17381261.jpg


大量にカッテージチーズが入っておりまして、卵も6個使います。

それなのに、小麦粉はたったの半カップしか入っていません。

ベーキングパウダーも使わない。

特殊なダイエットをされている方に良いかもしれませんネ。

ほとんどスフレみたいなパンケーキ。




材料

アメリカのレシピですからカップ軽量ですが、日本のカップではなく、1カップは約240mlですので、ご注意ください


ベリー類、桃やネクタリン、イチジクなど、お好みのフルーツ  2カップ
砂糖(グラニュー糖でない方が溶けやすい)          半カップ
卵……黄身と白身に分けておく              6個
    牛乳                        半カップ
       カッテージチーズ、またはリコッタチーズ       1と1/2カップ
         小麦粉                  半カップ
           海塩                  小さじ半分
          砂糖                  大さじ1
      焼くときに使うサラダ油           適量
          サワークリーム、またはクレムフレシュ        適量        





作り方

① フルーツに半カップの砂糖をかけ、軽く混ぜ合わせて、しばらく取り置く。(火にかけて溶かしても良いそうですが、その必要はないと)

② 卵の黄身をねっとりするまでしっかりと攪拌し、牛乳を加えてさらに30秒攪拌、そこにカッテージチーズを軽く混ぜ入れる。

③ 別のボウルに小麦粉、塩、砂糖をふるいにかけて混ぜ合わせ、それを②に軽く混ぜ込む。

④ また別のボウルで、卵の白身をツノが立つまで攪拌し(攪拌しすぎないこと)、③にさっくりと織り込むように混ぜ込む。完全に混ぜる必要はなし。

⑤ 厚手のフライパンを中火にかけ、油を薄く敷いて、1/4ほどのタネを焼いていく。表面に気泡が出たらひっくり返し、できた順に低温のオーブンで保存し、すべて焼いてしまう。(もちろん、焼いた順にお出ししても良いのですが、作っている人が一緒に食べられませんよネ)

⑥ ①のフルーツとサワークリームを添えて、お皿に盛る。





e0310424_17382249.jpg


171.pngFor the recipe and instruction in English, please click here to view the video by Food 52.


ビデオでご覧になりたい方は、英語ですが、こちらをクリックしてご覧になってください。




バークレーにあるBette's Ocean View Diner は、シェフたちが好んで食事するレストランでもあります。

誰が一番軽いパンケーキを焼けるか、なんて、キッチンで競争してレシピを考案しているのかもしれませんネ。

夫はこのパンケーキレシピがお気に入りで、先週末は12枚も平らげました。



My husband loooooves this pancake. He ate a dozen pieces last Sunday.














by BBpinevalley | 2019-09-26 00:48 | ご紹介します | Comments(36)
2019年 09月 24日

日本と真逆だから、春分かな/ Days Are Getting Longer And Warmer


e0310424_14221177.jpg


シンバ、その後はお腹も壊さず、元気にしています。


Simba is doing very well now. Totally happy.














e0310424_14245970.jpg


注射の痕が腕にあるけれど、病気の痕跡はそれくらい。


The shaved area on one of his arm is the only remnant frim the illness.














e0310424_14251066.jpg


もういつものチキンジャーキーも食べています。


Now he eats his usual snacks as well.














e0310424_14252198.jpg


日本は秋分の日だったのだそうですね。

こちらは真逆なので、春爛漫になりつつあります。

スモモの花が満開。


Japan just cerebrated the Beginning-of-Autumn Day.
Here in New Zealand, it started toreally feel like Spring these days.
My plum tree is in full bloom.












e0310424_14253002.jpg


もうピークを過ぎているかな。

今年も、プラムタルトにプラムジャム、せっせと作らねば。


It seems like another year of good harvest.















e0310424_14304222.jpg


実は、まだ引っ越していません。

チンタラと家財を運んではいます。


We are kind of slow to finalize the move to our new house. We are only half way there.













e0310424_14311036.jpg


建設工事で動かした土を元に戻したりして、整地しています。


We are working on the landscaping around the house.














e0310424_14312072.jpg


玄関前までの車両アプローチも作っているようです。


There will be a new driveway to the entrance, as well as a new dog run for Simba.













e0310424_14334675.jpg


アメリカから送りつけたコンテナの中身は全部出したので、懐かしい家具などもチラホラ出てきました。

これは、昔、寝室に置いていたメンフィスの家具。

小さかった娘がよじ登って、よく絵本など読んでいました。


The container sent from San Francisco carrying our furniture was emptied.
I see some pieces that I haven't seen for many years as they had been stored in our warehouse.
My daughter used to climb up on this and read her picture books.













e0310424_19005522.jpg


ログキャビンのドアも懐かしい。

サンフランシスコに建っていた頃を思い出します。


Now the log cabin looks exactly like the way it did when standing in San Francisco.













e0310424_19010679.jpg


古びて、さらに味が出た感じ。


I love this door.













e0310424_19034268.jpg


仮住まいの方の庭に、今年は13個も出来たうちのアヴォカドです。あの小さな木にしては上出来。

とても美味しいの。

やっぱりオーガニックだからでしょうか、バターみたいな舌触り。

ファームにも、アヴォカドの木を植えなくては!


We are now enjoying our avocado harvest.
They are so butterly and tasty.
We must plant avocado trees at our farm, too.















by BBpinevalley | 2019-09-24 00:01 | ニュージーランドの生活 | Comments(34)
2019年 09月 18日

私は快楽主義者?/ I Am A Hedonist, Or At Least I Try To Be One


e0310424_13044307.jpg




e0310424_17452905.jpg


サンフランシスコを出る前日、一度トライしてみたいと思っていたベーカリーカフェに、夫と朝ごはんを食べに行きました。

Le Marais というおフレンチなお店。

上の写真は彼らのフェイスブックからお借りしました、撮り忘れたので。


The day before we left San Francisco, My husband and I went to have breakfast at a bakery-cafe called "Le Marais" in Castro.
I borrowd the above photos from their Facebook page as I forgot to photograph the look of the cafe.













e0310424_12512844.jpg


メニューが変わっていて、普通の朝食メニューに加えて、自分で組み合わせる Composée というシートが来ます。


The menu has the second part which lets you pick different components so that you can build your own breakfast.














e0310424_13125698.jpg




e0310424_13130715.jpg


5種類で15ドル、7種類で19ドル。

私は5種類を、こんな風に選びました。

野菜のスコーンもスモークしたマスも、とっても美味しかった。

グラノラやヨーグルトなどを組み合わせるボウル朝食もあり、これはヘルスコンシャスな若者には受けそうだナって思いました。

12月に帰ってきたら、娘を連れて行ってやろう〜


5 for $15, 7 for $19.
I chose 5 as shown in the photo. It was quite a volume of food and tasted very good.
There is also a bowl breakfast that you can choose its components like granola, yogurt, fruit…














e0310424_17472057.jpg


「あなたのブログを読んでいると、どんな快楽主義者の書いたものかと思うよね、毎日、飲めや食えやの狂宴だね」と夫に言われた。

人生そんなわけないから、もちろん困ったことや悲しいことなど有るのですが、あんまり個人的なこと書いてもねぇ…


Reading my blog, my husband said,
"your readers must think that you're such a hedonist eating out and having fun all the time"














e0310424_17472929.jpg


今回の滞在でも、ズシリと重いことや心配なこと、嫌なこと、ややこしいこと…、実はたくさん有ったのですが、軽々しく公表出来なかったり、書くのも嫌なことって有りますよね。

快楽主義者になりたいのはヤマヤマだけど、そうは問屋が卸さない。

実際、人生への快楽主義的なアプローチは、精神衛生にはタイヘン良いらしいですが…


I do have my shares of troubles and sorrows, of course.
But I try my best to be a hedonist. I hear that savoring the pleasures in life is linked to better health and well being.














e0310424_18205813.jpg


心配していたことのひとつは、実はこのシンパでした。

預けていたお友達の家で酷い下痢をしたとの知らせが入り、心配やら、お友達に申し訳ないやら。(こんなデカい犬が、家の中で下痢したら、どんなことになるかは想像に硬い😱)

すぐに入院させて、レントゲンを撮って、いろんな検査をして貰い…


But, today, I want to tell you about what we were worrying about during our stay in Bay Area.
Simba became very sick with diarrhea and vomitting at our friend's house where he was staying.
He was taken to a nearby emergency clinic where he received various tests and x-rays over the weekend.













e0310424_18210793.jpg


どうやら、夫があげた鹿肉の軟骨を飲み込み、それが内臓に引っかかってしまっていたらしいです。

もう若くないから、消化する力が弱っているのだとか。

ズシリと重く悲しいことに比べれば、心配はしたものの、この程度の症状で治まっやことは上々だと言わなければなりません。



昨日の早朝にニュージーランドに戻り、再び二人と一匹の静かな日々の始まりです。


It turned out that Simba had not been able to properly digest a large cartilage of a deer bone that my husband had given the night before he dropped Simba off at our friend's house.
He is getting old and his digestive system is not so robost as before.
He was then moved to a care facility and spent about a week there.
When we picked him up yesterday right after we arrived in Auckland, it was such a relief to see him recovered and well.














by BBpinevalley | 2019-09-18 21:29 | アメリカ生活 | Comments(38)
2019年 09月 14日

よく食べ、よく話し、よく歩いています/ We Are Eating Well In California


e0310424_02413628.jpeg


なんの写真だか分からないかもしれませんね。

サンフランシスコの老舗レストラン "Zuni" のオイスターバーを、二階席から撮ったもの。

結婚式のディナーも、他のハイエンドなお店でのお食事も、皆んな暗くて撮れませんでした。

でも、"Zuni" で食した『アラスカ産オヒョウとハマグリのスープがけ』は本当に美味しくて、帰ったら再現してみたいと思ったのでした♡


At Zuni, looking down on their oyster bar, from the second floor seat.
Zuni is one of my husband's favorite restaurants in San Francisco.
I had "Alaskan halibut with clams with clam soup", which was very very good.













e0310424_02482756.jpg


カジュアルな朝食やランチも、たくさん楽しみました。

これは、アメリカのママと一緒に出かけた時のランチ。

ポーク・タコスとトルティアチップス。

カリフォルニアはメキシカンが美味しい!

アボカドのお味も最高です。


I couldn't get good shots of our dishes as the light was too dim.
So here are some of my daytime meals.
This is a pork taco lunch.















e0310424_02484355.jpg


こちら、南の Arroyo Grande という海沿いの田舎町で行った朝食レストラン。

内陸には農地が広がり、海辺には別荘の多い、静かな街です。

いかにもカリフォルニアのお百姓さんという感じの人たちが多かった。


This is a breakfast place in Arroyo Grande, a quiet farm town about 3 hours south of San Francisco.













e0310424_02485704.jpg


実にアメリカンな、お皿からはみ出してるパンケーキ。


My pancakes were too big for the plate.














e0310424_02493166.jpg


これも、その近くのメキシコ系レストランでの朝食。

メキシコで言うパンケーキらしいです。

シナモン味で、ぐるぐるロープを巻いたような焼き方。

けっこう美味しかった。


I had an interesting looking pancake at a Mexican restaurant.
It was cinnamon flavored and quite tasty.














e0310424_02494057.jpg


こちらは、同じお店で夫が注文した朝食。

ボリューム満点。

夫は満足そうでした。


My husband was very happy with this classic Mexican breakfast.














e0310424_02495757.jpg


リタイヤーして、25年のアメリカ生活に終止符を打ち、日本へ帰ることになったお友達と、タイレストランでランチしました。

スプリングロールを頼んだら、こんな変わったプレゼンで出てきた。


In San Francisco, I had a lunch with a friend who decided to go back to Japan after 25 years of working here.













e0310424_02501181.jpg


何を食べたかが問題なのではなく、こんなお食事を前にして、誰とどんな時間を過ごしたか、

それを記憶に収めたいと思いました。


It's not really about what we had for lunch, but rather how we shared that small hours together.













e0310424_02502385.jpg


9月は、サンフランシスコでは一番暑い時期です。

今回の滞在も、毎日快晴で気温も高い方でした。

夫とキャストロ地区のドライクリーナーまで歩き、帰りに寄った "Bi-Rite" のアイスクリーム屋さん。


September tends to be the warmest month in San Francisco. This year was not an exception.
After my husband and I walked to the dry cleaner about 7 blocks away, we decided to get some Bi-Rite ice cream.













e0310424_02503368.jpg


バニラとコービー味のアイスクリームに、ホットファッジ、生クリーム、炒ったアーモンドをかけて貰いました。

要はホットファッジサンデー。

私の大好物。


We chose vanilla and coffee ice-cream with hot fudge, whip cream and toasted almond.
Hot fudge sundae is my favorite.












e0310424_02504637.jpg


ショップの親切なお兄さんに、「グッドチョイス!」と褒めてもらった。

暑い日にアイスクリームは美味しいですネ。


It was so~~~~~ good!















e0310424_05123702.jpg

うちの近くにいつも泊まっているカッコイイ車。

昔のランクルです。


A really stylish old land Cruiser often parked near our house.













e0310424_05130190.jpg




e0310424_05125191.jpg

夫は、「売る気はないか?」というメッセージの紙切れを、窓に挟んだことがあるそう。(呆れるワタシ)

勿論、売っては貰えなかったわけですが。


My husband said that he once had left a note on it if the car is up for sale. He didn't hear back from the owner.













e0310424_02520165.jpg


オーナーさんはニュージーランドの人なのか、ニュージー狂の人なのか…


The owner must be either a Kiwi or a NZ lover.













e0310424_02521429.jpg


車のボンネットには、キウィのマスコットが。

本当に可愛い車ダ。


There is even a Kiwi bonnet mascot.
Such a cute car.













by BBpinevalley | 2019-09-14 10:38 | アメリカ生活 | Comments(22)
2019年 09月 10日

ウェディング、カリフォルニア風/ Garden Wedding, California Style


e0310424_03305465.jpg


1日遅れて到着した夫を空港でピックアップして、そのまま南カリフォルニアのウェディングに車で向かいました。

式の前日のワイナリーランチはミスりましたが、ディナーには間に合った。

式当日の模様をアップします。


可愛いでしょ、このブライズメイドたち。

フラワーガールと言うのかな。


As my husband missed his original flight, after arrival 24 hours later I picked him up at SFO and we headed South. We drove to attend a wedding on the following day.
Aren't these bride's maids adorable!













e0310424_03312170.jpg




e0310424_03313265.jpg


お人形みたい。


Like a pair of dolls.













e0310424_03315371.jpg


娘の小さかった時を思い出してしまいました。













e0310424_03322749.jpg


ご自宅のお庭で開かれた、カジュアルなガーデンウェディング。


It was a garden wedding very much in California style.













e0310424_03332321.jpg


靴箱のようなものがズラリと。


?













e0310424_03333608.jpg


招待状に、女性の靴のサイズを教えてくださいと書かれていましたが、このことかナ。


As my shoe size were requested on the invitation, could there be some slippers in there?













e0310424_04305868.jpg


中にはダンスシューズが。

女性はヒールを履いてくるから、痛くて踊りにくいだろうとの心遣いです。

NZなら裸足で踊ってネってところでしょうが(笑)


I found a pair of ballet shoes in there.
They were intended for comfort on the dance floor.
This would never happen in NZ, as they would go bare foot as usual 😉













e0310424_04320828.jpg


カクテルの後、いよいよ式です。


Bride and her father.














e0310424_04322646.jpg


片方ががユダヤ系なので、少しユダヤ風。

ダラダラと長くなくて、ジョーク交じりの楽しい式でした。

パヒパチパチ、

おめでとう〜!!


It was not so religious (slightly Jewish as one of them is), not too long, but very touching.
Well done.
Congratulations!!













e0310424_03342272.jpg




e0310424_03344693.jpg




e0310424_03350134.jpg


お花のような三人。


The beautiful threesome.















e0310424_03324029.jpg




e0310424_03354789.jpg


230人の招待客を収容する巨大なテントに、きれいにテーブルセッティングが整っています。


The tent which housed 230 seats was huge and impressive.
Pretty table setting.














e0310424_04325779.jpg




e0310424_03352339.jpg


蜂の巣のままのハニーを、チーズと一緒に。

素敵なアペタイザーのアレンジ。

ハニーの甘みで、チーズもコールドカットもお味が引き立ち、カリフォルニアワインによく合いました。


I liked the appetizers with honey comb arrangement.
The assortment of yummy appetizers with the hint of fresh honey were perfect with the rich California wine.














e0310424_03360464.jpg


それから、花嫁の父のスピーチがあったのですが、酔っ払ってたのか、これが長すぎた。

本人が「もう直ぐ終わる」と言った時には、拍手が起こったほど(笑)


Then, the bride's father's speech came, but this was very very long. Perhaps he was a little tipsy with joy.
When he said he is concluding it soon, there were claps in the tent 😂















e0310424_03364458.jpg




e0310424_03365469.jpg


フィレミニョンのディナーはとっても美味しくて、皆さんご満足の様子でした。


The dinner was delicious, wines and cocktails were excellent, and everyone was having a good time.














e0310424_04342534.jpg




e0310424_04343761.jpg


ナッシュビルから呼んだというバンドは最高。

野外での音量も反響もよく計算されていて、タイミングも完璧。さすがプロですね。


The musicians, who were flown in from Nashville, were fabulous.














e0310424_04351441.jpg




e0310424_04345279.jpg




e0310424_04352830.jpg


ダンスフロアーも賑わっていました。

例のダンスシューズも大活躍。


The ballet shoes were working hard on the dance floor.













e0310424_04354293.jpg


パーティーも煮詰まってきて、新郎新婦まで舞台に。


As the night matures, the bride and gloom get on the stage.













e0310424_04363248.jpg




e0310424_04370045.jpg


もう二人のお子さんがいるカップルなのですが、さすがカリフォルニアンですね。

パワフル。


By this time, their kids were well into their slumber, I trust.














e0310424_04385497.jpg


スナックとして出たタコスの屋台。


Then the late night snack stand appeared.














e0310424_04384361.jpg

これが美味しくて、実に本場の味で、夫などお代わりしていました。



ということで、楽しいカリフォルニアウェディングでした。


Their tacos were absolutely wonderful.
My husband had to have his second and then his third.

This concluded our night at a beautiful California wedding.













by BBpinevalley | 2019-09-10 10:01 | アメリカ生活 | Comments(42)
2019年 09月 06日

家中、絵だらけ/ Too Many Paintings


e0310424_09444074.jpg


夫から電話があり、飛行機をミスったと。

ついに彼もやりましたね。

飛行機をミスるのは私のお家芸だったのですが、これで彼も私を責められナイ😜😆😂














e0310424_09414812.jpg


私も弟もグズグズ要領が悪いので、空港にはギリギリに行ったり、パスポート忘れたりする人。

夫と弟の奥方は、きっちりしていて用意万端、空港には早めに行く人。

世の中、よく出来ていますね。













e0310424_10144762.jpg


夫は、いつも乗るのと違う便を予約してたのを、コロッと忘れてたらしい。

幸い、翌日の夜の便が取れたそうで、今週末に南カリフォルニアである結婚式には参列できそうです。

本当は今日到着するはずだったから、私は1日フリータイムが出来ました。

家の中に、いかに絵画が多いか、その写真を撮っています。













e0310424_10145668.jpg


どこを見てもオブジェと絵画。

上を向いても、絵画。













e0310424_10143471.jpg


この真ん中の絵、実はコラージュ写真なのですが、うっすらと5人の肖像画見えるでしょ。

誰と誰だか分かるかな?

ジョージ・ワシントンやレーニンや毛沢東が入ってます。












e0310424_09413953.jpg


コラージュされてるのは、中国の普通の人々の顔写真。

アーティストは中国人です。














e0310424_10150858.jpg


綺麗に壁に絵がかかっているだけなら良いのですが、実に、二階はこの有様。













e0310424_10151545.jpg




e0310424_10152492.jpg


ひどいですよね。

なんとかして欲しい。














e0310424_10153449.jpg


一階のフロントルームも、ごった返してきました。

行きたくないけど、地下の倉庫には、もっとたくさんの絵画やオブジェが詰まっているのです。

これはもう、こんまり手法くらいでは片付きそうにありません。













e0310424_10161063.jpg


気を取り直し、私が淹れるコーヒーが好きだというお隣のカルロおじさんに、コーヒーを作って持って行こうと思ったら、アラ、豆が無い。

いつもの場所には、ペーパータオルがポーンと放り込んであるだけ。

犯人は、コーヒー豆担当の夫です。

まったくねぇー


悪口を書いたので、英語はナシ。















by BBpinevalley | 2019-09-06 11:22 | アメリカ生活 | Comments(36)
2019年 09月 03日

再び、娘のいない生活、1日目/ On The Day Of My Daughter's Departure,


e0310424_01514682.jpg


娘は元気に東部の大学へと戻って行きました。

ご子息を同じ大学に昨日送り出したばかりのママ友さんと、ゴールデンゲートブリッジの見える海岸沿いを散歩しました。


This morning, my Daughter left for her college to start her second year there. She met up with her new roommate at the airport (she happened to be from Bay Area) and flew out together.













e0310424_01515694.jpg


雲ひとつない青空なのに、橋の上にだけ綿のような霧がかかっています。

有名なサンフランシスコの霧です。

あの中は、冷蔵庫のように冷たいはず。


Then in the afternoon, I took a walk in Presidio with a friend whose son is also attending the same college as my daughter.
Her son is an aspiring opera singer.














e0310424_01524302.jpg


映画にもなった、悪名高きアルカトラス島。

島の周りの寒流が冷たくて激しく、脱獄不可能とされた極悪囚のための監獄でしたが、今はもう使われていません。

360度の絶景を誇る観光地です。


The Alcatraz.














e0310424_01522138.jpg


ヨットもいっぱい出ていました。

手前の水の渦は、警備のモーターボートが作ったもの。














e0310424_01523077.jpg


ぶらぶら歩いたり、カフェでお茶を飲んだりして、お互いの子供のことなどお喋りしました。

前回送り出した時よりも今回の方が寂しく感じ、家でぼんやりしていたので、誘い出してもらって嬉しかったです。

とても楽しかった。


It was such a beautiful day.
I was so glad that she asked me to take a walk with her, as I was feeling a bit lonely after I saw my daughter off.
The sun was warm and the chat was a lot of fun.
Thank you, JA.














e0310424_01525795.jpg


スーパーに行って、少しお買い物。

アメリカのケーキですね〜

こういうの見ると、アメリカに帰ってきたなって実感します。


The colorful cakes at Whole Foods Market.














e0310424_01532302.jpg


ホールケーキもすごいボリューム。

これでも昔に比べればデリケートになったんですけれどネ。


Very American looking.
Still, these are the toned down versions compared to the ones in the past.














e0310424_01535172.jpeg


夫から送られてきた鹿肉ディナーの写真。

ジョニさんと2〜3日前に狩った雌鹿だそうです。

メチャクチャ美味しかったと、感動のコメント付きでした。

ボーイズ、けっこう楽しくやってるようで、お宜しいコト♡


A photo of venison dinner has arrived from my husband.
He went hunting a few days ago with Joni, one of the Finn builders, and they cooked the prize last night.
He was happy to tell me that the meat turned out absolutely delicious♡















by BBpinevalley | 2019-09-03 03:34 | アメリカ生活 | Comments(38)