アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ニュージーランド ( 308 ) タグの人気記事


2018年 12月 11日

お名残惜しや、ニュージーランド/ See You Next Year, New Zealand


e0310424_05510304.jpeg


夕暮れのオークランド空港にて。


At Auckland Airport, right before boarding.









e0310424_14262617.jpeg


庭の花や生り物も増え始めて、ニュージーランドはこれからって時でした。

これはフィジョアの花。


I didn’t really want to leave because it was just getting beautiful in New Zealand. Flowers are blooming and fruit are maturing.
These are Feijoa flowers.












e0310424_14301863.jpeg


これはなんだか知りませんが、20〜25センチもありそうなお花。

運転手さんが持ってる埃ばたきみたい。


I have no idea what this tree is. The flowers are huge and blooming upwards.











e0310424_14424695.jpeg




e0310424_14441292.jpeg


シルバーオークと呼ばれている木で、オーストラリア産のようです。

かなりの大木で、黄色い花が満開になると綺麗です。


Silver Oak. It grows quite large.











e0310424_14415083.jpeg




e0310424_14490793.jpeg




e0310424_14534880.jpeg




e0310424_14543030.jpeg




e0310424_15054262.jpeg


ご存知のお花たち。アガパンサスも咲き始めています。











e0310424_14562237.jpeg


りんご。

花を咲かせながら実をつけてるからおかしい。


Apple tree.











e0310424_14584473.jpeg




e0310424_15012954.jpeg




e0310424_15021404.jpeg


プラムパイを作ろうと思ってたのになぁ‥…

シーズン、完全にミスりそう。


I’ll miss the plum season altogether.













e0310424_15071534.jpeg


出る前にバタバタと片付けものしていて、ベッドを開けた途端(うちのベッドはどれも内部収納式)、がくんと左側に大きく傾き仰天。

慌ててほうきでつっかえ棒して平行にしたのですが、マットレスって重い。

格闘している間に肩をやられてしまった。

旅の直前に最悪。

どうやら右側のスプリングを支えるネジが取れたみたいでした。


When I was doing the last clean up before I left, one of the hinges of the bed which opens for storage broke off and the top part went widely slanted to one side. As I struggled to put the bloom under to keep it leveled, I hurt my shoulder. The last thing I wanted before traveling.....










[PR]

by BBpinevalley | 2018-12-11 14:11 | ニュージーランドの生活 | Comments(28)
2018年 12月 07日

慣れると楽しい、シンプルライフ/ December in New Zealand


e0310424_08385242.jpeg


雨や風や雷で忙しかったお天気、すっかりご機嫌が直り、晴れやかです。

シェリービーチ埠頭にて。


After the wind, rain and tremendous thunder, it all cleared up. A beautiful afternoon at Shelly Beach.












e0310424_08495433.jpeg


ラム(もちろんうちの)の煮込みを火にかけておいて、シンバと夫と夕食前の散歩に来ました。

ニュージーランドにいる間は、生活がとてもシンプルになりました。

夫と二人だけの田舎生活で、ややこしいお付き合いもなく、従ってお手伝いも要らず。(ファームは大いにお手伝いしてもらっていますが)

学生時代にルームメイトと過ごした夏休みのよう(笑)

気楽〜、身軽〜〜


I prepared a lamb stew (with our lamb, of course) and left it on the stove. It should be ready by the time we return from our walk with Simba.











e0310424_09225745.jpeg


タグボートが、この湾岸から砂を運び出すために、バージ(荷船?)を曳航しています。

これぞ正に『午後の曳航』

砂が世界で不足しているそうですね。

とんでもないものが無くなるものですね、昨今の世の中。

夫曰く、あのボートはかなりのお金を設けるはずだ、と。


A tag boat pulling a barge passed by. My husband said that they are going to go dig sands at a nearby shore and carry them out to their processing plant. There is a world sand shortage now, and it’s becoming a lucrative business, he said.












e0310424_09441129.jpeg


せっかく良い季節になってきたのにねぇ〜、ニュージーランド。

来週から独りでアメリカに行かなければなりません。ちょっと悲しい。

夫と娘が後から来て、今年はカリフォルニアでクリスマス🎄です。

娘がNZまで戻って来たくないと言うので、仕方ありません。

私も夏のクリスマスに慣れてきたってことかな。

人って、何にでも慣れるものですね〜


We are going to meet up with our daughter in San Francisco and spend the Christmas there this year. I’m leaving early next week to sort out the house.
It’s kind of sad to leave such a nice weather. I suppose I am now more accustomed to the idea of Summer Christmas.










[PR]

by BBpinevalley | 2018-12-07 08:37 | ニュージーランドの生活 | Comments(30)
2018年 12月 03日

森からビーチへ、トレール作り/ Building a Trail in Our Forest


e0310424_07000861.jpg


夫の最新のプロジェクト。原生林の中のトレール作りです。

4〜5日前、トレールの入り口の足場の悪いところに杭を打ち付け、歩道橋を作るんだと見せてくれた。


My husband's new project at the farm : A walking trail connecting the Lodge to our beach.
He showed me the areas that they have to make wooden walkways because of the uneven terrain.














e0310424_07004255.jpg


翌々日来てみたら、もうこの通り、かなり進んでいました。

とにかく彼は「ハタラキモノ」で、その旋風に巻き込まれると、周りも溜まったものではありません。


A few days later, I could already see a good progress on the project.














e0310424_07013339.jpg




e0310424_07014432.jpg

四輪バイクも通れる路はすでに切り開かれていました。

iPhoneではなかなか森の深みが分かるショットが撮れませんが、片側は渓谷のようになっています。

原生林に遊ぶ鳥の声が、とても気持ちが良い。


It is difficult to convey the depth of the forest in i-Phone shots.
There is quite a deep canyon on the left filled with native growth. Operatic NZ birds congregate in this forest showing off their talents.













e0310424_07104468.jpg


鹿の足跡も其処此処に。


I see deer tracks everywhere.













e0310424_07110231.jpg


こっちの方が分かりやすいかな。


You can see it clearer here.












e0310424_07114106.jpg


早く来いよ、と前方で待ちくたびれる夫。

病み上がりを押して、わざわざ視察に来てやったというのに。

まったく…


My husband is a little frustrated because I walk slowly.













e0310424_07115376.jpg


や、海だ。

やっとビーチにたどり着いたみたい。


Ah, I see the ocean. The beach is close.












e0310424_07125344.jpg


この日はかなりの満ち潮でした。

海が迫ってる。


It was a high tide this day.













e0310424_07135271.jpg


ヤァ〜、疲れた。

約1.5キロ歩きました。


We guessed it about 1.5 kilometer to the beach. The round trip would be a decent exercise.











e0310424_07140996.jpg




e0310424_07343071.jpg


シェリービーチの名の通り、このあたりの海岸は貝殻だらけ。


Our beach is filled with cockle shells, as you can guess from the name, "Shelly Beach".













e0310424_07142547.jpg


波に打ち寄せられたマングローブの実が、海岸に緑色の模様を描いていました。

また1.5キロ戻らなければならないから、ちょっとここで一休み。


The green mangrove seeds drawing the trace of water on the beach.
It was nice to rest on a driftwood, feeling the sea breeze, before going back up the trail.















[PR]

by BBpinevalley | 2018-12-03 10:20 | アオテア・オーガニックファーム | Comments(22)
2018年 11月 29日

七転八倒の末/ Beaten By a Stomach Flu





e0310424_07075353.jpeg




e0310424_07082015.jpeg


夫が、うちのビーチで撮ってきた写真です。

彼にしては、なかなかアーティスティック。














e0310424_07095351.jpg


私は、というと、先週末にお腹にくる風邪に冒され、文字通り七転八倒。

金曜日に、親しい友人を呼んでカジュアルな感謝祭ディナーをしたところまでは良かったのですが、翌朝から胃腸が大暴動。

他の人は平気だから、七面鳥ディナーが原因ではなかったようでした。













e0310424_11445177.jpg


前々日くらいから、なんとなく身体がだるいなぁとは思っていたのです。

発病したのは土曜日だったから、お医者は閉まってるし、脱水症状は進む一方だし、困り果てました。

週末に病気になるなんて、ペットみたい。(犬猫って、必ず週末を狙って病気しません?)













e0310424_07224232.jpg


英語でこういうのを "Stomach Flu"(お腹にくる風邪)と言いますが、調べてみると風邪ではないんですね。

ヴィールスがお腹に入って起こる胃腸炎で、通常、24時間から48時間続くのだそうです。













e0310424_07350019.jpg


なんとか日曜の夜までには最悪状態を脱し、月曜には起き上がれました。

でも、お腹に力が入らず、しぼんでマス。












e0310424_07351929.jpg


火曜日は、車の整備のアポを入れていたので、仕方なくオークランドまで行きましたが、待っている間もカフェでぐんにゃり。

ジンジャーエールを前にぼーっとしてるおばさんを見て、きっとお店の人も奇怪に感じたことでしょう😂

家では、ジンジャークッキーをチビチビとかじってます。














e0310424_07350929.jpg


綺麗なトマトをいただいたんですが、食べる気しない。

子供の頃、母がしてくれたようにお砂糖をまぶしてみました。

でも、見てるだけ。


皆さん、いつも手を石鹸で洗いましょうね。

爪を噛んだり、唇をいじったりするのはやめましょうね。

それだけのことで、胃腸炎はずいぶん防げるのデス。

今日は、コメント欄はクローズしておきます。来週にはフルカムバックを果たすつもりですので😅

Cheers!












[PR]

by BBpinevalley | 2018-11-29 07:56 | ニュージーランドの生活
2018年 10月 28日

ゲン君、牛になりきれないみたい/ Hard to be a Cow

e0310424_07063133.jpeg


夫とこの四輪車に乗って、ファームの奥に探索に行きました。


We took our quad bike to the deep end of our farm.








e0310424_07075776.jpeg


良いお天気。


Beautiful day.







e0310424_21523631.jpeg


向こう側に、鳥類保護区が広がります。

ファームをオーガニックに保つのに役立っています。

You can see a bird sanctuary spreading next to our farm. It helps to keep our farm organic.









e0310424_21533033.jpeg




e0310424_21535303.jpeg


ニュージーランド原生らしい植物も多いです。


Some plants in this part of the farm look different. They must be New Zealand natives.










e0310424_21543260.jpeg


サルノコシカケのようなものが----


Unusually shaped tree fungus.









e0310424_21550766.jpeg


鹿のウンチだ。

野生の鹿が増えすぎて困っているのです。

牧草や花木を食べてしまうので。


Deer droppings.
One of the reasons my husband wanted to come out here was to inspect the volume of the wild deer traffic. They consume too much grass and natural growth, and there may be well over one hundred.











e0310424_21555796.jpeg


鹿の跡を追っていたら、はるか下の背の高い草の中を、雌鹿が跳躍しながら逃げて行きました。

息を呑むほど綺麗で、写真なんてすっかり忘れてた。

しかし、夫は撃たなくちゃと言ってる。

当たらないで、驚いてみんな逃げてくれるといいんだけど----


As we were tracing the evidence of deer, one female leaped out of the grassy area far below and ran away in huge strides.
My husband said that he has to come back to shoot some of them.









e0310424_07115129.jpeg


帰り道、この人に会いました。


On the way back, we saw Gen.











e0310424_21574109.jpeg


明らかに人じゃありませんね。

でもそう思いたくなるほど、額にハートマークを付けたゲン君は、パーソナリティに満ちているのです。

撫でてェ〜と寄って来る。


As soon as he recognized me, he came running to greet me. He laid his heart marked forehead down and asked me to pet.











e0310424_21584384.jpeg


ホントに牛なのかね、君は。

ちょっと浮いてるでしょ、このグループから。


He seems to be still standing out from the rest of the crowd. Color wise as well.











e0310424_22160480.jpeg


他の牛はアンガス牛で、人に慣れていませんが、ゲン君は乳牛から生まれた男の子で、私たちがミルクを飲ませて育てました。

いったん人間に慣れちゃうと、なかなか牛の世界には入り込めないみたい。

ちょっと可哀想----


Gen is a male dairy cow who was hand raised by us. Though it’s been more than a year and half that he lives with Anguses, he still seems to relate to us better than his own kind.











e0310424_22002102.jpeg


「もう帰っちゃうの?」

そんな目で見ないでよね。

仲良くするのよ、他の子と。

Bye, Gen. see you soon. Try to get on with your mates.












e0310424_07164671.jpeg


夫の甥っ子が遊びに来てくれました。

お医者さんの卵🥚

親族が訪ねて来てくれたのは初めてなので、夫は大喜びでした。


My husband’s nephew has been visiting us. The very first one from his side of family. So exciting.











e0310424_07563688.jpeg


彼は、これから南島に向かいます。


After the farm visit,!he departs to explore the South Island.











e0310424_07581543.jpeg


私たちは中国と日本の旅へ。

最近、旅はほぼモノトーンで決めてマス。

コーディネートが楽で身軽。

すべて面倒になってるワタシです。


And we are heading To China and Japan.
More to follow.










[PR]

by BBpinevalley | 2018-10-28 07:04 | ニュージーランドの生活 | Comments(27)
2018年 10月 23日

村の公会堂で音楽を楽しみました/ Fun Music at Kaukapakapa Community Centre


e0310424_12073791.jpg


良いお天気が続いています。

ファームとしては、一雨欲しいところですが。


It's been very nice lately.
The farm will soon need some rain, though.













e0310424_12083486.jpg


先日、友人に誘われて、ここから30分ほどの田舎街に音楽を聴きに行ってきました。

Kaukapakapa(カウカパカパ)という面白い名前の田舎街の、さらに奥まった村の公会堂で開かれた音楽会です。

こちらは若者3人のグループ。

リーダーの女の子はアメリカ人のようでした。


Our friends who live in Kaukapakapa, which is about 30 minutes from our place, invited us to a live music event held at their villege's community hall. The hall is apparently one of the only 2 community funded & operated hall in the nation.
Here is a young threesome. The lead singer seemed to be American.














e0310424_12085241.jpg


こちらは渋いオジ様グループ。

バイオリン奏者も居て、熱が入ってマス。


And this is the seasoned male group.














e0310424_12090408.jpg


なぜか離れて隅っこで頑張るドラマーのオジさま。

ベレー帽が似合ってました。


Their drummer looked chic in his bellet hat.













e0310424_12100733.jpg


みんな一緒でも演奏しました。

なんでも、どこかのギグで一緒になり意気投合したとかで、今回の合同演奏会となったそうです。

若者とオジ様衆が意気投合できるなんて、音楽の威力はさすが。

聴衆も老若男女、和気あいあいでした。


They met at one of the gig in the city, and hit it off. That's how it came to this joint concert.













e0310424_12091981.jpg




e0310424_12112322.jpg


オリジナル曲から、ディランやスプリングスティーンやS&ガーファンクル等のオールディーズまで、いろんな曲が楽しめて、なかなか楽しかったです。

ライヴならではの臨場感、気分が高揚しました。


The event hall, small and intimate in the middle of nowhere, was a perfect venue for the music and our evening with friends.














e0310424_12491361.jpg


会場は、100年以上も続く村直営の公会堂で、小さく素朴ながら味があり、雰囲気満点。

大英帝国の傘下にあった時代の名残か、女王陛下のお写真が掲げられていました。


This community hall was established more than 100 years ago. New Zealand was very much under the Great Britain then.















e0310424_12242723.jpg


その翌朝には、夫とバドさんが湾にボートを出し、お魚をいっぱい釣ってきました。

バドさんはヒラマサも釣り、少しおすそ分けしてもらった。


The next day, my husband and Bud went out fishing on our boat in the bay and caught many snappers. Bud also got a king fish and a kahawai.













e0310424_12244482.jpg


一尾はシンクからもはみ出す大きさ。

ワタシ、お魚をさばくのって苦手なんですよねぇ〜

こんな生活が続くのなら、築地に修行に出なくちゃ。


So big, one of them barely fitted into my sink.
I'm really not good at filleting fish. If they are gonna keep giving me fish lke these, I better go and get trained.













e0310424_12245554.jpg


尻尾も見事にピンとしてる。

お刺身と焼き魚になんとか形を整え、美味しくいただきました。

翌日は、シンバにもあげました。


Tail fins of wild fish are beautiful. They must have fought hard when caught.
I managed somehow to make one into sashimi and the other grilled. As there were more than we could eat, Simba got some, too. He absolutely loved it.











[PR]

by BBpinevalley | 2018-10-23 21:37 | ニュージーランドの生活 | Comments(14)
2018年 10月 19日

時間があると、やる気も起こる/ When Not Pressed For Time, You Do More


e0310424_10190006.jpg


娘も巣立ち、仕事も引退すると、時間がたっぷりできますね。

こういうのダメっていう方も居られると思いますが、ワタシ好きです。(歳を取ってもイイことってあるんだ!)

アレもしなくちゃコレもしなくちゃ、って思うの、苦手です。

お天気の良い日は、夕方になると夫とシンバと連れ立ってお散歩します。















e0310424_10191361.jpg


お嬢さんが大学に行かれてお寂しいでしょう、なんて言われるのですが、それが一向に……😅

彼女も楽しくやっているようだし、元気でさえ居てくれればクリスマスには会えるし、みたいな感じです。



この乳牛(もう名前もこんがらがって分からなくなりました)、とってもフレンドリーで、私とシンバを追いかけてきます。

白いロープには電流が流れているので、こちらには来れないのですが。















e0310424_10192809.jpg


ファームの入り口に、新しい郵便受けを設置しました。

一つはバドさん用、一つはロッジ用、もう一つは私たちの新しいお家用です。














e0310424_10194061.jpg


土台にした木は、うちのビーチに埋もれていた流木です。

かなり古いものだと思う。















e0310424_10201031.jpg


この逆光の写真、仮住まいのキッチンからの眺めですが、こんなに海が見えるようになりました。

海沿いに高い木が連立していたのを、新しくその土地を買った人が伐採してしまったのです。

この日は、白い雲を写して海も白くなっていますが、普段は蒼く綺麗な海が見えるようになりました。















e0310424_10203927.jpg


その海沿いの土地に、お散歩に行ってみた(知人なので、勝手に入れてもらちゃった)。














e0310424_10205542.jpg


右側のこんもりした木々の向こうが、我々のファームです。

海風が気持ちがいい。















e0310424_10211662.jpg


時間があると、お料理でもしようかって気になりますよね。

夫の好きなポピーシードケーキを作ってあげることに。

いつもならミックスにちょっと手を加えてホームメイド風にするだけですが、今日はイチから真面目に。















e0310424_10213070.jpg


このレシピ、やけに量が多くて、こんなに出来ちゃいました。

一つはバドさんに、もう一つはご近所に?














e0310424_10220852.jpg


グレーズなんて、甘いし面倒だから滅多にかけないんですが、今日はそれも。

ケーキ自体にはレモンジュースとおろし皮を入れましたが、グレーズにはオレンジの皮を入れました。















e0310424_10223541.jpg


こんな風にかけてみたりもして。














e0310424_10230379.jpg


オレンジの花が咲き始めて、その香りの良いことと言ったら!

香りだけはリンクできないですものね〜

残念。













[PR]

by BBpinevalley | 2018-10-19 11:13 | ニュージーランドの生活 | Comments(22)
2018年 10月 12日

雨の日の過ごし方/ How To Spend A Rainy Day


e0310424_12195944.jpg


イエ〜ィ、雨だ。

待望の雨。

先日、ワイン畑に肥料を撒いたばかりなので、この雨が栄養を地面にたたき込んでくれるでしょう〜


Hooray, it's raining.
We've just finished fertilizing the vines. This rain will carry the nuturition down to their roots. Great timing.














e0310424_12194811.jpg


ここ、トイが詰まっているようです。

枯葉かな。

お掃除しないと。


It seems like there is a blockage in the gutter there. I have to tell my husband.















e0310424_12202292.jpg


雨の日には、まずベーキング。

コーヒーケーキを作っています。

コーヒー味なのではなく、パウンドケーキにシナモンクランブルが乗っかったようなモノ。

コーヒーと相性がいいからそう呼ばれるのかしらネ。


My favorite thing to do on a rainy day is baking.
I'm making a coffee cake.














e0310424_12182705.jpg


庭のマンダリンオレンジももう最後。

使ってしまわねば。

収穫も終わりの方になると、とても甘くなります。

ほとんどはジュースにする。


We had a huge crop of mandarins this year. They are so sweet. I have to hurry up and squeeze the remaining ones.














e0310424_12184667.jpg


今日のお花は、白いシャクナゲとカエデの葉。


A new arrangement on my desk.














e0310424_12190361.jpg


春になると、まずマジェンタ色(濃いピンク)のが咲き誇り、終わる頃にこの白が満開になります。

続いて、大ぶりの薄桃色のが咲き始める。

その後、NZ種なのか、香りの素晴らしい白いのが、11月ごろ満開になります。


It's a Rhododendron season now in New Zealand. In my garden, the magenta ones bloom first, then white, then pale pink.
Beautifully scented ones bloom last, usually in November.














e0310424_12203494.jpg


ランチは昨夜の残り物のピッツア。

ちょっとあっため過ぎた。


Leftover pizza for lunch. I heated it too much. (I put it in the oven and have forgotten about it, as usual)













e0310424_12204628.jpg


蒸したアーティチョークも食べました。

食べ散らかすのは、美味しかった証拠。


Our spring artichokes are so good. Scrumptious.














e0310424_12205945.jpg


一休みして、携帯でオンラインニュースを読む。

今日も驚くべきニュースがいっぱい。

トルコのサウジ領事館内でジャーナリストが殺されてバラバラにされたというハナシ、どうやら本当みたいですね。

トルコ政府がオーディオとビデオの証拠を持っているとか…

オソロシ----


In the afternoon, I sit down on my favorite chair and read online news.
It says that the Turkish government has audio and video recordings of that prove Khashoggi was killed inside the Saudi Consulate!
Amazing news every day.













e0310424_12244837.jpg


 アメリカ東部の旅で買った古いオルゴールボトル。

調べてみると、16世紀から続くオランダの酒造所製で、オルゴール部分はフランス製なのだそうです。

ストラウスの『青きドナウ川』に合わせて、バレリーナがくるくると回りながら可愛い踊りを見せてくれます。


We bought this old music bottle in a country antique shop near Cleveland. Made by an old Dutch liquor company using French music box mechanism from 1957 to 1978, quite many of them were apparently sold in Europe and the US. This one plays "Le Bleu Danube" and the ballerina dances to the music. Very sweet.













YouTubeで見つけたので、リンクします。

昔懐かしいオルゴールの音色、バレリーナの可憐な動き----

雨の日の午後、ぼうっと聴いているのにちょうどイイ。















[PR]

by BBpinevalley | 2018-10-12 14:07 | ニュージーランドの生活 | Comments(29)
2018年 10月 08日

エンプティーネストの静かな生活/ Life on Farm, On or Off Line

e0310424_09121575.jpg


ファームのぶどう畑です。

先月中頃に葉を出し始めて以来、毎日、目に見えるように大きくなります。


Leaves are coming out in our vineyard.














e0310424_09123662.jpg


今年は初めてのボトリング、ひょっとしてできるかナ…


Some are growing fast and some aren't depending on the soil, but we are hoping to harvest grapes this year.















e0310424_09130694.jpg




e0310424_09131739.jpg


カバノー氏は、トランプの共和党が腕力で押し切って最高裁におさまりました。

しかし、ドラマはまだまだ続きそうですね。

せっかく与えられた弁明の場でカバノー氏があそこまでボロを出すとは、共和党も想像していなかったようだし。

大あわての止血処理でした。


Republicans had muscled Kavanaugh through onto the bench. But the political drama in the US seems to continue on.
I don't think even Republicans expected Kavanaugh would manage to fumble so miserably at the hearing. The rescue job was amazing.















e0310424_09132996.jpg


私の机を飾る今日のお花。

気分が晴れます。


This is my consolation bouquet for his confirmation.















e0310424_09150557.jpg


11月、12月と、また旅行を控えているので、ファームの畑を縮小する計画をアタマの中で練っています。

しかし、毎朝メールチェックしたりオンラインニュース読んだりしていて出遅れ、そのうちに暑くなりすぎて、結局夕方までファームに出られません。

日中の日差しがとても強いのデス。


I meant to go and work at the farm's veggie garden every morning but reading online news and sorting out messages from friends take forever. By the time I finish, the NZ's merciless sun is beating and can't leave home till later.














e0310424_09143093.jpg


日向ぼっこするシンバ。


Simba seems to be deep in thought……(?)













e0310424_09145186.jpg


することもないし…

水でも飲むか。


Still thinking…















e0310424_09134575.jpg




e0310424_09140177.jpg


生活の記録としてのブログ、とても役に立っています。

あまり個人的なことは書かないし、掘り下げることのない散文ですが、浅く長く続いてます(笑)

皆さんからのコメント、視点が人それぞれで、とっても楽しい。


Though aimless and coreless, I still enjoy writing this blog as it's such a good record and reminder of where I was at a particular time and place in life. I made many friends through it and love all the exchanges. It is also a good tool to keep up with the Japanese news and trends.














e0310424_09154282.jpg


先週、ニュージーランドは夏時間になり、8時近くでも写真のような明るさ。

近頃、夫はまた鹿狩りに熱中し始めて、昨晩も帰ったのは8時半過ぎ。

夕食が遅くなって困りマスッ、と叱りました。(ハイッ、と直立不動)


We switched to Summer Time last week in NZ.
When I took this photo, it was almost 8 in the evening.














e0310424_09152120.jpg


従姉妹から貰った湿布が無くなり(老人がお医者でもらうアレ)、困っていたところ、先日中華マーケットでこんなのを発見。

有名なタイガー軟膏の湿布です。

これが意外と効くのです、肌にも優しいし。

この中国語、好きだナ〜、『虎標鎮痛藥布』

なにしろ中国の歯医者さんは『牙医』ですからネ。

楽しいです。


I ran out of the magnificent Japanese muscle pain patches that my cousin had supplied me and wandered out in town in a desperate search for substitutes. I found a good one at a Chinese market. They are the patches made by the company which produces "Tiger Balm". Quite soothing and gentle on the skin. I recommend it.












[PR]

by BBpinevalley | 2018-10-08 13:12 | ニュージーランドの生活 | Comments(18)
2018年 10月 03日

健忘症、それとも急性デメンチャ?/ Amnesia or Dementia?

e0310424_05373759.jpg


こちらで「オニオンウィード」と呼ばれているこの野草、今そこら中に花を咲かせています。

花も葉っぱも球根もも、全部食べられるんですヨ。


We call them ‘Onion Weed’ here. They are blooming everywhere at the moment.
Every part of this plant is edible, it has a strong spring onion like flavor.












e0310424_05375757.jpg


私は、花と茎を細かく刻んで、岩塩とたっぷりのごま油をかけて、冷蔵庫で保存します。

あったかいご飯にのせて食べても美味しいし、スクランブルエッグに加えたり、香味としてお肉に添えたりも出来る。


Every Spring, I go out and collect a bunch, chop them up small, and mix with sea salt and plenty of sesame oil to marinade.
You can use it for cooking, or simply top the steamed rice and eat with seaweed. Yum.












e0310424_05381137.jpg


ファームにもたくさん咲いています。


Some gardeners don’t like them because it’s quite invasive.











e0310424_05383251.jpg


昨日、家の裏側に行ってみたら、あれまぁ、こんなところに誰かがバスケットを干してる。

犯人は、

このワタシ。


Yesterday, I found a basket left hanging in my backyard.
Who left it here?
---only to realize a moment later that it was me.











e0310424_05385412.jpg


雑誌を入れてお客様トイレに置いていたのをお掃除したのですが、その後こんな所に干して、すっかり忘れていたわけです。

もう5日くらいになるか---

小雨なんかも降ったような気がする。

ダメですね、健忘症、悪化してるナ、これは。

発見しても、え?って思ってる時間が長過ぎる。


When I cleaned the guest bathroom several days ago, I got rid of the old magazines stashed in the basket, then wiped it clean and hung it here.
But I’d completely forgotten about it since. I erased it out from my memory.
Scary.












e0310424_05391049.jpg



このバスケット、紙でできているんですヨ。

濡れてもなんとか大丈夫だった。

Woodnotesというフィンランドの会社の品物。他にもエコでスタイリッシュな家具や小物を作っています。

昔、オーナーのお家に遊びに行って、フィンランドの夏を楽しんだことがあります。


By the way, this basket is made of paper. (All the more amazing that it survived a few showers while being left in the backyard)
Created by Woodnotes in Finland. They make beautifully designed and ecologically superb products.











e0310424_05395272.jpg


先週末、遊びにきてくれた友人たちと、ファームを横切ってビーチに向かいました。

遠くに、うちのアンガス牛たちが、1日の最後の日光浴を楽しんでいるのが見えます。


Last Sunday, we took a walk on our farm crossing the paddocks to the beach before dinner.
I could see some of our Angus cows enjoying the last sunbathing of the day.











e0310424_05400993.jpg


うちのビーチに来るのは久しぶり。

この日はかなりの引き潮でした。

潮干狩りができる日も、そう遠くはないかも。


It’s been a several months since we were here last.
It was low tide.
We may be able to go clam digging soon.










[PR]

by BBpinevalley | 2018-10-03 18:17 | ニュージーランドの生活 | Comments(26)