アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ニュージーランド ( 274 ) タグの人気記事


2018年 04月 10日

当たり前の秋の日デス/ A Typical Autumn Day in New Zealand


e0310424_12360797.jpg


牧草がふさふさのパドックに入れてもらった子羊たち。嬉しそうに草を喰んでいます。

昨年の8月ごろに生まれた羊だから、そろそろティーン?


Our lambs are enjoying their early evening munch of grass.
They will be a year old in July/August, so they are still lambs.















e0310424_12362775.jpg




e0310424_12364525.jpg


秋の日は釣瓶落とし。

写真を撮っている間に日が暮れてしまいました。

なんだなんだァって、こちらを見ている羊たちが可愛かった。


While I was taking pictures, the sun quickly moved to sink below the horizon. The Daylight Saving Time ended on April 1st in NZ, now a day feels significantly shorter.















e0310424_12370234.jpg


先日、ファームを見学に来られたご近所さんに、ダリアをいただきました。

綺麗。目が覚めるよう。


We gave a farm tour to our neighbors the other day.
One of them gave us these beautiful dahlias.
















e0310424_12371490.jpg


どこに置いても綺麗なのでありマス。


it brightens up the room instantly.















e0310424_12380836.jpg


見学のついでに、ちょっと卵を拝借。


They all loved our new Chicken coop.















e0310424_12383345.jpeg




e0310424_12572395.jpg


急にスコールのような雨が降る季節になってきました。

雲の動きが速くて、お天気の予想がつきにくい。

娘とパパはファームで土砂降りに遭い、濡れ鼠になって帰ってきました。


The fall clouds move very fast and you never know when it rains.
My daughter and her father came back drenched today from the farm.















e0310424_12391297.jpg


お天気の悪い日はベーキング。

娘がスコーンを焼く準備をしているところ。

エッグウォッシュした上にザラメを振りかけています。


When the weather is not so nice, the best thing to do is baking.
My daughter is baking scones.















e0310424_12392725.jpg


はい、出来上がり。

ちゃんと三角に形を作って、性格が出ていますねぇー


The black currants were soaked in orange juice, which adds a subtle but nice flavor.















e0310424_12394379.jpg


お母さんが焼いたブルーベリースコーン。

私は丸めただけ。


I made some blueberry scones. They freeze well and are convenient for rushed mornings.















e0310424_13193625.jpg


お母さん、抹茶蒸しパンも作りました。

なんだか肝臓のような形をしていますね。

マフィンカップにたねを入れて、セイロで蒸したらこうなりました。

近頃、西洋社会では抹茶が大流行。

高級レストランのデザートから屋台のお菓子まで、何でもかんでも抹茶味。

抹茶好きとしては、嬉しいことデス。


I also made steamed Maccha buns. I poured the batter into paper muffin cups, then steamed them in Chinese steamer.
I'm glad that Maccha is so popular now that I can find Maccha desserts anywhere. I don't have to go all the way to Japan.











[PR]

by BBpinevalley | 2018-04-10 14:37 | ニュージーランドの生活 | Comments(16)
2018年 04月 04日

サラミ工場、完成間近です/ Salami Factory is Almost Done

e0310424_07170389.jpg


この2年半ほど、夫がかかりきりになっていたファームのサラミ工場が、完成に近づいています。

オープニングパーティは、5月5日なのだそうです。

あいにく私と娘はアメリカなので、参加できません。


Our Salami Factory at the farm is finally coming to its completion.
We are going to have the opening party on May 5th. Unfortunately, my daughter and I cannot attend as we have to be in the States.















e0310424_20030600.jpg


カナダの杉材を焼いて、日本の焼杉に似せた外壁。


The outside of the building is covered with burnt Canadian Cedar. Ryo, our favorite Japanese woofer, came back from Japan for a month and helped the burning.















e0310424_19584886.jpg


工場にしては、眺めが良いのです。


The factory has a nice view.















e0310424_19554748.jpg




e0310424_19590081.jpg

裏側。


Backside.















e0310424_20003534.jpg


1階のサラミ工場は室温が10度に設定され、冷蔵室、冷凍室、貯蔵庫、キッチンなどに分かれています。

これは何の機械かな。


The main factory is in the first floor, where the temperature is kept at 10 C degree with higher air pressure.
















e0310424_20004535.jpg




e0310424_20005936.jpg


これはお肉をかき混ぜる機械かしら…


Most of the machinery was brought in and is ready to use.















e0310424_19593827.jpg


2階へ。


Upstairs.















e0310424_20011662.jpg




e0310424_20023327.jpg




e0310424_20012679.jpg


この部屋は、果物やナッツやハーブを乾燥したり調理したりするところ。

他に、ランドリールームやオフィスがあります。


The large room upstairs is for drying nuts and fruit, preparing non-meat products, and labeling.
There are laundry room and office as well.
















e0310424_20025664.jpg




e0310424_20300269.jpg


オープニングまでに、正面の大きなドアを入れ、ディテールを完成させて、周りの植え込みを終えなくてはならないとか。

1階の工場では、ソーセージなどの試作ももう始まっています。

そのうち、試作品を載せますね〜


We still have to finish the main door in the front, various details, and landscaping.
But our chefs have started making samples already.
Hopefully, I can upload the photos of sausages and salami before leaving for the US.









[PR]

by BBpinevalley | 2018-04-04 21:07 | アオテア・オーガニックファーム | Comments(10)
2018年 03月 29日

人生の夜明けかな/ Sunrise, Pretzels, Ravioli


e0310424_05461058.jpg


最近、朝焼けが見事です。

日が明けるのも遅くなり、7時過ぎでこんな感じ。


Oh, what a beautiful morning! …sounds like a lyric from a song but you can't help crying out so.
The day break is getting later and later each day. The photo was taken around 7.















e0310424_05462120.jpg


こちらはiPhoneで撮りました。

ああ秋だなぁと、空を見上げて想う季節。


This one is shot with iPhone.
Autumn is undeniably here.














e0310424_05463932.jpg


アメリカの大学からの合格通知もそろそろ出揃う時期で、お嬢は内心落ち着かないのでしょうが、表面上は呑気にお料理ばかりしています。

先日は、美味しいベーグルを焼いてくれました。


My daughter is finally getting the answers from the colleges she applied in the US.
It is kind of nerve racking.














e0310424_05465429.jpeg




e0310424_05470355.jpeg


娘は、アメリカの大学には蹴られたり受け入れられたりしていますが、こんなに大学入試が厳しくなったとはオドロキです。

娘の友人でよく勉強の出来る子が、カリフォルニア州立大サンタバーバラ校に蹴られたというニュースを聞いて、夫も私もびっくり。

「え、サンタバーバラって、サーフボード持ってけば入れてくれる学校じゃなかったっけ?」と声を合わせて言ってしまった。

我々の大学時代は長閑だったわけです。今は違うんだ。


上は、お嬢がプレッツェルを作っているところ。


When we were young, the college entrance in the US was not as nearly competitive as now. It was hard to graduate once you are in, but a very few got so worked up about getting in. Now it's crazy, and involving the whole family not just the one applying thoughout the high school years. I think it is distorting the child's values.















e0310424_05472779.jpeg




e0310424_05473962.jpeg


はい、出来上がり。

塩、すりごま、そしてプレーンのプレッツェルです。

中はもっちり、外は香ばしく焼けていました。


My daughter made pretzels after bagels. They are both time consuming as you have to boil before baking.
She made ground sesame, sea salt and plain. They were moist inside and toasty outside. Delicious.















e0310424_05482007.jpg


こちら、ラヴィオリに挑戦しているところ。

具は、ファームで採れたロケットとアーティチョーク、そしてリコッタチーズです。


Here, she is tackling at making ravioli. The stuffings are arugula and artichoke from our garden and ricotta cheese.















e0310424_05475654.jpg




e0310424_05480749.jpg


大学よりも、お料理学校に進んだ方がいいのでは…?

好きこそ物の上手なれと言うし。


She should consider going to a cooking school rather than a college.














e0310424_05483683.jpg


とっても美味しかったです。

トマトソースは母が作らせて頂きました、畑のトマトで。


Job well done. It was very very good.
I contributed by making the tomato sauce using all those tomatoes from the garden.















e0310424_05485234.jpeg


アジア料理も登場します。

ちょっと巻き方が乱暴ですが、そこはご愛嬌。

ピーナツソースもピリリとスパイシーで、畑のミントやコリアンダーの風味が絶妙デシタ。


Her repertoire includes Asian dishes.
A little rough the way she wrapped, but it tasted magical. Again, she used an abundance of mint and coriander leaves from our garden.













e0310424_05491376.jpg


お嬢は、受け入れてくれた大学を視察しに、アメリカの東海岸まで一人旅することになりました。

大丈夫かしら…、心配…


She seems to have gotten in to a few schools in the end.
Now she is planning a trip to the East Coast visiting schools to decide which one to go to.
Her first trip entirely on her own.














e0310424_05492310.jpg


左上に庇が写ってしまいましたが、今日も綺麗な朝焼け。

お嬢の旅立ちにふさわしい夜明けだな。


A new Chapter in my daughter's life is dawning.










[PR]

by BBpinevalley | 2018-03-29 07:03 | ニュージーランドの生活 | Comments(34)
2018年 03月 23日

北半球で言えば、9月の終わりかな/ Feels Like the End of September of Northern Hemisphere



e0310424_14070524.jpg


久しぶりに、夫と四輪バイクを二人乗りして、ファームの奥まで行ってみました。

果樹園に行って柿の生り具合を確かめたかったのですが、現場に着くと牛の姿が…


My husband and I got on a quad bike to see our orchard in the middle of our farm.
We wanted to see how our persimmons were doing.















e0310424_14072161.jpg


このゲートを通らなきゃ果樹園には行けないのに、困ったな。

バドさんがこのパドックに牛を入れているとは知らなかった。


Only to find a group of young cows in the orchard paddock. We have to go through this gate to reach the orchard.
















e0310424_14252778.jpg


まだ若いティーンの牛たちだけど、こう大勢居ては、ちょっと引ける。

結局、果樹園の視察は諦めました。

途中で、今年初物のイチジクがひとカゴほど採れたのだけが、ここまで来た収穫でした。


They are teenagers and quite friendly. But we decided not to open the gate to risk some of them getting out.
We drove all the way just to say Hello to these guys.















e0310424_14084807.jpg


帰りに撮ったアバターの木の写真。


I took this shot on the way back.
It was a nice autumn day and the sun was setting.















e0310424_14091488.jpg


バドさんが耕した土地が、手前の方に見えます。

まだ草が育っていません。


You can see the land which Bud had plowed towards the front. Soon the grass will cover it.















e0310424_14095573.jpeg


お友達のバースデーパーティで出た巨大なハムのロースト。


A splendid looking ham at our friend's birthday party. It was so big.















e0310424_14102304.jpg


スライスしてテーブルに供されました。

ジューシーで、とっても美味しかった。

ハムは大人気で、20人以上のゲストでアタックしたのですが、半分以上残っていました。


Sliced and served at the table.
More than 20 people dived in and everyone loved it, but couldn't finish even half of the roast.















e0310424_14103247.jpg




e0310424_14104047.jpg


子供抜きの大人だけのパーティ。

たまにはいいもの。


It was an "adults only" party. Most of us were well into retirement.
It was a fun party.














e0310424_14542873.jpg


最近、娘と一緒にファームの菜園をやり変えています。

夏の終わりにウーファーさんが絶えたら、あっという間に草ぼうぼうになってしまい、元に戻すのが大変でした。

やっと秋植えの野菜を入れ始めています。


My daughter and I have been working hard on the farm garden by cleaning up the overgrown summer crops.
We prepared the soil for fall vegetables. Planting is the fun part.














e0310424_14541939.jpg


そして、もう早、フィジョアの季節になりました。

ついこのあいだ花が咲いていたと思ったら(フィジョアの花の写真はここ)、もう実ってしまうのね。

手榴弾みたいなこのフルーツ、香りが良くて美味しい。

季節も月日もどんどん巡っていきますね。ホント、目が回ります。


We harvested this year's first feijoas. These are the first of hundreds of delicious fruit.
Fall has begun.
Daylight saving time starts this Saturday.









[PR]

by BBpinevalley | 2018-03-23 20:20 | ニュージーランドの生活 | Comments(18)
2018年 03月 19日

ねこカフェに行きました〜/ Portraits from Cat Cafe


e0310424_05160222.jpeg


お嬢が、『ねこカフェ』なるところに連れていってくれました。

ねこと一緒にお茶を飲むのかと思ったら、そうじゃなくて、ねこ達を監禁した部屋を設けたカフェでした。
















e0310424_05161645.jpeg


ねこの放し飼い動物園みたいなもの。

大人のねこは大抵寝ていましたが、子供はさすがに元気。
















e0310424_05164986.jpeg




e0310424_05171446.jpeg




e0310424_05175298.jpeg


ちょっとおもちゃを振りかざすと、すぐに起き上がってねこ踊り。















e0310424_05180262.jpeg


ぬ〜っと現れるおもちゃの誘い。















e0310424_05181641.jpeg


たまらなくなって飛びかかる。















e0310424_05182909.jpeg


ついに子ねこ同士の取っ組み合い。

がっちり四つに組んだ!


なんでも子供は可愛いわね〜〜















e0310424_05191546.jpeg


ねこ耳付きのiPhoneを持って、ねこと遊ぶお嬢。















e0310424_05184122.jpeg


外を眺めながら、「出てみたいなぁ」って表情。
















e0310424_05185674.jpeg


子猫の方は、「出せェ〜」と格子をよじ登る。















e0310424_05192809.jpeg


この子のお髭はとっても立派。

毛足が長いとヒゲも長い?

これまで、気がつきませんでした。















e0310424_05194332.jpeg




e0310424_05195433.jpeg




e0310424_05200221.jpeg


最後、猫カフェの『三大美人画』でしめくくりィ〜〜

ねこ、欲しいなぁ〜











[PR]

by BBpinevalley | 2018-03-19 05:48 | ニュージーランドの生活 | Comments(22)
2018年 03月 12日

晴耕雨読、ファームの生活/ Early Fall, Farm Views



e0310424_12570065.jpg


最近、早起きしているので、まず寝室の窓から飛び込んでくるのはこんな風景。

早起きは三文の得。

三文て???

Some mornings bring me a sky like this through my bedroom window as I've been getting up earlier these days.
My daughter and I have been working earlier in the veggie garden to avoid the harsh sun.
















e0310424_12572484.jpg


畑からも秋の作物が採れるようになりました。

綺麗な色のお豆でしょ。


We are harvesting the fall crops and planting for the cooler season.















e0310424_12573146.jpg


娘がキッチンの窓辺に並べたトマト。

緑のまま収穫したのは、輪切りにしてフライパンで焼きます。

アメリカ南部の食べ方です。


My daughter loves fried green tomatoes.
















e0310424_13044919.jpg


とても食べきれないほどできる桃は、コンポートにして瓶詰しました。


Massive amounts of peaches are maturing all at once.
I made some peach compote to keep them stored for a while.
















e0310424_13050757.jpg


私の大好きな鳥『トゥーイ』の大好物、プロテア(左)とグレヴィレアス。


Protea and grevilleas from my home garden.

















e0310424_13051557.jpg


上から見たところ。

今が盛りなのか、庭にたくさん咲いています。


Tuis love them.















e0310424_13222532.jpeg


夕食の後には、シンバを連れてお散歩。

絨毯を敷いたような緑に、夕焼け空が映えます。


After dinner, we usually take a walk on Shelly Beach Road with Simba.
I never get tired of the changing scenery every day.
















e0310424_13223737.jpeg


牛のいる風景。

尻尾を振りながら草を喰む牛を見ているのは、妙に気持ちが落ち着くものです。

牧歌的とはこのこと。


I especially love the farm view with the cows peacefully grazing.
















e0310424_16360749.jpeg


人間、牛にはお世話になっていますものね。

牛が居なければ、給食の牛乳も、ケーキも、すき焼きもナシ。

そう思うと、なんだか申し訳ない…


Until I came to live in New Zealand, I did not know much about cows nor had any interest in them.
But I love them now.
They are gentle, stable, and strong.
Indispensable to human life.
We owe so much to them.















e0310424_13234691.jpeg


このひょうきんな娘も、牛さんのミルクが大好き。

おかげで大きくなりました。


This funny girl grew up on cow's milk. She owes them big time.















e0310424_13052946.jpg


今日は朝からずっと雨。

ここのところ、畑の耕作で重労働(私にとっては)していたので、良い骨休みになりました。

晴耕雨読です、これぞ。


It's been raining all day today.
We are feeling pretty achey from working in the garden, so this is a timely break.
Good day to read (and blog).









[PR]

by BBpinevalley | 2018-03-12 15:01 | ニュージーランドの生活 | Comments(30)
2018年 03月 06日

ヤダ、大人になっちゃった/ She Is a Big Girl Now



e0310424_14205808.jpeg


車の中から撮ったスナップ。

なんだか今年は蒸し暑いんですよね。

朝夕には秋の気配も感じるのですが、ほんの一瞬て感じ。


A shot through a car window.
It is still muggy and hot during the day.
It felt like autumn for a few seconds the other morning, but it is back to summer again.














e0310424_14211913.jpeg


先日、初めて公共交通機関を利用してオークランド市内まで行きました。

バスと電車を乗り継いだのですが、こんな電車が市内を走っているなんて、つゆ知りませんデシタ。


I took public transportaion for the first time the other day to Auckland. My daughter and I took a bus first, then a train.
I never knew there were trains like these running in Auckland.















e0310424_14214905.jpeg


行き先はここ。

お嬢が選んだイタリアンレストラン、"Ortolana"

出先から駆けつけた夫と、首尾よく合流しました。


Our destination was an Italian restaurant called "Ortolana" in Britomart. My daughter picked it for her choice of place todine that night.
My husband drove to join us at the restaurant.















e0310424_14220233.jpeg


あれあれ、未成年者がワインなんか飲んでいいのか!?

実は、この日から、お嬢は合法的に飲酒できることになったのです。

ニュージーランドでは18歳から飲酒がOK。

ちなみに、アメリカでは21歳までダメ。

日本は20歳でしたっけ?


Three glasses of wine?
Yes, it became legal for my daughter to drink that day in New Zealand. She turned 18.
She cannot drink till 21 in the US, though. And not till 20 in Japan.














e0310424_14354235.jpeg


Ortoとは、確かイタリア語で『菜園』の意。

このレストランのオーナーはファームを持っていて、材料の多くはそのファームで採れたものだそうです。

写真は、自家製のモツァレラチーズとハーブ。

オリーブオイルが効いています。


Orto means "vegetable garden" in Italian and is symbolic of the restaurants use of their best seasonal, local produce from their own farm and from other local growers.













e0310424_14355441.jpeg


フリーフォームのモツァレラで、丸めていないところがいい。

作るのも、これなら楽。

熱々のチーズを丸めるのが大変なんだもの。


Here is their unformed fresh mozzarella cheese with herbs dish.
Very tasty with the crusty bread.














e0310424_14364711.jpeg


パパは相変わらずステーキ。


My husband ordered his usual dish, "steak".















e0310424_14370418.jpeg


お嬢は珍しくラム。


My daughter ordered lamb with yogurt.













e0310424_14371482.jpeg


私は、ロブスターのラヴィオリをいただきました。


I had "ravioli con aragosta," lobster filled ravioli.















e0310424_14510635.jpeg


お皿に山盛りの梨とくるみのサラダ、新鮮さが口中にはちきれそうでした。

くるみの美味しかったこと。


A pear salad with walnuts.
So fresh and delicious. The walnuts were out of this world.















e0310424_14374151.jpeg


お誕生日、おめでとう。

これで貴女も大人に成ったのね。

ま、数字の上だけのハナシですが…


Happy Birthday!
You are a big girl now.











[PR]

by BBpinevalley | 2018-03-06 16:55 | ニュージーランドの生活 | Comments(32)
2018年 03月 01日

三月のガーデンクラブに参加しました/ Tastebuds Garden Club, March



e0310424_18022904.jpeg


娘がサン・ブレッドを焼いてくれました。

太陽の形をしているからサン・ブレッドです。















e0310424_18024545.jpeg


フォッカチア生地で、中にモツァレラチーズがとろ〜り、上部にはパルメジャーノがカリッと。

所属しているガーデンクラブのランチに持ち寄るために、娘が朝から仕込んで焼いてくれました。















e0310424_18042600.jpeg


このガーデンクラブは、ご近所の庭好きな人たちが毎月寄り集まって、お互いの庭を披露し合ったり、私/公立の庭園を訪問したりする会で、とってもカジュアルで楽しいのです。

今日は、すぐ近くのキャロルさん家のお庭を拝見。

とてもお手入れが行き届いていて、感心〜〜















e0310424_18054576.jpeg


コッテージ前に置かれている寄せ植え鉢が素敵。

















e0310424_18055406.jpeg




e0310424_18060403.jpeg


時期外れなのに、紫陽花もお見事。















e0310424_18065710.jpeg


ダブルレイヤーのコスモスも綺麗〜















e0310424_18063543.jpeg


フランス人のご主人が育てられたというシャロット。















e0310424_18064810.jpeg


デッキには、6ヶ月のステッフィ犬が閉じ込められていて、網戸越しに娘の手をナメナメ。

娘はメロメロで、「可愛すぎて、涙が出るゥ〜」















e0310424_18052882.jpeg


あいにく曇っていたので見えにくいのですが、広々とした緑の芝生の向こうには、カイパラ湾が臨めます。
















e0310424_18050864.jpeg




e0310424_18051791.jpeg


肉眼ではもっと鬱蒼と緑に包まれた感じですが、iPhoneは勝手に光を調節してしまうので、感じ良く撮れません。

でも、素敵な森でしょ。















e0310424_18044482.jpeg


果樹もいっぱい。

これはりんご。

まだ若い木なのに、枝もたわわに生っています。
















e0310424_18045718.jpeg


東洋ナシです。















e0310424_18062637.jpeg


カリンの木。

これも沢山に生っています。















e0310424_18061692.jpeg


カリンは、色も形も可愛いですネ。
















e0310424_18071700.jpeg


食べ頃のメロン。美味しそう。



家庭菜園もとても充実していました。

リタイヤーしたご夫婦二人で、よく維持されているなぁと感服。

皆さんのお庭が拝見できて、このガーデンクラブ、いつもとても参考になります。











[PR]

by BBpinevalley | 2018-03-01 19:11 | ニュージーランドの生活 | Comments(14)
2018年 02月 23日

ニュージーランド、緑の夏/ Back to Green New Zealand


e0310424_16593569.jpg


ニュージーランドに戻っています。

居ない間に雨が多かったようで、窓からの眺めはとっても緑。

この時は、晴れているのに小雨が降っていて、湾の方は霞んで見えません。


It seems there were quite bit of rain while we were gone. Everything was so green.
When I took this photo, it was sunny but raining.















e0310424_16595172.jpg


降ったかと思うと晴れる、ニュージーランドのお天気。


The clouds move very fast in New Zealand.















e0310424_17000521.jpg


発つ前には、まだ小さめのビワくらいの大きさだった庭のアヴォカドも、もう八割がた出来上がった感じ。

楽しみだなぁ〜


The avocados in my garden are almost done. Perhaps a few more weeks will do.















e0310424_17005163.jpg


これ、なんだか分かります?

カマキリが脱皮した後の抜け殻なんです。

夫が私の机の上に花を生けてくれていたのですが、カマキリはどうやらその花についていた模様。


I found a shell of playing mantis on my desk. It seems like it came off from the flowers which my husband arranged on the desk.















e0310424_17012659.jpg


もう捨てようとベランダに出した花に、カマキリ君はぶら下がっていました。

見えるかしら…、真ん中あたりに居ますが、緑が保護色になっていますね。


The praying mantis who came out of the shell was still hanging from the flowers that I took out to the deck to compost.
It is protectively colored in the same green as the leaves and stems.















e0310424_17015811.jpeg


帰りの飛行機の中から調子が悪かったのですが、少し気分が良くなったので、オークランドの美術館に行ってきました。

これは、私の好きな旧館のお部屋。


I have been under the weather since my return, but as I started feeling a little better, I went to visit Auckland Art Museum. This is my favorite room in the museum.















e0310424_17020843.jpeg


綺麗に修復されて、近代的な新館と上手く繋げられています。














e0310424_17024539.jpeg




e0310424_17023450.jpeg




e0310424_17022298.jpeg


今は使われていなくて、覗くだけのらせん階段。


They are not using these old stairs but you can take a peak.
















e0310424_17065766.jpeg


モネです。

彼の睡蓮の絵は、大型のがかなりたくさんありますが、こんなに小ぶりでアブストラクトなのもあるんですね。

しかし、余程この構図に執着していたんですねぇ〜


As you can guess, this is by Monet.
He must have been pretty obsessed with this scene and composition. He painted so many variations of this.














e0310424_18402060.jpg




e0310424_17064582.jpeg


執着といえば、草間彌生さんも負けませんね。

好きに貼り付けてくださいと、丸いカラフルなステッカーを渡されましたが、抵抗を覚えて貼る気がしませんでした。

英語では「抹殺の部屋」と題されていますが、水玉ですべてを抹殺するわけね。

皆さん,意外とリラックスされていて、それが面白かったです。


Talking about obsessions.
This is Yayoi Kusama's "Obliteration Room".
It started from a totally white room that it's visitors have gradually filled with the colorful dots.
People were strangely relaxed in it.










[PR]

by BBpinevalley | 2018-02-23 18:58 | ニュージーランドの生活 | Comments(26)
2018年 01月 18日

簡単レシピ『プラムのタルト』/ Marion Burros's Original Plum Torte


e0310424_16423701.jpg


久しぶりに、レシピをご紹介します。

ニューヨークタイムス紙が1983年から89年までの7年間、毎年9月に掲載し続け、その後もリクエストが絶えないという人気のタルトレシピです。

とても簡単なのに、とても美味しい。

上の写真のは、お嬢が作ってくれました。

まだ温かいうちに、ホイップクリームやバニラアイスクリームを添えて食べるのが、アメリカ風です。

ちょっと日本の皆様には季節はずれですが、レシピを取り置いて、プラム(すもも)の季節に試す価値アリ。

プラムがなければ、酸味のあるネクタリンや桃でも良いかもしれません。


It's the famous Marian Burros's Plum Torte published on New York Times numerous times.
For the recipe, see: Original Plum Torte Recipe



マリオン・ブロスのプラムタルト

材料
(注:アメリカサイズの計量カップですので、約240mlです。)

砂糖   3/4〜1カップ(150〜200g)
室温の無塩バター   1/2カップ(95g)
ふるった小麦粉   1カップ(120g)
バーキングパウダー   小さじ1
塩   ひとつまみ
卵   2個
プラム   24個(半分に切って、種を取る)

トッピング用に、砂糖、レモンジュース、シナモン  


作り方

ステップ1
オーブンを180度に温める。

ステップ2
ボールに砂糖とバターを合わせ、ハンドミキサーで混ぜる。小麦粉、ベーキングパウダー、塩、卵を加え、さらによく混ぜる。

ステップ3
 直径20~25センチのパイ型、または底が取り外せるタイプのケーキ型に2を流し込み、プラムを皮を上にして並べ乗せる。
プラムの甘さに応じて、適量の砂糖とレモンジュースをふりかける。
好みに応じ、小さじ1程度のシナモンをふりかける。

ステップ4
オーブンで約1時間焼く。
冷蔵庫や冷凍庫での保存も可能。冷凍したものを解凍した場合、150度くらいで少し温めると良い。











旅行、お出かけ部門に応募します




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]

by BBpinevalley | 2018-01-18 18:28 | ニュージーランドの生活 | Comments(22)