アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 23日

雨、まだ降りません/ Still No Rain but Life Goes On



e0310424_17341063.jpg


雨が降らなくて、ファームの牧草が茶色くなってきちゃいました。

カリフォルニアの夏みたい…

困ったなぁ〜

憂鬱。


With almost no rain for 2 months, our paddocks are turning browner every day.
It looks like a California summer.
Pretty depressing....
















e0310424_17361083.jpg


憂鬱な日々にも、キラッとする破片は落ちているもの。

新しいニワトリたちが卵を産み始めました〜


For brighter news; our new chickens started laying eggs.
















e0310424_17362365.jpeg


これは、鶏小屋で夫が撮ってきたボケボケ写真。(私は鶏に突かれるのがイヤで入りたくなかった)

夫はどうしてこう写真がまずいのだろう。

建築とかデザインの畑に居たくせに、写真だけはフォーカスも構成もメチャクチャ。

どういうんだろ。

(これでも、修正したんですけど…)


I asked my husband to take a picture of the chicken coup with eggs, because I did not want to be pecked by the chicks.
I have to say that my husband is not a good photographer.....














e0310424_17474153.jpeg


若いニワトリの卵は、最初、双子がすごく多いんですヨー

田舎に来て学んだことの一つです。


The eggs layed by young hens often have double yolks.
I don't know why, but it's something I learned after I came to New Zealand.















e0310424_17475326.jpeg


ハンバーグに落とした卵も双子だった。

ダブルって、なんだかラッキーな気がして、嬉しくなる。


I love double yolk eggs. Somehow they make me feel lucky.
















e0310424_17482033.jpeg


娘は、各大学に提出するバイオリン録音のリハーサルのため、オークランドのピアニストのお宅へ。

そこのシャムネコちゃんが可愛かった〜

さすが音楽家の猫で、問いかけると絶妙の間合いで返事するんですよね。


I took my daughter to her piano accompanist's house for rehearsal yesterday. She has to record some pieces professionally to submit to the colleges she's applying to.
The pianist's Siamese cat was very playful and cute.
















e0310424_17480729.jpeg


リハーサルで疲れ(聴いていただけの母も緊張で疲れ)、和食のランチでホッとしました。

デザートの「レモン風味のクレム・ブリュレー」が美味しかった。

たまごがいっぱい有るから、作ってみようかしら。


After the intense rehearsal, we renewed ourselves ( I, too, was exhausted by just sitting and listening) at a Japanese restaurant.
The citrus creme brûlée was very flavorful.
I should try making this at home as we now have many eggs.










[PR]

# by BBpinevalley | 2017-12-23 18:57 | ニュージーランドの生活 | Comments(19)
2017年 12月 19日

隠れてこそこそラッピング/ Less Than A Week Until Christmas



e0310424_17445605.jpg


今年はクリスマスツリーも飾らず、友人の家でクリスマスを過ごすことになっているけれど、やっぱりプレゼントは用意しなくちゃね。

毎年この時期、家族に気づかれないように、隙を見てはプレゼントをラッピングするのがタイヘン。

みんな、あっちでコソコソ、こっちでコソコソ。
















e0310424_17451744.jpg


毎日増えていく贈り物の包み。

娘はいつも、自分宛のプレゼントを数え上げているよう。

やっぱりまだ子供だな。
















e0310424_17453078.jpg


家を売ろうという段になって、庭に作ったミニ菜園。

このお天気だから、肥料もやらないのに成長がヨロシイ。
















e0310424_17454156.jpg


40台の半ば頃だったかな、春のお天気の良い日に、サンフランシスコの家のデッキで鉢植えに水やりしていて、「こんなに気持ちの良い春を、あと何回経験できるんだろう」と、ふと思ったことがありました。

人間、80年生きたとしても、春は80回しか経験できない。

ビジンハクメイというからなぁ〜、あとせいぜい20回?、え〜〜っ?なんてホースを放り出しそうになって。(ハハハ)















e0310424_17455696.jpg


あれからもうXX年経ってしまい、時は相変わらずスピーディーに過ぎて行きます。

時間の足にすがりついて、少しでも時の経つのを妨げようなんて気持ちも、あきらめの方に押されがち。

どうあがいても時間は経つ。

逆らうだけ損、という気分。
















e0310424_17461095.jpg


今年も、クリスマスまであと一週間足らずになりました。

なんだか慌ただしい年だったなぁ〜という印象、否めません。

娘の受験で落ち着かず、トランプニュースに怒りまくり、スローダウンすることを知らない夫に翻弄されて、あっという間に年の暮れ。














写真は、羊を運ぶバドさんとウーファーさん。
e0310424_17462846.jpg


今年も真夏のクリスマス。

楽しむしかないよね、こうなったら。

私もプレゼントの数、数えてこようかな



くたびれておりマスので、本日は日本語のみ。









[PR]

# by BBpinevalley | 2017-12-19 19:10 | ニュージーランドの生活 | Comments(16)
2017年 12月 16日

シンバとジャカランダとソファー/ Simba, Jacaranda and Sofa



e0310424_06313994.jpg


シンバを洗って一休み。

毎日突き抜けるような晴天が続いております。


It was a great day to wash Simba.
It is now so warm that we can splash cold water onto him without complaint.
















e0310424_06315915.jpg


シンバも、横で日陰干し。

カリフォルニアに居た時のように、濡れた体もすぐに乾きます。


Simba is drying himself on his day-bed.
He always looks so relieved after the shower, his least favorite activity.
















e0310424_08294722.jpg


庭のジャカランダの木も、たくさん花をつけ始めました。

日差しが強すぎて、どんな写真も光で一色に塗りつぶされそうな感じ。


The jacaranda tree started opening its flowers in our garden.
It is hard to distingish anything in this strong sun which paints everything into one shiny mass.
















e0310424_12590667.jpeg




e0310424_08300356.jpeg


肉眼では目が覚めるようにきれいなのに、全体像もクロスアップも、妙に写真に撮りにくい木です。


I should have used my camera. It is hard to capture this tree both close-up and whole.















e0310424_08303169.jpeg


ムラサキ色の絨毯が、木の周りに織り込まれていきます。

ジャカランダの木の下で、お花見するのもいいかも〜


A beautiful purple blanket is getting woven in around the tree trunk.















e0310424_06321493.jpeg


ニュージーランドのウールを使った、夫のデザインによるソファー。

くっつけるとベッドになります。

これは、8月ごろに出来上がってきたメーカーの試作品。

本物は、もう少し小さめにするそうです。


This is a prototype of the sofa that my husband designed. It's going to be produced in New Zealand using the wool from here.















e0310424_06322435.jpeg


しばらくバーンに置いていたのですが、汚れてしまうと言って、夫が自宅に持ち帰りました。

このコーナーには大きすぎるけれど、他に置くところがない。

ま、せいぜい寝そべって、活用しよう〜〜


It's a set of sofa which can be joined together to make a bed.
This prototype is a little oversized, and the real ones will be slightly smaller.










[PR]

# by BBpinevalley | 2017-12-16 10:36 | ニュージーランドの生活 | Comments(31)
2017年 12月 10日

12月、すっかり夏です/ Summer Arrived Early at Aotea Organic Farm


e0310424_17051230.jpg


やっぱり12月は忙しいですね。

日常の仕事に加えて、ずっと避けていた仕事が一挙に押し寄せてくる感じ。

ブログにも手が届かなくなってきました。


写真は、毛刈りを待っている羊たちです。

もちろん本人たちは、なぜ牧場からここに追い込まれたか分からないので、怖くてオドオドしています。


It's been a particularly busy December this year.
On top of the daily work and the usual end-of-year stuff, everything I've been avoiding through the year is screaming atme for attention.
I can hardly open my blog page these days.

The photo above ; Sheep waiting for the hair-cut, except they don't know that's what they are doing.














e0310424_17540641.jpeg


しばらくウーファーさんが居なくて、雑草がはびこっていたファームの菜園も、なんとか使える状態まで戻せました。

疲れる仕事〜


The weeding at the farm's veggie garden was really hard, because no one was attending it for a few weeks.















e0310424_17060400.jpeg


放置されていた玉ねぎも抜いて…


Small but good onions.















e0310424_17062499.jpeg




e0310424_17063137.jpeg


でも、アーティチョークは食べきれないで、花を咲かせてしまいました。

赤ちゃんのアタマほどもある花で、じっと見ていると吸い込まれそうな感じ。


There were too many artichokes, and some flowered.
Huge and beautiful flowers.















e0310424_17064079.jpeg


今年はどうやら、雨が降らない夏みたいで、もう牧草が枯れてきました。

例年よりも早く温度が上がり、長い夏になりそうです。


The temperature went up quite early this year. All the pastures around here are turning brown quickly.
It's going to be a long dry summer that I dread.
















e0310424_17523307.jpeg


師走には、やっぱり大掃除。

モノがいっぱいで、車など入れたことがないガレージですが、ついに掃除をすることに。


We decided to clean our garage so that I can park my new car.
















e0310424_17525040.jpeg




e0310424_17530022.jpeg


キャ〜、車が入った。

本当はゆうに2台入るガレージだけれど、これで十分。

夫の車は外でいい。


Success.
This is the first time that we parked a car in this garage since we moved in here in 2015.















e0310424_17532206.jpg


これは、お嬢が今朝作ってくれた「ブレークファースト・ブリト」なる一品。


My daughter made breakfast for us this morning.
Breakfast burritos.















e0310424_17533328.jpg


卵、ハム、玉ねぎ、ビーツ、赤ピーマン、ポテトなどを、小麦のトルティーヤで巻いてオーブン焼きしたもの。

メキシカン・ホットソースを振りかけて食しました。

美味しかった。

料理長、また頼みマス。

(人に作ってもらうものって、どうしてこう美味しいんだろ)


Very good with some hot sauce.
I'm so lucky to have a daughter who likes cooking!
She cleans well, too.
I just loooove to be the one sitting at the table and being served♡










[PR]

# by BBpinevalley | 2017-12-10 19:47 | ニュージーランドの生活 | Comments(30)
2017年 12月 04日

新車、買いました/ Our New Subaru


e0310424_17001565.jpeg


アメリカで乗っているのと同じ、スバルXVを買いました。

とても乗りやすくて、安全性が高く、すごく気に入っています。


My new Subaru XV arrived last week.
It's the newer model of the Subaru that I drive in San Francisco.
I like it because it is one of the safest car to drive, but not as heavy and dull like Volvo.


















e0310424_17003482.jpeg


色も気に入ってる。

そもそもフラット・カラーの車、好きです。

飽きないようにとか、汚れが目立たないように、とかいう理由で、どうしてもシルバー系を買ってしまったりもしますが。


I love the color, too.
I like flat paint on cars.
















e0310424_17004672.jpeg


スバルファンのことを「スバリスト」と言うんだそうですね。

いろんな国のいろんな車に乗りましたが、確かに、スバルはイイかも。


I learned that you call people crazy about Subaru a "Subarist".
I think I am becoming one.


















e0310424_17005755.jpeg




e0310424_17011286.jpeg


同じ乗るでも、こちらは馬。

ドイツ人のウーファーさんの乗馬姿が素敵だったので、パシャリ。

フィリスは、少しお疲れのご様子です。


Here are the photo of a German wwoofer girl riding Phyllis.

I's been so sunny and beautiful, but we need some rain at our farm.










[PR]

# by BBpinevalley | 2017-12-04 17:47 | ニュージーランドの生活 | Comments(34)
2017年 12月 01日

娘の卒業式に思ったこと/ On My Daughter's Graduation



e0310424_12501832.jpg


娘が卒業式に私の古いドレスを着たいというので、少し直しました。

卒業式といっても、IB(International Baccalaureate) という特殊なプログラムに入っていた24人の生徒が、自分たちで企画した、一風変わった卒業式。

学校全体の卒業式には、参加せず終い。


Our daughter graduated from high school the other day.
It was a student led graduation ceremony exclusively for the 24 IB students.
They had been studying so hard for the last 2 years that they became a very closely knit group.

My daughter wanted to wear my old linen dress, which was nice. I mended a bit and ironed it crisp.

















e0310424_12505580.jpeg


背中が、ハイウェストのところで開いているドレスで、下のチュールのギャザーが見えるようになった、変わったドレス。

バックの写真、撮り忘れ。

着る人によって、ずいぶん感じが変わるものダ。


This is the dress.
It is open at high waist in the back to show the tulle underskirt. But I forgot to take a photo from the back.

















e0310424_12540890.jpg


蛍の光を歌う感動の卒業式とは似ても似つかぬ、可笑しくてお腹がよじれそうな、それでいてちょっぴりジ〜ンと来る会でした。


The ceremony was well planned and organized, with delicious appetizers followed by wonderful speeches from both students and teachers and memorable videos.
Two presenters were really funny and the whole thing was a lot of fun.
















e0310424_12544162.jpg


ディプロマを貰って、走り戻るお嬢。
















e0310424_12542821.jpg


先生に感謝の言葉を述べるお嬢。

おおきくなっちゃったわね〜

これで、親としての私たちの責任も一段落か…


My daughter thanked her teachers at the podium. She spoke well. I don't know when she grew up so much…
















e0310424_12553762.jpeg


パパの背中に背負われていたベビーの頃。


She was one year old here, on her daddy's back.
















e0310424_12554988.jpg


ママの膝の上でいたずらしていた幼児期。

5歳くらいかな。


About 5, on my lap in Milan.

















e0310424_12570266.jpeg


8歳でニュージーランドに来て、


We arrived in New Zealand when she was 8.















e0310424_12561941.jpg




e0310424_12562892.jpg




e0310424_12560672.jpg




e0310424_12563930.jpeg




e0310424_13245698.jpeg

いろいろありましたが、なんとか怪我もなく大きくなってくれました。


Happy days at Pine Valley.
















e0310424_12571365.jpeg


これは、12歳の時、東京のデパートで、スイスのパティシェと記念撮影。

趣味がお料理なので、アメリカの大学に蹴られたら、どこかに丁稚奉公?

(丁稚=デッチと読みます。そんな言葉、知らないって?)


Here she is about 12 in Tokyo, posing with a Swiss patissier.
My daughter loves cooking and baking.
She wants to travel Japan and Europe before college and learn cooking.















e0310424_13330549.jpg


パパとママは、すっかり黄昏てるので、お嬢はこれからも健康に元気で頼みマス。

写真は、今日の夕暮れ時。

対岸の丘に夕日が当たって、とても綺麗でした。


Beautiful sunset this evening. The sun was hitting the hills on the other shore.










[PR]

# by BBpinevalley | 2017-12-01 00:01 | ニュージーランドの生活 | Comments(48)
2017年 11月 26日

ギブス・ファーム再訪/ Revisiting Alan Gibbs Farm

e0310424_19355059.jpg


アラン・ギブスの彫刻ファームを再訪してきました。

いつもいっぱいで、なかなか入場できないのですが、入会しているガーデンクラブからのお誘いで入れて貰えました。

うちのファームが臨むカイパラ湾に、このギブスファームも面しているので、ご近所と言えなくもない。

車で約30分くらいです。

3年ほど前にもご紹介していますが、その時の記事はこちら



上は、Bernar Venet の作品。

かなり遠くからも見える巨大な彫刻です。















e0310424_19371547.jpg


とにかく広いので、見て回るのも大変。

売店など無いので、飲料水の携帯は必須。

ちなみに、左側から中央奥にずっと続いている柵は、彫刻の一つです。

Daniel Buren の作品。

その向こうにも、二つほど彫刻が確認できますが、見えるかな。















e0310424_19423301.jpg


これがその一つ。Neil Dawson の作品で、立体的に見えますが、実は二次元的に空に描かれたような鉄製の彫刻。

反対側に回ると、また立体的に見えます。
















e0310424_19425913.jpg


その次に辿り着いたのが、この巨大なラッパのような作品。

ゴムのような素材でできています。

Anish Kapoor の作です。

現在、修復中ですが、足場に乗っている人を見ると、作品の大きさが分かると思います。















e0310424_19430815.jpg


あまり大きくて全体像がつかめないので、ギブスファームのサイトから写真をお借りしました。

とにかくデカい。















e0310424_19432061.jpg


なんとも奇妙な物体。














e0310424_19432958.jpg


中を覗いたところ。
















e0310424_19440948.jpg


カイパラ湾の上に浮かぶ白い雲がきれい。

向こう岸のちょうど真ん中あたりが、うちのファームです。
















e0310424_19442520.jpg


右手に目をやると、一本の棒が立っていましたが、これもアート。

Len Lye の作品で、上部に風車のようなものが付いていて、風にたわみます。















e0310424_19452811.jpg


ギブスファームには、動物もたくさん居ます。

この写真のラマたち、なんだかオモチャみたい。














e0310424_19454210.jpg


向こう岸にいるのは、水牛?















e0310424_19475521.jpg


羽を広げるエミュー。












e0310424_19464561.jpg


ヤギたちのいるパドックは、草が食べ尽くされていてハゲチョロケ。













e0310424_19473270.jpg


ヤギたちの向こう側に見えた、コンクリート製の4本の柱は、15メートルもあるそうです。

雨にも風にも嵐にも、頑として動かない決断をもって、自然に対峙している存在を表現したのだとか。

今年設置された、Andrew Rogers の作品。















e0310424_19455670.jpg


ファームには、入江や池もデザインされています。













e0310424_19460520.jpg


そんな池の一つに浮かんでいるのは、Zhang Wang の作品。

この人のは、いつもこのギラギラした銀色素材ですね。

うちにも、ゴロゴロした石のようなのが数個ありましたが、内部が空洞のブロンズだとか言ってたような…















e0310424_19462478.jpg


中央に地面が連続的に隆起していますが、これは Maya Lin の作品です。

彼女は、ワシントンDCのベトナム戦争慰霊碑で、一躍有名になりましたね。














e0310424_19485786.jpg


カラフルなキューブが緑の地面から浮き出ていますが、子供達のかくれんぼに最適のよう。

Leon van den Eijkel の作品。














e0310424_19481959.jpg


カイパラ湾の海と空の変化にインスピレーションを得たという、Graham Bennett の作品。















e0310424_19492577.jpg


そして、最後に、かの Richard Serra の巨大な鉄の塊。

美術館で見る彫刻とは、比較にならないスケール。

とにかくパワフルです。














e0310424_19493593.jpg


ファームの丘に延々と、鉄のリボンが這うように走っています。

青い空に白い雲、カーブが畝る緑の大地、そこに忽然と現れる鉄の壁が、妙に美しいのです。

これを見るためだけにでも、ニュージーランドに来る価値はあるかも?











[PR]

# by BBpinevalley | 2017-11-26 02:01 | ニュージーランドの生活 | Comments(40)