人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アオテア・オーガニックファーム ( 146 ) タグの人気記事


2019年 05月 03日

令和と酔っ払いの鳥たち/ New Era in Japan, Drunken Birds in NZ


e0310424_19220099.jpg


日本は令和の一色ですね。

ブログでも話題は令和、もしくはGW。

アメリカの新聞にも日本の天皇交代が大きく取り上げられ、西洋社会から見た日本の皇室観が面白くて、興味深く読みました。


こちら、秋もいよいよ深まってまいりました。

夜は暖炉に火を入れることも多くなって。


The news from Japan is all about the new era with the new emperor.
Japanese people are celebrating and enjoying a long Golden Week vacation right now.














e0310424_18515935.jpg


これ、なんだかわかるでしょうか?

ガレージの窓ガラスに激突した鳥が残した跡です。

夕日が反射している時間を狙って撮ったのですが、それにしても凄い跡でしょ。

鳥の顔まで分かる感じで。

下に落ちて死んでいるかと見に行きましたが、居なかったので、回復して飛んで行ったものと思われます。

最近、ドスンと凄い音で窓にぶつかってくる鳥が多いのですが、

ニュージーの豊かな秋の実りで、アルコール化した果実を食べ過ぎて、酔っ払って飛ぶからなんだそうです!


Lately, we had several birds crash into our windows and made quite a stomping noise each time.
They are drunk with over-matured berries and flying incoherently.
There are so many good things to eat in NZ's fall that many birds are overweight and barely lifting off the ground.














e0310424_19221901.jpg




e0310424_19230842.jpg


ホオズキが、そろそろこんな風になってきて、とても綺麗。













e0310424_19232413.jpg


こちら、iPhoneで撮りましたが、なかなか良く撮れます。













e0310424_19235105.jpg


どうやら、8月には引っ越せるかもしれないので、そろそろ本気を出して仮住まいを売ることにしました。

昨日は、午前中大掃除して、午後からは不動産屋さんの撮影。


It seems like we are moving in August to our new house, which means we have to get serious about selling our current house.
Our real estate agent came yesterday with a photographer to take photos of the house.













e0310424_19240356.jpg


売れてくれるといいんですけれど…

外国人の不動産購入が法的に難しくなって以来、中国人の購買がうんと減り、不動産は低迷している様です。


I hope it goes well.













by BBpinevalley | 2019-05-03 05:26 | ニュージーランドの生活 | Comments(22)
2019年 04月 29日

石材が到着しました/ The Stone Has Arrived



e0310424_16575825.jpg


夫は新居の建築のことしかアタマにない。

ファーマーぶって長靴履いていても、やっぱり餅は餅屋というヤツかしら…(ちょっと例えが違う?)

断熱材が壁や天井に入り、いよいよ内装の準備をしなければならないようで、忙しそうです。


My husband is getting excited about the house which now has insulation in its walls and ceilings.















e0310424_15045544.jpeg


そうこうしているうちに、昨年暮れに中国で注文してきた石材がコンテナで届きました。

まぁ、遠いところから、大海越えてどんぶらしょと来たのね。


The stone we ordered in China in November arrived in containers the other day.













e0310424_15081802.jpeg


夫がくれた写真ですから変ですけれど…


My husband gave me these photos.













e0310424_15060027.jpeg


やけにたくさん有るなと思ったら、温室とそのコートヤードに使う石材も含まれているからとのこと。

荷物の向こう側に整地されている土地に、温室が建ちます。


So many crates.
We are using stone for the floor of the house and the glass house, as well as the courtyard.












e0310424_15082645.jpeg


手前のはバスタブですが、どうも夫は気に入らなかったようで、これには金魚でも入れて、別のタブを探すとか。


The glass house will be built on the leveled area in the above photo.














e0310424_15091019.jpg


この日は現場横からの夕暮れが綺麗でした。


Pretty color at dusk from near the house site.













e0310424_15414600.jpeg


その翌日、こちらはシェリービーチの埠頭の夕暮れ。

赤い漁船が、その日の仕事を終えて帰って来ました。

何を釣ってきたんだろう。


This is at the Shelly Beach when we walked Simba the next day.
The red fishing boat had just come back from the day's work.













e0310424_15420186.jpeg


かなりの遠浅。牽引する車がバックでどんどん水に入って行く。














e0310424_15421650.jpeg


今日も居ました、カモメちゃん。

いつものスポット。

電灯の上って暖かなのかナ。


There is always a seagull sitting on the lamp.
It must be the top spot because of its warmth.














e0310424_16461094.jpg


その夜は、お月様が大きくて、綺麗でした。

水面に映った月がチーズに見えて、懸命に取ろうとしたアヒルのお話、思い出しました。


A slow shuttered shot of the moon that night.













by BBpinevalley | 2019-04-29 00:01 | ニュージーランドの生活 | Comments(16)
2019年 04月 19日

秋晴れ、薪、琥珀、シンバ/ Autumn Days at Aotea Organic Farm



e0310424_10292761.jpg


秋晴れの日が続いています。

牧場のうねりがセクシー。


It's been very beautiful lately.
Crisp autumn days.














e0310424_10295006.jpg


仮住まいからの眺めも、秋の透明感に満ちています。

鳥の合唱もサランサウンドで凄い。


From the deck of my current home.
Birds are singing nonstop.














e0310424_10304208.jpg


夫が、ファームから薪をたくさん持って帰ってきてくれました。

寒い夜に備えて。


My husband brought home a big stock of wood from the farm.
It tends to get colder at night after a gorgeous cloudless day.














e0310424_10295764.jpg


これこれ、こういう短いのがイイのよね。

長いとストーブ内に収まりません。


I like those short stubby wood for my stove.
Easier to handle.














e0310424_10562372.jpg


時々、シンバを連れて、ファームのトレールを歩きます。


Simba loves our new trail at the farm.















e0310424_10561103.jpeg




e0310424_10563216.jpg


トレールの片側は、ちょっとした渓谷になっていて、下に水が流れているようです。

緑が深い。

鳥の声が響き渡ります。

きっと鹿も水を飲みに来ているんだろうナ。


There is a stream running deep down alongside of the trail.
The dense green native bush is a habitat for birds and animals.














e0310424_10564045.jpeg


海に出ました。

何か見つけたのか、しきりに頭を突っ込んでいるシンバ。


In about a kilometer and a half of walking, you come to the beach.
Simba found something and is digging his head in.














e0310424_10565999.jpg


うちのビーチにには、こんな断層が見られます。


At low tide, the layers of clay are exposed.














e0310424_10573352.jpg


よく見ると、カウリ材の琥珀が埋め込まれています。

この海岸には、昔、カウリの木がたくさん生えていたと見えて、その樹脂が化石化したものです。

掘り出して、きれいに磨けば、飴色のペンダントにできる。


The orangish bits are Kauri gums.
When polished, it shines deliciously like a candy.















e0310424_10575941.jpg


帰り道、元気に走るシンバ。

ボク、75歳ですけど、こんなに走れるんです!

シンバは、この8月に11歳になります。


Simba will be eleven this coming August.
Still, he can run quite fast.













e0310424_10584799.jpg


最後の急な階段。

パパ、待って。


The last steep steps up.
It's a nice 3 kilometer walk.













by BBpinevalley | 2019-04-19 12:10 | ニュージーランドの生活 | Comments(30)
2019年 04月 16日

A. ヘップバーンの伝記を読んでいます/ A Biography of Audrey Hepburn


e0310424_05263811.jpg


旅先の宿で失敬してきた、端の擦り切れた単行本 "HEPBURN" を読んでいます。

オードリー・ヘップバーンの伝記です。

おサムライの本は、一時休憩。

昔から、伝記ものは大好きです。

ハリウッドの黄金時代のスターが入れ替わり立ち替わり登場し、ノンストップでゴシップ記事を読んでるようでもあり。

しかし、彼女も苦労したのですね。

大戦中に飢餓とナチの恐怖を経験しながら十代を過ごし、二度の結婚生活も不幸で、何度も流産したのは本当にかわいそう。

逆境にもめげず、素晴らしい女優であり母親であり続けたのは、彼女のゆるぎない人格と優しさ。

あのエレガンスは、内から輝いているものだった、と分かる本です。

ジヴァンシーの服のお陰だけじゃなかったんダ〜


I'm reading a biography of Audrey Hepburn at the moment. I found this well handled paperback on the shelf at one of the Air b&bs on my last trip. I took a liberty to keep the book as I started reading it and wanted to keep on reading.
The book is full of surprises because I didn't know much about her other than her famous movies. I didn't even know she was a British national not American, blue blooded, and had lived through a Nazi occupation in Holland.














e0310424_13014031.jpg


『ローマの休日』は、もちろん世界的な成功を収めましたが、中でも日本での人気は記録的なのだとか。

確かに、ブログのプロフィール欄でも、好きな映画として挙げてられる方、とても多いですね。


I love reading biographies. It almost doesn't matter who the book is about, I just find life stories of people very interesting.














e0310424_13015170.jpg


葉っぱが色づき始めた葡萄園に、バドさんが若い羊を入れたよう。

草刈り役です。

私が近づくと逃げちゃったので、遠目からの拡大写真。


There were some lambs fensed in a part of the vineyard so that they can eat down the grass.
The vines are turning colors now. Soon they will all lose the leaves.














by BBpinevalley | 2019-04-16 18:08 | ニュージーランドの生活 | Comments(32)
2019年 03月 20日

アーダーン首相、ご立派です/ I'm Proud of Our Prime Minister, Jacinda Ardern

e0310424_08250462.jpg





e0310424_05493028.png



ニュージーランドのアーダーン首相、今回の惨事に当たっては、決断力のあるしっかりした采配ぶり。

イスラム教徒の遺族に対しても、敬意と思いやりをもって接し、国民にも彼らの悲しみに寄り添うようにと呼びかけました。

速やかで情け深い処置と云い、銃法改正への断固とした姿勢と云い、とても立派だと思います。

上の写真は、米国のワシントンポスト紙からのものですが、世界中から高い評価が寄せられています。



Observers hailed the calm and compassion she has shown in the wake of the worst mass killing in her country's modern history. She led a multiparty delegation from the country's capital, Wellington, to Christchurch, donning a black headscarf and mourning with relatives and friends of the victims. She also promised to cover the funeral costs of all those slain. A photographer who covered her visit marveled at the prime minister's composure and empathy.
from Washington Post, March 19, 2019














e0310424_05494378.png


犯人の名前は絶対に口にせず、ただ『犯人』と呼び、白人至上主義者の望む売名の片棒はかつがないと。

同じ女性として誇らしいですよネ。

ホワイトハウスに居座っているピンクで太ったジイさんとはエライ違い!


I am proud of our prime minister.
What a difference from that pink+dense old man in the White House!













e0310424_05502782.jpg


一昨日、夫がアメリカから戻りました。

フライトはいつも早朝に着くので、まだ暗いうちから起きてお迎えに。

ナイトフライトで夫もさぞ疲れているだろうと思ったら、なんの、元気いっぱい。

ファームに建築中の家に入れる浴室まわりの備品の注文に直行デシタ。


My husband came back from San Francisco very early in the morning a couple of days ago.
Not tired at all from the night flight, he insisted on going straight to pick the bathroom fixtures for our new house.













e0310424_05504489.jpg


まぁぁぁ、あれやこれやと面倒なことで…

だいたいの目星は付けておいてくれたから、まだ良かったものの…


So many to choose from. I was glad he is more decisive than I am on jobs like this.














e0310424_05512271.jpg


やっとファームに帰り着いた頃には、もうお昼になっていました。

大工さん達のマッチョなトラックがずらっと。


By the time we arrived back at the farm, it was already close to noon.












e0310424_05511110.jpg


屋根も乗っかって、かなり形になってきてる。

日本家屋をイメージしたなんて言ってたけれど、そう言われると、屋根のスロープや長いひさしの感じがそれっぽいかナ。

昔、京都の柊家に泊まった時、中庭のある建築に感銘を受けたのだそうです。

そんなに印象深かったとは知らなかった。


My husband said he imaged an old Japanese house when he designed this house.
Now the roof is on, I can see the Japanese architectural influence on the angle and shape of the whole building.
Apparently, he really liked the design of Kyoto's Hiiragi-ya which has a beautiful inner garden.













e0310424_05513605.jpg


しかし、柊家のある場所とは似ても似つかぬこの地形…


While my husband was talking to the builders, I went on picking fruit and vegetables from the garden.













e0310424_05515740.jpg


夫が大工さんと話している間に、今年も終わりに近づいたプチトマトをたくさん採ってきました。

甘〜い。 お菓子みたい。

秋の夜の虫の音も、めっきり頼りなげになったこの頃です。


Tomatoes are in their last production.
Criket's songs at night are getting diminuendo every night.














by BBpinevalley | 2019-03-20 07:40 | ニュージーランドの生活 | Comments(26)
2019年 03月 16日

夕暮れ時の散歩/ a Walk at Dusk


e0310424_14000616.jpg


昨日は、クライストチャーチの乱射事件で、生きた心地がしませんでした。

ちょうどラジオを聴いていたので、そのまま引きずり込まれてしまって…

情けなくて、泣けてきます、…同じ人間なのに…


Such senseless carnage. Utter inhumanity…
I really hope that Jacinda Ardern will move swiftly to change the gun law to ban the semi-automatic weapons.














e0310424_14002529.jpg


ファームまで歩く気もしなくなったので、夕暮れてから、シンバと庭を歩きました。















e0310424_14014354.jpg




e0310424_14015261.jpg


今年も、アヴォカドが出来ています。

手応えのありそうな重量を垂直に落として、静かにぶら下がってる。

じっと見てると、気分も落ち着きます。















e0310424_14020179.jpg




e0310424_14021369.jpg


マカダミアナッツも鈴なり。

肥料も何もあげないのにね。

立派です。














e0310424_14003845.jpg


めったに行かない裏のパドックにも足を運んでみた。

先日の雨でかなり草も育ったので、もう家畜を入れてもいいかな…、なぁんて農婦らしい事を考えるようになりました。














e0310424_14012773.jpg


フィジョアもたくさん育ってる。

もうすぐ大好きなフィジョアが食べられると思うと嬉しい。














e0310424_14011562.jpg


グアヴァも今年は大豊作。

ちょっと見えにくいかもしれませんが、黒いゴルフボールのようなのがたくさん出来ています。

このまま食べても甘くて美味しいし、ジュースに入れるとグッと味が良くなる。













e0310424_14005321.jpg




e0310424_09161599.jpg


オリーブもいっぱい。

今年こそ、漬けなくては。



日が沈む頃に高い草のあいだを歩き回ったので、あちこち虫に噛まれてしまいました。

あ〜〜、かゆい!














by BBpinevalley | 2019-03-16 15:18 | ニュージーランドの生活 | Comments(25)
2019年 03月 11日

しつこい風邪、もうひと月になります/ It's Been A Month!!



e0310424_13040870.jpg


私の風邪、実にまだ治らないのデス。

もうかれこれ1ヶ月。


I'm still sick with cold. It's been a month!














e0310424_13103460.jpg


これが私の世界。

陽に当たるといいかなと思って、デッキでゴロゴロしています。

シンバと。


I am really sick of being sick. Tired of sun bathing, too.














e0310424_13160722.jpg


早く元気になってね、とシンバ。

分かるのよね、ママが病気だって。

そりゃ分かるよね、こんなにゴホゴホ言ってりゃ。

先週は、違うお医者へ行って抗生物質をもらってきたのですが、あまり効いてる様子がありません。

美人薄命ってやつかな。(これにはシンバも疑問顔。美人はノーコメントとしても、もう薄命って年じゃないっしょ😭)


I went to a different doctor last week and was diagnosed with sinus infection. Though I've taken 2/3 of the Amoxicillin she gave me so far, I don't see much improvement. Perhaps I need a different kind of antibiotics.














e0310424_15265077.jpg


昨日は、元気を振り絞って、ファームまでシンバを連れて散歩に行きました。

全体の5分の1ほどですが、初めてのブドウがついたので、鳥よけのカバーが被せられています。

なんだか、シンバと二人でウェディングの花道を歩くようでした❤️


Hoping to feel better, I took a walk to our farm yesterday.
About a fifth of the vines were covered to protect the grapes from birds.













e0310424_13165174.jpg




e0310424_13164158.jpg


よくない写真ですが、こんな風にブドウが実っています。

今週か来週には収穫だそうです。


It seems like we can harvest some this year.














e0310424_13171248.jpg


オーガニックにブドウを育てるというのは、思いのほか難しいものですね。

ブドウがこんなに強い植物でなかったら、私たち、もっと参ってたとは思いますが。

なんとか二年半で、少しでも収穫まで持ってこれたのは、バドさんのおかげかも。


Growing wine grapes organically has been challenging. Thanks to Bud and our wine maker, we are doing okay so far.














e0310424_13173083.jpg


もう一つ、リョウさんのベンチをみつけました、

くぬぎの大木の下に涼んでおりました。

これも、なかなかイイですね。


I found another bench made by Rho under the big tree near the lodge. Very nice.














e0310424_13174115.jpg


先日の朝。

海の上にモヤがたなびいていて、朝日を浴びてとても綺麗でした。

あ〜〜、早く治りたいィィィ〜。


Beautiful autmn morning.
Hopefully, I can report my recovery on my next post.













by BBpinevalley | 2019-03-11 14:18 | ニュージーランドの生活 | Comments(40)
2019年 03月 08日

ファームの新しい家具/ Our New Outdoor Furniture



e0310424_17101390.jpg


私たちが南島を旅している間に、余った材木で、ファームにこんなに素敵なピクニックベンチを作った人が居ます。


While we were traveling the South Island, someone made such a stylish bench out of leftover lumber.













e0310424_17241116.jpg


2016年4月から2017年の2月まで、ファームで働いてくださったリョウさんです。

今は日本でインテリア施工のお仕事をされていますが、2月初めから20日間ほど、我々の新居の外壁に使う焼杉材を作りに来てくださいました。

リョウさんは、武蔵野芸大の木工科を出て、同大学で講師もされていたアーティストなのです。

昨年の2月にも、工場外壁用の杉材を焼いてくださいました。


It's Ryo who lived and worked on the farm for 9 months through mid February, '17.
He is now working in Japan as an interior designer, but every year in February so far, he comes back to help the construction side of our farm projects. He is so good at wood work.














e0310424_17114125.jpg




e0310424_17120680.jpg


ピクニックベンチばかりか、森の中には、モダンなラインのベンチが二つ。


Also Ryo made 2 very modern looking benches for our trail.














e0310424_17145852.jpg


ベンチを通り過ぎて散歩を続けるシンバと夫。














e0310424_17111203.jpg


温室を建てるために整地した場所にも、背もたれ付きのベンチが三脚。

背後にはブドウ畑が広がります。

逆光でごめんなさい。


Ryo made these benches as well.













e0310424_17103122.jpg


デザインが素敵ですよね。

シンプルで力強い。

どれも、ファームの新しい仲間。

長く使っていきたいです。


しかし、シンバのリードを持ちながら撮影するのはタイヘン。


Simple and strong design. They are quite comfortable, too.
We are very happy with these new additions to our farm!
Thank you, Ryo.













e0310424_17122621.jpg


夕暮れ時、ファームを歩くシンバと夫です。

おまけ写真。















by BBpinevalley | 2019-03-08 19:12 | ニュージーランドの生活 | Comments(24)
2019年 02月 28日

これだからガイジンはイヤ!/ Caught a Very Bad Cold

e0310424_09380936.jpeg


今年に入って、ニュージーランドのこの家で過ごすのは何日目かと思う。

アメリカから戻って間もなく南島旅行に出かけ、帰ってきたらまたすぐ北島の南端まで運転旅行に出た。(片道なんと9時間以上かかった)

南島で風邪を引き、旅を続けるうちにどんどん酷くなって、一昨日はお医者へ。












e0310424_09512231.jpeg


夏風邪って、タチが悪いですね。

南島で標高の高いところを通過して以来、耳が詰まっちゃって聞こえない。

クリネックスの箱とお茶を抱えて、シンバとデッキでぐんにゃり。

シンバは仲間ができて嬉しそうですけれど。












e0310424_10090445.jpeg


病気の時は、読書に限りますネ。

ここのところ時代小説ばかり読んでいるのですが(若い頃には考えられなかったジャンル)、あれこれ読み漁って、山本周五郎に至ってます。

何をそう熱心に読んでる?と夫が訊くので、その一節を説明してあげた。

『尊王攘夷を信奉する夫が、反対派に家に踏み込まれながらも、居住まい正しく主義を唱えて斬り殺される。

別室で一部始終を聴いた妻は、震えながらも夫がこと切れている部屋へ行き、両手をついて「あなた、お見事でございました」と云った、と。』

うまく英語でそのニュアンスを伝えたつもりが、

「何がお見事なんだ?」と夫。

だからサ、とさらに詳しく説明を加えても、てんで納得いかない様子で、「死んじゃって何がお見事なわけ?」

149.png132.png133.png

これだからガイジンは嫌!

アナタ、いつも『座頭市』観て喜んでるじゃないの、

それとも全然意味わかってなくて、チャンバラだけ観てるわけェ〜〜!!












by BBpinevalley | 2019-02-28 09:34 | ニュージーランドの生活 | Comments(36)
2019年 02月 16日

初めて南島を旅しました/ Our First Visit to The South Island



e0310424_10581314.jpg


アメリカから戻ってすぐ、ファームの仕事で南島に5泊6日の旅に出ました。

2008年からニュージーランドに住み始めて、途中1年ほどアメリカに戻ったとは言え、10年間に一度も南島を訪ねたことがなくて、皆さんに呆れられていました。

これで、なんとか名誉挽回。

ニュージーランドの醍醐味は、やはり南島にあるのですものね〜〜

景色がダイナミック!


After all these years, we finally reached to the South Island.
The mission of this trip was to say hello to people at Te Mana Collective, a group of farmers innovatively farming the superior quality lambs with high Omega fat near Queenstown. We also wanted to visit various organic farms to see and learn.














e0310424_11143701.png


これが南島の地図です。

右上に少し見えているのが北島の南端ですが、私たちが住んでいるのは北島の上の方。

オークランド空港から約1時間半弱の飛行時間でクライストチャーチに着きました。

今回は、クライストチャーチから車であちこちのファームを周りながら南下し、クイーンズタウンから飛行機で帰途、というプランでした。

空港に予約していたレンタカーを駆り、まずはB&Bに。


I'd just come back from the US, so I almost didn't have to unpack except for getting winter clothes out from my suitcase and filled in some summer clothes.
After we arrived at Christchurch, we rented a car and headed to the B&B that I'd reserved.














e0310424_11200810.jpg


空港から15分もかからないで目的のB&Bに到着。

ライラック・ローズという、名前の通りお花の美しい古い素敵なお家でした。

一家のトラベルエージェントの私としては、鼻高々。


I am the family travel agent. I book flights, rental cars, and acommocations.
The B&B I found was very nice with beautiful garden and old Edwardian(? I think) building. It is called "Lilac Rose Boutique B&B"













e0310424_11195382.jpg


築110年ほどということで、以前私たちが住んでいたパインバレーとちょうど同じ古さですから、なんとなく感じが似ていました。


The owner told us the house was built about 110 years ago. Some parts of the house resembled keenly to PineValley B&B we owned which was built around the same period.













e0310424_11194186.jpg




e0310424_11185541.jpg


まだ6ヶ月というお茶目なワンが、どうしても私たちと一緒に寝たいと。


This 6 months old dog was very cute. He insisted to sleep with us on that night.














e0310424_11190710.jpg


キッチンも天井が高くて、明るくて素敵。














e0310424_11202888.jpg


私たちの朝食を、ご夫婦で仲良く作ってくださるオーナーさん。


The owners cooking our breakfast.














e0310424_11201953.jpg


セルフサービスのグラノラとヨーグルトをいただいたあと、私にはバナナワッフルのベーコン乗せ。

そしてフラットホワイト(ダブルショットのカプチーノのようなもの)。


Mine was a Belgian Waffle with Banana and Bacon.












e0310424_11192466.jpg


夫にはクラシックなベーコン&エッグス。

私が写真を撮る前に、彼は卵を一つ突いてしまいました。

ブロガーの夫にあるまじき行い!


My husband ordered the classic bacon and eggs.
He poked one of the perfectly cooked eggs before I was ready to photograph it.
Not a good behavior for a blogger's husband.














e0310424_11153851.jpg


朝食後、いよいよ目的地第1号の『ワイルドファーム』に向かいました。

クライストチャーチから北へ約30分。長年来のオーガニックファームで、うちの数倍はあるだろうと思える広さ。

大変なアウトドアマンで発明家でもあるロジャーさんと、元お医者様のニッキーさんご夫妻のファームです。

湾に引っかき傷のように見えるのは、食用の海藻の養殖場。

海藻パウダーでも知られているファームなのです。


After we left the B&B, we drove about 30 minutes north to visit an organic farm called Wyld.
It is owned by Roger, an avid hunter, diver and entrepreneur and his British wife who used to be a medical doctor.
If you have good eyes you can probably see the lines on the bay in above photo (looks like a vertical scratch marks). Its a kelp farm. They make various kelp products for food as well as for fertilizing.














e0310424_11133904.jpg


バイクで敷地を縦断するロジャーさん。

広いですね〜〜、雄大。


Roger on a motor bike patrolling his land.













e0310424_11142624.jpg


このファームの羊は野生の羊を繁殖させたもので、自然淘汰によって生き残った種なので、病気にとても強いのだそうです。


They farm wild sheep originally from Pitt Island and raise them completely organically.













e0310424_12053935.jpg


ロジャーさんは、酸素ボンベ無しのフリーダイビングの記録保持者でもあり、ブルーパールを湾で養殖されています。

海に面したファームを存分に活かした、多様な事業内容で、とても感心しました。


Roger also dives. (yes,, he does everything)
He holds NZ's record for free diving.
Using his skill, he succeeded to culture the very unusual blue pearls.













e0310424_12060954.jpg


ブルーパールは買いませんでしたが、このポンチョは買ってしまった。

そう、オーガニックウールのの商品も生産されているのです。

野生のウールとポッサムを合わせて編まれています。

染料も入っていないので、とても柔らかで軽く、暖か。


I refrained myself from purchasing the blue pearls, but I couldn't help buying this soft n' light poncho. It's made of their natural wool and possum furs. I love it. It is so warm and feather light.












e0310424_12063618.jpg


これがロゴです。

お気に召した方は、オンラインでご購入を。

日本に届けてくれるのかどうかは知りまセン。

ごめんなさい。



旅の続きは次回また☆


The trip continues. We head further north, about an hour, to see another farmer, before heading south.













by BBpinevalley | 2019-02-16 14:07 | ニュージーランドの生活 | Comments(20)