人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

タグ:京都 ( 6 ) タグの人気記事


2018年 11月 23日

母の50周忌に/ On My Mother's 50th Death Anniversary


e0310424_14362248.jpg


南禅寺近くにて。

ご姉妹かしら。

若々しくて、素敵なお着物姿ですね。


Near Nanzennji temple.
Just so that you know; an unmarried girl wears a long-sleeves kimono, and a married one wears shorter sleeves kimono.














e0310424_14420001.jpg


母の50回忌の法要も無事に終わり、今回は南禅寺横の瓢亭本店で会食となりました。

下鴨の方の瓢亭は、伯母の家が近かったので何度か行ったことがありましたが、ここは初めてでした。


On my Mother's 50th death anniversary, those of us who attended the buddhist ceremony in the morning headed for the special lunch at Hyotei, near Nanzenji temple.














e0310424_14520769.jpg




e0310424_14523045.jpg




e0310424_14522077.jpg


苔むしていて、本当に綺麗。

お手入れが大変でしょうと訊いたら、いつも水をかけていますと。


Opened it's doors more than 450 years ago, Hyotei is one of the oldest and best known restaurants in Kyoto. It is immaculately kept with a beautiful garden.















e0310424_14541264.jpg


瓢亭は、450年続いているのだそうです。

いつだったか、「ミシュランお断り」なんて言って、話題を呼びましたね。

今は星がついているようですが。


The restaurant consists of a series of tea houses and surrounding gardens. I thought the the whole place was beautiful. Rustic and peaceful.
Several years ago, they hit the news because of their refusal to accept a Michelin rating. I suppose they gave in since as it seems to have some stars now.















e0310424_14561809.jpg


写真の右端に見えるように、ふすまの引き手もひょうたん型でした(笑)


Hyotei means Gourd House.













e0310424_15004512.jpg


お部屋はほんのりとした灯りが使われています。

谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』のように、ろうそくの灯というわけには行かないようですが、柔らかな照明は和の器を美しく見せます。


The room was lit dimmer than other places, which is nice because it is more relaxing. Also, the lacquer and ceramic wear they serve the food in look better in this kind of light.














e0310424_16122159.jpg


これ、なんだか分かります?


Can you guess what these are?













e0310424_16124004.jpg


ずっと座ってられない人は(現代人の殆どですが)、ここに足を入れるのです。

中は少し暖かくなっていているの。

足を入れて座っている人を正面から見ると、不思議に正座しているように見えました(笑)


For the people who cannot sit folding their legs, they cut open the tatami mat to make seatings. It is slightly heated inside.














e0310424_16120508.jpg


漆器のお膳が来ました。


Each of us had a lacquer serving tray.















e0310424_16172663.jpg


50年前(正確には49年前)に亡くなった母が、こうして私たちを一緒に呼び寄せてくれたのだなぁと思い、いとこや叔母の笑顔がことのほか温かく感じられました。


Having such a meal together with my family and relatives, I thought of my Mother who passed 49 years ago. I felt her presence in a way. She brought us all together for this wonderful occasion.














e0310424_16211760.jpg


出ました、瓢亭のたまご。

一子相伝なのだそうですね。

ちょっとたまごが光っちゃった。


One of the most famous Hyotei dishes is the boiled egg. The egg yolk is always right in the middle, and delicately flavored.
How to make this egg is a well kept secret.













e0310424_16230146.jpg


すべて、とても美味しかった。

流石ですね、瓢亭。

伝統を感じます。


Everything is so pretty and elegant.














e0310424_16262028.jpg


何もかも美味しくて綺麗でしたが、木の皮で包み焼いたこの一皿、特に趣アリ。

紅く染まった葉が一枚。

食べ物の写真なんて撮らない夫も、思わず携帯を取り出していました。


Both my husband and I liked the way this dish looked. Rustic, simple and seasonal.













e0310424_16333525.jpg


太刀魚の味噌漬けを包み焼きしたものでした。

木のほのかな香りがして、絶妙。

近頃アメリカでも、BBQする時、ヒッコリー材の木片にお肉や魚を載せて焼くのが流行っています。

同じようなアイデアねっ(ちがうか…)


It was a Kyoto miso marinated cutlassfish, wrapped in fragrant cedar sheet and grilled.
A hint of cedar scent to the delicate fish was excellent.













e0310424_16405214.jpg




e0310424_16410741.jpg


デザート2品。

ここでも代白柿が。

お饅頭は、黒砂糖の味がしました。

お抹茶が美味しく味わえました。

でも、もうお腹いっぱい。


My favorite Daishiro persimmon again. Perfectly chilled with a hint of brandy.
The second one was to taste with green tea.














e0310424_16433330.jpg


瓢亭は、お料理や建物はもちろんのことですが、お世話してくださるお女中衆のお作法の素晴らしさには感心しました。

どこまでも控えめで、それでいて行き届き、お優しい。


Additional to the excellence of the cuisine and the atmosphere, the traditional Japanese style service was amazing. The kimono clad ladies were kind and superb in manner.













e0310424_16481013.jpg


その所作、一挙一動の美しさ。

着物を着るということは、こういう所作と一緒になって初めて完結するものなのだと、今更ながら納得したのでした。

モウキラレナイ、ワタシニハ。


Every move was smooth and flawless, it was enjoyable to watch them work.















e0310424_16513177.jpg


最後に、ライトアップされた東寺です。

昨年、ちょうどこの時期にニュージーランドに遊びに来てくれた親友のKちゃんが、東京から会いに来てくれて、一緒に観に行きました。


Lastly, here is the very Kyoto shot of Toii temple at night time.












e0310424_16521004.jpg


池に映った五重塔、ブルブル歪んでるのは、カモが一羽泳いでいたからデシタ。


My best friend K, who came to stay with me in NZ around this time last year, came to see me from Tokyo. After a very good Italiandinner, we went to see the lit up Toji.













e0310424_16514009.jpg


これぞ京都、という写真で締めくくりです。

長々とおつきあい、ありがとうございました。


Quintessential Kyoto shot, isn't it?
I'll wrap up the Kyoto report with this.













by BBpinevalley | 2018-11-23 04:01 | 旅行 | Comments(26)
2018年 11月 19日

非・京都人の「密かな愉しみ」/ Kyoto, Ultimately Sublime


e0310424_18425097.jpg


今回の帰国の理由は、法事といとこ会でした。

まず、いとこ会。

龍安寺の湯豆腐庵で開かれました。

母方のいとこたちだけでも大勢居る我が家ですが、みんなの子供たちも加わって、大盛況。

お天気にも恵まれ、開け放したお座敷から見事なお庭に笑い声がこぼれ続けたのでした〜


One of the reason of our visit this time was to meet up with my cousins on my Mother's side.
Having a big family to begin with but now being joined by the next generation, the party was overflowing.
We picked a tofu restaurant located in the famous Ryoan-ji temple on this happy occasion.












e0310424_19022635.jpg


二次会は此処。

同志社大学の近くまで移動して、こちらの茶寮でお抹茶とお菓子をいただきました。

京都人が認める「ほんまもん」のお菓子屋さんです。

NHKの「京都人の密かな愉しみ」という番組の舞台となったのだそうですね。


It was so much fun that we moved to a dessert place to have a second round.
Tawaraya-Yoshitomi has 250 year history in Japanese traditional sweets. It is particularly loved by Kyoto locals and connoisseurs of tea ceremony.













e0310424_19024896.jpg


茶寮の上階にはお菓子博物館もあって、お菓子やその歴史にちなむ展示が。

これ全部お菓子でできています。壺はちがいますが。


The flowers are all made of sweets.
After we spent another hour over green tea and sweets, we took our photos and finally said good-bye to each other.














e0310424_19040882.jpg


 今回の旅、よく京都を歩きました。

かわいい郵便局ですよね。


Throughout the stay, we enjoyed walking around Kyoto. The city is immaculate and very well preserved.
This is a post office.













e0310424_19045895.jpg


何かのお店か、それともアトリエか…

素であり趣があり、お掃除も行き届き、住む人の思い入れが感じられます。


Simple, minimal, but well designed and cared for.
Whether it's a store or restaurant, or just someone's home, each Kyoto house has a statement in the front.













e0310424_19191841.jpg


また悪い虫が出た夫は、寺町通りの古物屋さんに入って出てこない。

無理ですよね、こんなの持ち帰るの…


My husband almost bought these doors. I'm glad that he didn't. It must have been a hastle to take them home.














e0310424_19124326.jpg


やっぱり石にも目が行ってしまう。

お店の入り口にぽつんと一つ埋め込まれた可愛い石。


Our eyes are naturally drawn to stones used in the architecture in this town, which is everywhere.
This small stone was burried in the walkway to a tearoom.













e0310424_19052385.jpg


こちらは祇園にあるライカのお店。


A Leica shop in Geisha district?













e0310424_19113123.jpg


これが入り口ですが、ライカが置屋を始めたかと思ってしまいますよね、これじゃ。


This is the entrance. It really looks as though Geisha or Maiko can appear at any moment from it.














e0310424_19115045.jpg


中に入るとびっくりです。

町屋を改造した、とても美しいスペースでした。

京都ならでは、ですネ。


The inside was quite a large and beautiful space showcasing leica products. A good example of Machiya house remodeled into a modern store.













e0310424_19132656.jpg


さて、ある晩、十冝屋さんのご紹介で訪ねた、祇園の割烹「はりう」

カウンタ−7席しかない小さなお店ですが、たいていはご紹介のお客様しか来ないというところ。

とてもとても美味しかった。


One night, we had a dinner at a tiny restaurant where Mr. Muta at Jeugiya had recommended. As they don't seem to take reservations and it was so close, Mr. Muta personally walked us there, which was good because we wouldn't have found it ourselves. There was hardly a sign outside. Inside a small wooden sliding door, there were seven counter seats. Some of them were already occupied by diners and we filled the restaurant to its max that night.













e0310424_19141716.jpg


美味しすぎて例のごとく写真を撮り忘れ、ほんの一部の携帯写真だけですが、載せますね。

雰囲気も良く、日本各地からのお酒も美味しく、他のダイナーとも和気あいあいで、女将のおもてなしも申し分ありませんでした。

「はりう」とは、こちらの料理人である北国出身のご主人のご本名だそうです。

写真:キュッと絞った辛味大根おろしが、お刺身に合いました。


It was called "Hariu". It was fantastic. Everything from the atmosphere, the conversation (with the owner couple and the other diners), food, drink and the price. It was perfect.













e0310424_19143463.jpg




e0310424_19144594.jpg




e0310424_19145904.jpg




e0310424_19151043.jpg


このほか、見目麗しい蓋物、珍しい和牛のお尻のお肉、何だったか忘れたモノスゴク美味しい焼き魚、熟成代白ガキのデザートなどなど、目にも舌にも栄養過多。

大満足で、夫とそぞろ歩きで十冝屋まで戻りました。(といっても、すぐ近くなんですが)

この十冝屋+はりうのコース、極めつけかも。

内緒にしておけばよかったかな…


I forgot to take photos of other beautiful dishes because I was delirious with joy being fed so well.
Typical of this kind of Japanese restaurant, you don't order your dishes but dishes arrive as you finish each one. They ask about allergies and dislikes in the beginning but that's all. You don't ask about the price either. It's called "omakase", meaning "you leave it to them"
We were glad that we left it all to them. We'll definitely come back to this restaurant!!













by BBpinevalley | 2018-11-19 04:00 | 旅行 | Comments(34)
2018年 11月 14日

十冝屋さん、素晴らしいお宿でした/ Had a Splendid Stay at "Jeugiya", Kyoto



e0310424_07203460.jpg


三泊四日の中国の旅から日本に戻り、京都は祇園のお宿、十冝屋さんに宿泊しました。

一棟貸切りのお宿で、まるで別荘に戻ってきたよう。


Ater the 3 night trip to China, we came back to Japan and settled into Gion, Kyoto.
The hotel we reserved was far beyond our expectation. Beautiful, tasteful, spacious, super clean, and full of history.














e0310424_07211760.jpg




e0310424_07213688.jpg


明治から大正にかけて建てられた建物で、それを現代人にも快適に使えるように改造されたとのことでした。

明治から陶器の海外輸出を営んでこられたそうで、其処此処に、素敵なオブジェが置かれています。


The building, well more than 100 years old, with masterful renovation to combine the modern convenience and original architecture, instantly wraps you within Japanese comfort and aesthetics.













e0310424_07293851.jpg


私のカメラでは撮りきれなかったので、ウェブから拝借したのと混ぜて載せています。


The owner's family had been in the business of dealing in ceramics and antiques since Meiji period (since late 1800). The house isaccented with beautiful objects everywhere.















e0310424_07274063.jpg




e0310424_07230872.jpg


お玄関を入ったところに洋間があり、そこから中庭を経て(濡れ縁を通り)、居間に向かいます。

広いの。


The owner is present but somehow invisible most of the time. They don't give us the key, but they will be there to geet us whenever we come back.
Entering the house, there is a western style sitting room which looks out to the small inner garden. Then you go outside again onto a corridor looking at the garden to your left, and enter back inside to the totally Japanese style living rooms which is again surrounded by a larger back garden. The house is quite spacious.














e0310424_07222885.jpg


羽のお布団も、とっても心地よかった。


They prepare the feather futon beddings every night.














e0310424_07281379.jpg



居間の周りを囲むように、またお庭があるのです。


The surrounding garden.













e0310424_07283485.jpg


来る前には結構お高いお宿だと思いましたが、来てみて、これは破格のお値段かと…

いいのかしら、このお料金で泊めていただいて。













e0310424_07284582.jpg




e0310424_07292653.jpg


とにかく、すべてが美しい。

和建築の好きな夫は、感嘆するのみ。

この一ヶ月で、私が初めての日本人の宿泊客と聞かされて、またびっくり。














e0310424_07285662.jpg


お庭には、秘密のドアがあって…


There is a hidden door to outside.













e0310424_07294936.jpg


なんと、裏のせせらぎに続いているのです。

秘密のドア、あの塀の中にあります。見えるかな。

これは、もちろんお借りした写真。

いま桜が咲いてるわけもなく…



The door opens to a quiet stream outside. The door is burried in the wall to be hidden from outside as well.
Obviously I borrowed this photo. There is no way cherry trees are blossoming in autumn.













e0310424_07301894.jpg


ヒノキのお風呂も大きくて、全く天国でした。

岩をくり抜いたお風呂を中国で注文してきたばかりなのに、やっぱりヒノキにしようかと夫が言いだす始末。

お掃除が大変そうなので、妻としては反対(お掃除係もつけてくれるならハナシは別)。


The Japanese Cedar bath was wonderful. The tub was quite large and deep.
My husband, so charmed by it, almost changed his mind from the stone tub we ordered in China to this kind. But I persuaded him not to because it requires a lot of care.













e0310424_07300300.jpg


これもお借りした写真ですが、雪のお宿もいいものですね〜

冬にも来てみたいナ。


I borrowed this photo as well because it's so pretty.
I'd like to come back in winter some day.....














e0310424_07304213.jpg




e0310424_07302843.jpg


毎朝、こういうご馳走ですから、食べ終わるとクラクラしてました。

ごちそうさまでした。

十冝屋のご主人、奥様、ご子息は、この上もなく親切で温かい方々で、お部屋もさることながら、素晴らしいおもてなしに感激いたしました。

またお目にかかれるのが、本当に楽しみです。


The breakfast was amazing. We were overwhelmed.
The owner's family was very kind and sweet. We'll definitely cme back to this place.














by BBpinevalley | 2018-11-14 09:40 | 旅行 | Comments(36)
2018年 11月 07日

もうすぐ戻ります/ Back in 12 hours


e0310424_19355657.jpeg




e0310424_19342526.jpeg


中国は廈門に、日本は京都に滞在しました。

今、飛行機を待っていますが、なんだか名残惜しいです。

パソコンを持参せず、携帯から投稿しようと思っていたのに、多忙でダメでした。

帰ったらゆっくり写真を整理して投稿したいと思います。


We visited Xiamen in China and Kyoto in Japan on this trip. Xiamen was very interesting and Kyoto was wonderful as usual. I will sort all my photos once I’m back in NZ and upload them. We are getting on board soon.









by BBpinevalley | 2018-11-07 19:31 | 旅行 | Comments(20)
2017年 06月 05日

京都の一日/ A Day in Kyoto

e0310424_07312165.jpg


東京で3泊したあと、新幹線で京都へ 。

学生寮を改装したというアートホテル、アンテルームに泊まりました。

ホテルのダイニングホールに飾られていたこの絵、とても気に入りました。


I headed for Kyoto on the third day to stay at a design-hotel called Anteroom in Kujo district. I liked the hotel immediately. Once a dormitory building was tastefully renovated into a comfortable and unpretentious gallery + hotel space.

I really liked this painting hung at the dining hall.













e0310424_07361614.jpg


品川美香さんという、まだお若いアーティストの作品。

キャンバスにオイルとアクリルで描かれています。


By a young artist called Mika Shinagawa, oil and acrylic on canvas.












e0310424_08444169.jpg


アンテルームは、京都の観光地区からは少し離れますが、京都駅からもそう遠くない九条にあります。

これは入り口。


The hotel is a little away from all the temples and gardens, but still in a walking distance from Kyoto station.














e0310424_08474856.jpg




e0310424_08481273.jpg




e0310424_08485373.jpg




e0310424_08491858.jpg


内部にはアートの展示が多く、ギャラリーとホテルが一緒になった感じ。


Various art pieces exhibited everywhere, you feel like staying in an art gallery.













e0310424_08515108.jpg




e0310424_10515578.jpg


中庭もアートです。


I liked this courtyard garden, too.















e0310424_08532155.jpg




e0310424_08535150.jpg




e0310424_08542757.jpg


テラスのあるお部屋もステキ。ホテル業界のお仕着せ感がありません。


Our room was nicely decorated with a spacious terrace.














e0310424_08570281.jpg




e0310424_08574018.jpg


趣味の良いお友達のお宅に泊めてもらってる感覚。


My cousin, who joined me later after her work in Tokyo, really liked the hotel as well.














e0310424_08585904.jpg




e0310424_08592957.jpg


朝ごはんも最高でした。

このホテル、もっと長くステイしてみたいねと、一緒に行った従姉妹とうなずき合ったのデシタ。


The breakfast was fantastic. We both were sorry that we couldn't stay longer.















e0310424_10365363.jpg



ところで、どうして京都に行ったかというと、親友が「万華鏡の世界大会」に出展していたので、観に行ったわけです。

これが、彼女と彼女のご夫君の合同作品です。

ちょっと写真がぶれちゃってて残念。

とにかくすごい人出で、押し合いへし合い。


The reason we went to Kyoto was to see the International Kaleidoscope exhibition at which my best friend was selected to show her pieces.
Sorry, my photo is not focused, but this is her main piece. The exhibition was so popular and heavily attended that I could hardly take pictures. I barely exchanged words with my friend as she was surrounded by a mob at her booth.













e0310424_10370218.jpg



万華鏡の世界を映し出した展示も綺麗でした。


The video exhibit of kaleidoscope was nice as well.














e0310424_09083715.jpg




e0310424_09090354.jpg




e0310424_09093634.jpg


ディナーは、東山は丸山公園の横あたりの「SODOH」という京都風イタリアンへ。

日本画家の家だったという素晴らしい和風建築のスペースでした。

お料理とサービスは、スペース負けしてるかなって感じでしたが、主に結婚式やパーティーに利用されているようです。

アメリカンチェリーとアイスクリームのデザートは、とっても美味しかったです。


We had dinner together the night before the exhibition at a restaurant called Sodoh in Higasiyama area. The skillfully renovated pure Japanese architecture was beautiful, but the food and services were not up to the level of space and price.
I liked the American cherry + ice cream dessert the best.



by BBpinevalley | 2017-06-05 10:58 | 旅行 | Comments(20)
2016年 10月 07日

日本の旅、その2、京都/ Japan Trip 2, Kyoto


e0310424_17511812.jpg


高野山の霊気がまだ冷めやらぬまま、京都に降りて参りました。


We made the ascent from Mount Koya and arrived in Kyoto on the third day in Japan.

















e0310424_17513379.jpg


しかし、10月だというのに暑かったですね、日本は。

秋の雰囲気はゼロでした。


You can clearly feel the global warming in Japan.
It was hot and humid throughout the trip. October I remember was much cooler in the past.

















e0310424_17520498.jpg


京都はどこを見ても国宝と重要文化財。


Still, we enjoyed Kyoto immensely. So many National and Cultural Treasures everywhere and all beautifully maintained.

















e0310424_17523133.jpg


驚くほど綺麗に保たれていて、粋を凝らしたお庭ばかり。

これは大徳寺の一角だったかな。

夫に言わせると、雑草まで趣味良く見えると…(?)


Temples and gardens are meticulously kept.
My husband said, "even weeds look pretty and are designed to be there".
















e0310424_17525374.jpg


夕暮れになって、先斗町をそぞろ歩き、舞妓さんの団扇がずらりと並ぶ小さなお店でお茶しました。

これがまた格別美味しかった。

舞妓さん好みのはずね。


We had tea and sweets at a tiny cafe in Ponto-cho where streets are extremely narrow and many Maiko and Geisha live.
The Uchiwa fans on the wall bearing the names of Maiko (an apprentice Geisha) shows this cafe is their favorite spot.

















e0310424_17530811.jpg


その後、弟が予約してくれたミシュラン二つ星の「和久傳」さんへ。

外から写真を撮り忘れたので、これは和久傳さんのサイトからお借りしました。


Then, we arrived at the Michelin 2 star restaurant called Wakuden in Muromachi.
















e0310424_17535335.jpg


静かなお庭沿いのお部屋に通されました。

京懐石ですから、目にも舌にも美しいものが次々と出てきましたが、ことにこの「ハモと松茸のしゃぶしゃぶ」が素晴らしかった。

夫と娘に、ハモを調理する技術を説明しましたが、今ひとつ分かっていない様子。


Every dish and its presentation was beautiful .
After a series of appetizers, our chef came into the room and cooked Hamo and Matsutake Shabushabu in front of us.
Hamo's english name is Daggertooth Pike Conger, and it's a particularly difficult fish to prepare because of its soft but numerous bones.

















e0310424_17542057.jpg


調理場に行って見せたいくらいでした。

この写真も、和久傳さんのサイトからお借りしました。

職人技、すごいですね〜


You have to cut the delicate meat and the bone finely and evenly without cutting through the skin underneath.
It takes years of training for the chefs.

















e0310424_17543831.jpg


これがそのハモ。梅味噌でいただきました。


This is the cooked Hamo. You dip in a salted plum sauce.

















e0310424_18082032.jpg


ハモの出汁を上品に吸った松茸も絶品。

その後、弟のリクエストで「ハモと松茸のスープにお素麺を入れたの」が出てきましたが、香りからして美味しすぎて、写真はすっかり撮り忘れました。


Matsutake mushroom is Japan's answer to the black truffle. Extremely fragrant and flavorful.
















e0310424_18104165.jpg


高野山からお肉を絶っていた夫は、これを見るなり目に星マーク。

黄色いソースは、なんと卵の黄身がベースだそう。

最近、卵は食べてもいいものになったようですね。医学界の見解も極端に変わるものですね〜


My canivorous husband perked up at the sight of this dish after a whole day of vegetarian food at the mountain.
The base of the orangy sauce with mustard seed is egg yolk.

















e0310424_18105462.jpg


こちらのお魚、なんだったかどうしても思い出せないのですが、俗な表現ながら、メチャクチャ美味しかったです。

I forgot the name of this fish but it was very very good.
I believe it was marinated in Kyoto style sweet miso.

















e0310424_18122161.jpg


和久傳さんは、京都のはずれに田んぼを持ってられるそうで、これはそこでとれたオーガニック米。

ピッカピカのご飯でした。

社員も一緒に田植えや稲刈りをするんですよと、お女中さんが誇らしく話していました。


Pure white rice, cooked to perfection.
Wakuden has their own rice patch on the outskirts of Kyoto and grows organic rice.
All the restaurant staff help the planting and harvesting, tells the waitress proudly.

















e0310424_18124356.jpg


器も本当に美しい。

京都は粋人がワクワクする街ですね。


Crispy and juicy Japanese pear and peeled giant grapes to finish.
It was truly a memorable meal.
















e0310424_18130340.jpg


さて、夫はと言いますと、どこへ行っても下ばかり向いて写真を撮っているのです。

今度ファームに建てる家の参考にするとかで。


As for my husband, he was constantly looking down and taking photos of gardens and temples' ground.
He said he was inspired by the stone works in Kyoto.

















e0310424_18131811.jpg


建築家には、京都はまったくタマラナイのだそうです。

でも、私には石庭みたいなお庭の世話はできませんからねって、固くお断りしておきました。


He wants to apply the Japanese esthetics to the house he's building on the farm.
That's fine but I don't think I can keep it up in Zen meticulousness. No, not me.











by BBpinevalley | 2016-10-07 22:07 | 旅行 | Comments(26)