人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アオテア・オーガニックファーム ( 157 ) タグの人気記事


2016年 03月 31日

イースター、ファーム、そして東京…/ Easter, Farm, then to Tokyo


e0310424_09220753.jpg


ちょっと遅れ目のアップですが、イースター(復活祭)のディナーにお呼ばれした時の様子。


A little late but reporting on our fun Easter night at our friend's house.



















e0310424_09241360.jpg


まずは、デッキで一杯。

お庭でとれたイチジクを煮詰めて、チーズのお供に。

チーズには、ハチミツや、こういったフルーツの羊羹みたいなのが添えられることが多くて、とても美味しくいただけます。


First, we had some drinks on the deck with the host's beautiful appetizers.
The caked fig was delicious with cheese.


















e0310424_09233971.jpg


こちらもイチジクのアペタイザー。

アイオリとバルサミコを載せたイチジクにベーコンを巻き、オーブンで焼いたもの。

いったん手を出すと止められません。


These are baked figs. (Figs are bountiful in the garden now)

















e0310424_09234601.jpg


お庭にはシュウメイギクが満開で、さりげないアレンジも素敵。


Japanese Anemones are also at its peak in the garden at the moment.
My favorite flower.


















e0310424_09222291.jpg




e0310424_09224306.jpg


お料理もとっても美味しかった。

皆さん、気軽な優しい方達ばかりで、ワイワイとお話も弾みました。


Everyone so nice and fun, dinner so wonderful, it was a relaxed and joyful Easter night.

















e0310424_09554869.jpg


デザートは、アップルケーキとベリー・クランブルのカスタードソースがけ。

シンプルなのに、すごく美味しくて、写真を撮り忘れて食べ始めてしまいました。

みんなお庭で採れる季節の果物を使っていて、いいなぁって思いました。


I almost forgot to take a shot of the dessert, as I dived into this yummy looking apple cake.
The custard sauce was perfect with it.





















e0310424_09305201.jpg


私が持参したのはこれ。

訳し終えたキャストアイロンのクックブックから、ケンタッキーのファーム・ブレッドです。

あまりこねる必要もなく、一晩寝かせて翌日簡単に作れるパンです。

娘に大人気で、残りは寄宿舎に持って帰りました。


I brought this bread that I baked. The recipe is from the Castiron Cookbook that I translated.
It is made of some leftover mashed potatos and our fam's buttermilk.
Quite easy and great texture and taste.


















e0310424_09312368.jpg


うちの子たちは元気に育っています。

薄靄のかかる朝、牧場を走り回るゲン。(ジェントをゲンと改名)


At our farm, the calves are doing well and growing rapidly.


















e0310424_09320559.jpg


柵の隣には、もうすぐお母さんになる雌牛のリサ。

仔牛たちと大の仲良しになりました。


The very pregnant Lisa loves the calves. She is getting ready to become a mother.


















e0310424_09322909.jpg


娘は、髪を肩のところまでの長さに切りました。

背も私よりずっと高くなっちゃって、なんだかね〜

大きくなっちゃったなぁ〜


My daughter, after much fretting, had her long hair cut to the shoulder length.
Everyone thinks it looks great on her.


















e0310424_09355034.jpg


その娘の手に留まっているのは、最近大発生のカマキリくん。

触覚に指を近づけると、前足でガンガン戦う勇敢さです。


Perched on my daughter's finger is a young Praying Mantis. He fights vigorously with his forearms.
There are many of them now in my garden at the farm.



で、私は、今、東京に来ています。

昨夜着きました。

桜が咲いていて、お天気も良くて、最高ですね〜


Then, here I am in Tokyo now, arriving last night.
Today is a beautiful spring day with cherry blossoms starting everywhere.
I am here for my translated book launching!
















by BBpinevalley | 2016-03-31 11:21 | ニュージーランドの生活 | Comments(28)
2016年 03月 24日

奇跡のサバイバル/ Miraculous Survival


e0310424_17484895.jpg


驚くべきことが起こりました。

仔牛のジェントが生まれて5日目、彼が生まれた牧場に、もう一匹の赤ちゃんが現れたのです。

その牧場からは二日前に雌牛を出し、雄牛しか入れていなかったので、その赤ちゃんはしきりと雄牛からおっぱいを飲もうとしているのです。

しばらくは、何が起こったのかわからず、唖然。

妊娠している他の雌牛は、その牧場には入れていなかったので、これはどうやらジェントの双子の兄弟なのだとやっと気付きました。


An amazing thing had happened.
On the fifth day after Gent was born, on the same paddock, another baby calf appeared!
It was trying to get milk out of a bull as we have moved all the bobines to the next paddock.
We were so taken aback, we went blank for a moment.
There has never been a pregnant cows other than Lady in that paddock, so obviously she must have had a twin!


















e0310424_17490147.jpg


可愛い女の子で、捕まえようとしたら走って逃げ回っていたので、元気はまだあるようでした。

それにしても,ミルクなしにどうして生き延びたのか……

お母さんが病気で倒れてジェントが隔離されたあと、他の雌牛が隣の牧場に移されるまでの2日間、雌牛の一頭からミルクを貰っていたとしか考えられません。

そのあとの2日間は飲まず食わずでいたわけです。


It was a girl.
She was feisty enough to run around trying to get away from us when we tried to capture her.
How did she survive without her mother for more than 4 days?
Before we moved the other animals, she must have drinking milk from Xwna
Then, after we moved all the bobines away, she survived without any milk for 2 days!


















e0310424_17511476.jpg


なんて健気で可愛い子なんだろう。

よく頑張ったね。

お母さん牛は死んじゃったんですよ。

乳房の化膿がひどくなり、安楽死を施さざるを得ませんでした。

仔牛は、生後24時間の間に、母親のミルクから、生きるのに必要な抗生物質を受け入れます。

それが無ければ死んでしまうそうなので、お母さんは2匹にそれだけはしっかりと与えたのですね。

私たちは、この女の子を「ユウキ(勇気)」と呼ぶことにしました。


What an amazing survivor she is.
We had to euthanize her mother, Lady, as her mastitis developed into all 4 chambers.
We learned that the calves are born without any antibody and they must receive it after their birth through their mother's milk within 24 hours.
The antibody is called Colostrom.
We believe that Lady gave it to her babies even if she was getting sick.


















e0310424_17503157.jpg


上は、娘が寄宿舎から送ってくれた写真です。

仔牛達の誕生祝いのケーキではなくて、お友達のバースデーケーキ。

仔牛達の誕生をお祝いするどころか、私たちは、彼らにミルクをあげるので大忙しです。

人間の赤ちゃんのように、ボトルを消毒し、ミルクを人肌に温めて、1日に3回あげています。


My daughter sent me the photo of the birthday cake for her dorm mate.
We are now so busy to take care of the 2 newborn calves that we couldn't bake a cake like that for their birth celebration.
We are disinfecting the bottles and warming the milk, just like we did for our daughter, and giving it to the calves 3 times a day.


















e0310424_17520078.jpg


今、ファームに満開の花。


The farm is filled with these flowers right now.



















e0310424_18015597.jpg


イチジクも熟してきて、食べるのが追いつきません。

ジャムにしたいけど、忙しくてなかなか……


Our figs are maturing but we can't catch up harvesting and eating them.
Can anyone come and help us?












by BBpinevalley | 2016-03-24 19:35 | ニュージーランドの生活 | Comments(26)
2016年 03月 16日

赤ちゃんが生まれました〜/ Our New Baby



e0310424_17381362.jpg


仔牛の赤ちゃんが生まれました。

男の子です。

ファームで働くマオリ族のキムがミルクをあげています。

お母さん牛が産後すぐに病気になってしまったので、仕方なく私たちがミルクをあげることになりました。

これ、二日目。


A boy calf was born but the mother cow fell ill with mastitis.
We are hand feeding the calf here.
This is the second day.

















e0310424_17471608.jpg


三日目。ずいぶん元気になりました。

最初は、なかなかミルクも飲まなくて元気がなく心配でしたが、これで一安心。

まだ、矢印のように、へその緒が付いています。

見えるかしら。


This is the third day.
He still has the unblical code attached.


















e0310424_17395158.jpg


病気のお母さん牛、レディー。

最初はもうダメかと思いましたが、なんとか持ち直しています。

お母さん、がんばって。


This is the Mother cow, Lady.
We all thought she wasn't going to make it on the first day she fell ill, but she seems to be pulling herself up gradually.


















e0310424_17382811.jpg




e0310424_20140395.jpg


4日目。

ミルクにも慣れて、ごくごく強く飲みます。

頭に白いハート型が付いていて、とても可愛い。

お母さんがレディーだから、ジェントルマンという名前になりましたが、縮めて「ジェント」。

お母さんのミルクが飲めなくて、かわいそう〜


Day 4.
He is much stronger and drinks milk with force.
He as a cute heart shaped white on his forehead.
He was named "Gentleman" as his mom is Lady, but we call him Gent.

















e0310424_17400360.jpg


これは、搾乳場のネズミ捕りを仕事とするロリーという猫。

一匹狼で、みんなが住んでいるバーンには近寄りませんが、いつもミルクを絞る時間には現れ、ミルクを一皿飲んでいきます。


This is Loli, our Barn cat.
She is kind of a loner but does a good job.
Every morning at the milking time, she appears to get her share of milk.


















e0310424_17401453.jpg


夫がアメリカに行っている間にこんなに色々起こって、私はてんてこ舞い。

疲れてグッタリです。

やっぱりファームは大変だわ。


It's been a busy week, particularly so as my husband is away to the States.


















e0310424_17402562.jpg


忙しい中、一度だけお友達とランチして息抜きしました。

ホッ😌


Pretty dessert at a restaurant called Tasting Shed in Kumeu.
I had a refreshing lunch there with my friends the other day.
The break was precious.













by BBpinevalley | 2016-03-16 18:39 | ニュージーランドの生活 | Comments(27)
2016年 03月 10日

美食の年/ The Year of living Deliciously


e0310424_10452326.jpg


マーガレットさんが植えてくれたインゲンが、こんなにきれいに出来ました。

ピチピチしてはち切れそうな感じです。


The green beans that Margaret planted started producing beautifully.


















e0310424_17441308.jpg


イタリアン・フラットビーンズも鈴生り。

これ、美味しいんですよね〜


These are Italian Flat Beans.
They are so good.

















e0310424_10453614.jpg


とても食べきれないので、瓶詰めにしました。

でも、瓶詰めにすると、あの鮮やかな色がくすんでしまいますね。

仕方ないのかな…


We can't possibly eat them all, so I canned some of them.
When you can them, the vibrant color fades, though.

















e0310424_17450020.jpg


こちら、エコ・ヴィレッジに住んでいるドイツ人のお友達が作ってくれた、キャラウェイ入りのチーズです。

しっかりエイジしていて、すごく美味しかった。


This is a Dutch style cheese with caraway seeds, which my German friend made.
He lives in an Eco Village with his wife about an hour away from here.
it was amazing. Well aged and delicious.

















e0310424_17442656.jpg


そして、いよいよ、プロセスセンターの敷地の地ならしが始まりました。

プロセスセンターでは、ファームの牛肉やハーブやナッツなどを使った、サラミやソーセージを生産する予定です。

フルーツを乾燥させたりもします。

大工さん達は、すごく張り切っていました。


And now, the ground work has started for our Process Center where we are going to make organic salami and sausages with our herbs, nuts and dried fruit.
Our carpenters were so excited to see the site getting prepared.

















e0310424_17454782.jpg


牧場では育った草を刈り、冬に備えて家畜の餌用として備えます。

私も農民になったものだと思う。

買い物などしなくても、ファームの中でたいていの食品が揃います。

しかも、何もかも新鮮で美味しい。

正にに美食の年を過ごしています。


On our paddocks today, we cut the last summer grass to make silages for our animals to prepare for the winter.
We are now pretty self sustainable as I hardly have to go and buy food.
The meat and vegetables from our farm are absolutely delectable.
We are in a gastoronomic heaven.












by BBpinevalley | 2016-03-10 18:40 | ニュージーランドの生活 | Comments(20)
2016年 03月 07日

アオテア・オーガニックファームに集うファミリー/ Families On and Around Our Farm


e0310424_07390048.jpg


アオテア・オーガニックファームのコッテージのお客様第1号、Aファミリー。

手前はシンバです、仔馬ではなく。


This is our very first guest family at our farm-stay.


















e0310424_07384854.jpg


とってもお幸せそうで、素敵なご家族でした。お子さん達もすごく可愛くて〜

あと、3日間のニュージー滞在だそうです。

お天気もいいし、しっかり楽しんで帰ってくださいね〜


Exceptionally nice people with beautiful children.
I heard that they are staying 3 more days in New Zealand.
Hope they enjoy the country in full.


















e0310424_07391198.jpg


こちら、1ヶ月前に生まれた乳牛のプリンセスちゃん。

右はお母さん。


This is our new Jersey cow family.
The babies name is Princess.

















e0310424_07391900.jpg


写真を撮るだけでも、お母さんが木陰からしっかり見張っています。

もうすぐお母さんと離されちゃうんですけれどね……


Mother cow is always so watchful it was hard to just take a photo of her baby.
They have to be separated soon, though…

















e0310424_07393676.jpg


そして、こちらは我々ファミリーですが、娘は寄宿舎、私は写真を撮っている人なので、当然写っていません。


This is our family, minus our daughter who is at the boarding house, and minus me who is taking the photo.


















e0310424_07395738.jpg


シェリービーチにも、鳥のファミリーがたくさん夕涼みに出ていました。


There were a whole bunch of bird families at the beach enjoying the beautiful sunset.


















e0310424_07394851.jpg


朝夕、やっと温度が落ちてきましたが、日中は依然として蒸し蒸しと暑い。

やっぱりエル・ニーニョですかね。


Finally it is getting a little cooler in the evening, but it is still quite steamy in the day.
It wasn't like this last year or any other years we were here.
El Nino, perhaps?












by BBpinevalley | 2016-03-07 08:10 | ニュージーランドの生活 | Comments(16)
2016年 03月 05日

コッテージの詳細で〜す/ Cottage Details and More…



e0310424_18221372.jpg


コッテージの宿泊料などの詳細を教えて欲しいというリクエストがあったのですが、ブログにはお値段などを書いてはいけないようです😖

コメント欄でお問い合わせいただければ、お返事しますね。

ファームステイでは、ご希望に応じて、牛や羊の世話の見学、ファーム内の周遊、時期によってはフルーツピッキングが楽しめます。

搾りたてのミルクは毎朝お届けし、卵や季節の野菜も可能な限りお届けしたいと思います。

カイパラ湾での海釣りや乗馬のアレンジ、近くのゴルフ場などのご予約も、もちろんさせていただきマス。

以前のB&Bと違って、体験型のファームステイです。


At Aotea Organic Farm, you can enjoy the farm tour, watching various farm activities like milking and egg collecting, participating fruit picking depending on the season.
We will bring you fresh milk and seasonal vegetables, fruit and eggs as long as they are available.
We can also arrange the fishing trips or horseback riding nearby.


















e0310424_18233564.jpg




e0310424_18220268.jpg


アオテア・オーガニックファームの初めてのお客様は、神奈川県でレストランを経営されているご家族で、ステイを楽しんで頂けたようでした。ホッ😌

ファームのミルクや卵や野菜で早速お料理されていて、さすがだなと思いました。

一緒にお隣へブルーベリー摘みに行ったのですが、たくさん積みすぎたからと、すぐにジャムにして瓶詰めにされたり。


Our very first guests were a family from Japan who own a fusion restaurant in Kanazawa prefecture.
They were cooking away with our fresh eggs, milk and produce.
They even cooked our lamb and made jam with blueberries they picked.
We were so glad that they enjoyed the stay.


















e0310424_18244701.jpg





e0310424_18250445.jpg


ニュージーランドへの移住も考えておられるとのことでした。

ニュージーランドは、英語圏の先進国の中では、最も移住しやすいところかもしれません。

人口も少ないから、門戸が開かれているのでしょう。


They told us that they are considering to immigrate to New Zealand and they came to check out the country this time.

















e0310424_18251723.jpg


移住をお考えの方も、単に遊びに来られる方も、ニュージーにお越しの際はアオテア・オーガニックファームにお泊りくださいね〜

4月末頃には、バーン(母屋)の方のファームステイもオープンになるはずです。

バーンの方は、ファームで働くウーファーたちと一緒なので、お夕食も一緒に作ったりする「濃厚な」体験ステイになる予定(笑)

バーンのビフォー&アフターも、完成の暁には載せますね〜


Whether you want to immigrate or just to visit to have fun, I hope you try our cottage stay. It is only an hour from Auckland.
By the end of April, we are opening The Barn for travelers who wants to share the farm life with Woofers.
I'll up the photos of "before & after" on the Barn when completed.
















by BBpinevalley | 2016-03-05 20:22 | ニュージーランドの生活 | Comments(13)
2016年 02月 28日

ビフォー&アフター/ Cottage, Before & After


e0310424_17535606.jpg


お約束したコッテージのビフォー&アフターの写真です。

これは、今月20日に撮った寝室の様子。


Here are the before and after photos of the cottage remodeling.
The before shots are taken on the 20th of this month.

















e0310424_17541722.jpg


同じく、リビングルーム。


Living area.


















e0310424_17544180.jpg


そして、リビングからキッチンに向けて撮りました。


Looking at the kitchen corner.





さて6日後には……









e0310424_17553852.jpg




e0310424_17563304.jpg




e0310424_18000026.jpg



e0310424_17565530.jpg

リビング。


Living and dining area.


















e0310424_17555802.jpg


ベッドルーム。


Bedroom.











e0310424_17561798.jpg


キングサイズのベッドを入れました。


With a comfy king size bed.














e0310424_17573634.jpg




e0310424_17591485.jpg




e0310424_17593762.jpg


できる限りニュージーランド製のものを使いました。

床はリムー材で、ニュージーランド特有のもの。

家具や小物や絵画も、ニュージーランドのものがほとんどです。

生みたての卵、しぼりたてのミルクをご用意しています。

皆さん、泊まりにいらしてくださいね〜〜


We tried to use New Zealand made materials and furniture as much as possible.
The cottage is tucked in its own garden and very private.
Fresh eggs and milk are ready for you every morning and you can pick your own veggie in our garden.
Hope you'll come and visit us~~












by BBpinevalley | 2016-02-28 19:03 | ニュージーランドの生活 | Comments(44)
2016年 02月 26日

忙しかった理由/ All Done and Ready



e0310424_04342418.jpg


ここのところファームの建物の改造が進んでいて、大工さんやペンキ屋さんらで毎日賑わっています。

トントンカンカン、打楽器の競争のよう。

上は、週末に帰ってきた娘が生後2ヶ月の仔牛にミルクをやっているところ。


We are moving full speed ahead on remodeling the Barn and the cottage at our farm.
The sound of the carpenters are like some kind of banging competition.
Above; my daughter, who came back on the weekend from her boarding school, is trying to feed 2 months old calves.



















e0310424_04344426.jpg




e0310424_04351161.jpg




e0310424_04361718.jpg


かわいいでしょう。

この子は女の子ですが、まったく人間を恐れません。(男の子の方はちょっとシャイ)

すぐに近寄ってきて、手を出すとペロペロと舐めてくれる。

長いまつげの下の青みがかった黒い瞳が、すごくチャーミングです。


They are unbelievably cute.
While the boy calf is shy, the girl calf is sweet and very friendly. She runs to you and starts licking your hand.
Her large blueish black eyes under the long thick eyelashes are so beautiful.


















e0310424_04370013.jpg


ここのところ、Wi-Fiの調子が悪いのと、ファームが忙しいのとで、ブログも滞りがち。

忙しい理由は、なんとこのブログを見てファームに泊まりたいという方が現れ、大わらわでコッテージを用意していたからなんです。

アオテア・オーガニックファームの最初のお客様〜

日本からお子たち連れの四人家族ですが、先ほど無事にお着きになりました。


I could not do much blogging because the wifi has been iffy and I had been swamped with work at the farm.
The work is to prepare the farm cottage for our very first guests. They wrote a comment on this blog about a month ago inquiring about a room.
They've just arrived safely and are settling in now.



















e0310424_04373594.jpg


とにかくこのコッテージはひどい状態で放置されていたので、床をハードウッドに張り替え、ペンキも内外ともに総塗り替え。

カーテンをつけて家具を運び込み、大掃除のあとにファイナルタッチの飾り付けで、私はもうグッタリ〜

なんとか間に合いましたー


This cottage had been neglected for such a long time that we had to redo the whole floor and paint inside out.
We landscaped the surrounding, hung curtains all around, moved all the furniture in, scrubbed clean and decorated …… and we're exhausted.


















e0310424_04380641.jpg


次回は、ビフォー+アフターの写真を載せますね。

上は、娘が寄宿舎の窓から撮った夜明けの写真です。

グラデーションが綺麗ですよね。


I will up the before and after photos of the place on the next blog.

The above photo was taken by my daughter early in the morning at her boarding house in the city.












by BBpinevalley | 2016-02-26 13:16 | ニュージーランドの生活 | Comments(14)
2016年 02月 12日

ネット不通の間に/ While We were Off Line


e0310424_17580443.jpg


なんと4日間もインターネットが切れていました。

ご近所97世帯が影響を受けたとかで、みなさん大騒ぎ。

電話会社からは何の説明もなく、みんな怒りまくって、他の会社に乗り換える人たちが続出。

我々もその内です。

まったくオンラインから切り離されている間に、いろいろなことがありました。

上の3人は、昨年末からファームを手伝ってくれていましたが、ドイツから来た右端のルーカスは、3ヶ月以上にもわたるステイのあと、ついにファームを去ってしまいました。

左端はフランスから来たジャン・バティスト、真ん中はアラスカから来たマーガレットさんです。


Our internet had been cut off for some unknown reason for 4 days! 97 homes around us were effected by it.
SPARK, the phone company, had never given us the explanation nor the report on repair progress.
We are all fed up with SPARK and many of us decided to move on to another company.
Anyway, while we were off line, many things had happened.
One of our long time wwoofer, Lukus (on the right) left us for his trip around New Zealand.
Now we are left with Jean Batist from France on the left and Margaret from Alaska in the center.


















e0310424_17573093.jpg


このマーガレットさんは、実に素晴らしいガーデナーであり、漁師であり、猟師でもあります。

普段は、アラスカのコディアック沖の孤島に、旦那様と二人で超自給自足生活を送っています。

鹿でも何でもハントしてしまい、料理してしまう凄さ。

ピザなんて、目をつむっていてもできるという感じです。


Margaret is an amazing gardener, as well as a fisher-woman, as well as a master hunter.
She lives on a remote island off Kodiak Island in Alaska in a truly sustainable fashion.
She said she hunted 4 deer right before she left Alaska in November and packed the freezer with the meat for her husband.
She cooks wonderfully.


















e0310424_17584296.jpg


そのマーガレットさん、私たちがアメリカ滞在中に、どうしようもなく生い茂っていた菜園を、すっかりやり変えてしまいました。

ほんと、菜園箱も何もない、ぼうぼうに生い茂った菜園だったのです。


While we were in the States, she totally transformed our hopelessly overgrown caotic vegetable garden into a beautiful bio-intensive garden!


















e0310424_18001650.jpg




e0310424_17590497.jpg




e0310424_17594133.jpg




e0310424_18010138.jpg


世の中にはスーパーな人がいるものですね〜

マーガレットさんは、もともとはイギリス出身なので、プロパーなイギリス訛り。

娘に言わせると、「まるでメリー・ポピンズの再来!」だと。

旅行鞄から何気なくアフリカ像を引っ張り出しそうな感じです、正に。


I suppose a wonder woman really exists after all.
She is originally from England and still has the very proper sounding British accent, so my daughter calls her "Mary Poppins."
She's truly magical.




















e0310424_18061659.jpg


とにかくその働きぶりには目を見張るものがあり、働き虫として有名な夫も脱帽。

ある日、少し休もうではないかと、近くのトレールに3人でピクニックに行きました。

そこで、素敵な滝を発見。


And she works like a bulldozer. Even my husband who's known for his hard work, was left with an open jaw.
One day, just to let her take a break, we took her on a picnic. We found a regional trail on the way, where there was a beautiful waterfall.


















e0310424_18055245.jpg


私のiPhone写真では捉え切れませんでしたが、身も心も洗われるような気持ちの良いスポットでした。


My iPhone photo does not justify the soothing serenity of this hidden spot.


















e0310424_18083681.jpg


滝の裾野にたたずむマーガレットさん。

その彼女も、あと少しで旅立ってしまいます。

淋しいな〜〜

いつか、彼女に会いにアラスカに行ってみたいものです。


Margaret, standing at the bottom of the fall, enjoying the relaxed moment.
She is soon leaving us for Great Barrier to visit her gardener friends there.
We hope, someday, we can visit her in Alaska.










by BBpinevalley | 2016-02-12 20:20 | ニュージーランドの生活 | Comments(24)
2016年 01月 13日

にんにく、だ〜い好き/ I Looove Garlic


e0310424_19083479.jpg




e0310424_19092261.jpg


忙しくて放置していたバーン横の菜園に、ニンニクがゆ〜らゆらと花のぼんぼりを揺らせ始めました。

そろそろ収穫時期だということです。


Some of the garlic we planted are getting ready for the harvest at the Barn garden.


















e0310424_19124925.jpg


蜂がうるさいほど飛んでいて、花にとまると、ぼんぼりの奥まで潜り込んで行きます。


So many bees are buzzing around. They love the garlic flowers.


















e0310424_19112966.jpg




e0310424_19122235.jpg




e0310424_19115472.jpg


ニンニクは、傷をつけないように、とても丁寧に掘り起こさなければなりません。

アラスカから来た菜園の専門家、マーガレットさんの説明を聴きながら、娘もお手伝い。


Margaret, who came from Alaska to build our pizza oven, is a master gardener.
She is teaching my daughter how to dig up garlic. Apparently, you have to be very careful not to scar the bulbs.


















e0310424_19134041.jpg




e0310424_19130217.jpg


根っこに付いている子供のニンニクも収穫して、来年の植え付けに使います。


You also search for the baby garlics growing on the roots and carefully harvest those as well. They can be used as seedlings next year.

















e0310424_19140262.jpg




e0310424_19142952.jpg


このうちのほとんどを来年の種芋として使うのですが、少しでも傷が付いていると、うまく育たないのだそうです。

意外と繊細なんですね、ニンニクって。

ニュージーランド産のニンニクは、大ぶりで美味しくて剥きやすい。

これからしばらく干して乾燥させます。楽しみ〜〜


The seedlings have to be totally without scars in order to grow well, Margaret said.
That's why they had to give so much care when they were digging.
We are going to dry them in a cool place for a while.
I can't wait to cook with them!










by BBpinevalley | 2016-01-13 20:45 | ニュージーランドの生活 | Comments(22)