人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オペラ ( 2 ) タグの人気記事


2018年 06月 04日

音楽づくしの週末、ドニゼッティとシューベルト/ Weekend of Music


e0310424_20330586.jpg


しばらくお天気が良かったのに、先週末から崩れ始めました。

ある朝の怪しげな朝焼け。


The weather started crumbling since last weekend.
This dramatic sky was a premonition to the stormy weather.
















e0310424_04231392.jpg


曇っている日は気温が上がるのですが、暖炉に中毒している私たち、やっぱり火を入れたい。

We've been enjoying the fireplace these days.














e0310424_04315262.jpg


サンフランシスコから、オペラ気狂いの友人が、わざわざニュージーランドオペラを観にやって来て、私と娘を招待してくれました。

サンフランシスコのオペラ座のメンバー、ペネ・パティとアミーナ・エドリスが、今回のNZオペラの主人公を務めるからなのだそう。要は追っかけです。

出し物は、ドニゼッティの"L'Elisir d'Amore"(愛の妙薬)


Our friend from San Francisco traveled all the way to New Zealand to see the New Zealand Opera because her friends were playing the main roles in "L'Elisir d'Amore" by Donizetti.
She invited my daughter and I to go with her.
I have a dear memory of seeing this opera long time ago in Finland at a magical outside theater.














e0310424_05004617.jpg


ずっと昔、フィンランドの野外劇場で同じオペラを観た時の事を、懐かしく思い出しました。


The set design was very creative and pretty.















e0310424_05010992.jpg


これが主人公の二人。

愛の妙薬のおかげで最後に結ばれるという筋書きですが、現実においてもご夫婦なのだそう。

ご主人の方は、元々はサモア系ニュージーランド人。


Pene Pati and Amina Edris, playing the main roles, are real-life husband and wife.















e0310424_05013461.jpg


翌晩は、オークランドフィルハーモニアのバイオリン奏者、ジェームス・シンさん主催の「シューベルトづくし」のコンサートに。

写真は、ピアノとクラリネットとヴォーカルです。

シューベルトは、32年という短い人生の間に、なんと600曲ものヴォーカル音楽を作曲したとか。

ウィーン少年合唱団のメンバーでもあったのだそうです。


Then the next night, we attended a lecture/concert held by one of my daughter's coaches, James Jin, featuring Schubert. He is a violin player at the Auckland Philharmonia.
Apparently, Schubert wrote 600 songs during his short life of 32 years.












e0310424_05020663.jpg


最後は、ピアノ五重奏D667番、『ます』で締めくくり。

シューベルトの室内管弦楽は、音色が優しくて大好きです。


しかし、二晩も続けてコンサートに行くと、頭の中に音楽がぐわんぐわんと響いて、夜も寝付けませんデシタ。


I love Schubert's Chamber music. They are tender and melodious.
The famous piano quintet in D was wonderful.









ペネさんのお兄さんのダレンさんもオペラ歌手で、こちら、そのダレンさんのテナーぶり。『愛の妙薬』で最も有名な独唱です。

ペネさん同様、とても滑らかで心に染み入るパフォーマンスです。

"Una Furtiva Lagrima"










by BBpinevalley | 2018-06-04 20:17 | ニュージーランドの生活 | Comments(18)
2016年 11月 01日

ヤナーチェクのオペラとハローウィン/ SF Opera, Halloween



e0310424_15472838.jpg


友人がオペラに誘ってくれました。

20世紀初めのチェコの音楽家、レオシュ・ヤナーチェクの「マクロプロス事件」というオペラです。

















e0310424_15555567.jpg


ウレシいな〜〜、普段ニュージーの田舎に住んでいるから、ドレスアップすることなんて、まずナイ。

たまにはおめかし、ルンルン気分でした。

















e0310424_15560876.jpg


誘ってくれたお友達のCチャン。

彼女は、毎月コンサートやオペラに出かけるそうです。

天井が綺麗な建物でしょう。

















e0310424_15570289.jpg


席に着いてからも、天井を見上げてはパチリ。

宝石みたい。

















e0310424_15572259.jpg


「マクロプロス事件」は、実に興味深いストーリーでした。

なんと300年以上も若いまま生き続けた女性の物語で、最後は「生き疲れて、つくづく嫌気がさした」というわけ。

それはそうよね、我が子も夫も友人も、みんな次々と死んでしまうし、放浪してまた一からやり直さなきゃならないし…

こんなにややこしくて辛くて一人ぼっちな生活ってないですよね。

人生1回だから楽しいんだ、一発勝負だから思い切り生きられるんだと、つくづく思い知らされました。

年を取るのもその一環。

おめかししながら、だんだん増えるシワにウンザリしていた私には、天からの啓示のようなオペラでした023.gif

















e0310424_15584450.jpg


寒くなくて気持ちの良い夜だったので、歩いて帰ることにしました。

写真は、オペラハウスのお向かいの市庁舎です。
















e0310424_15582426.jpg


途中、あちこちでハローウィンパーティーが続行中でした。

若い時、よく行ったわねェ〜

ちょっともう仮装しようなんて気には成れないけど。
















e0310424_15592637.jpg


マイケルにバッタリと会っちゃった。

ちょっとシャイなところまで、マイケルにそっくりでした。



最終校正で、まだ死んでおりますんで、英語はごカンベン〜
もう寝たいです〜









にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ


by BBpinevalley | 2016-11-01 16:33 | アメリカ生活 | Comments(20)