人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

タグ:美味しいもの ( 14 ) タグの人気記事


2019年 04月 22日

オンナ三人、熟女会ランチ/ Fabulous Lunch at My Friends House


e0310424_10275542.jpg


一昨日の写真。

新居の建設現場横から。


The day before yesterday at our farm.














e0310424_10281044.jpg


エミューがこんなところにまで上がってきていて、しきりに草を食べていました。

彼ら、大食漢です。

海面に白い雲が反射して映り、とても綺麗でした。


2 emus were there eating the grass. They eat quite a bit.
The white cloud reflected onto the water surface was very pretty.















e0310424_10323162.jpg


昨日は、お友達の海辺のお家に招かれ、久々の女子会。

子供達が同じ学校に通っていたことから知り合った3人で、もうかれこれ10年来のおつきあいです。


Yesterday, I was invited to a lunch at my friend's house along with another girlfriend. We've been friends over 10 years since our kids attended the same school. We are similar in age and so as our kids.














e0310424_10345706.jpg


三人とも熟女ママで似通った年齢ですが、経歴はかなり違うから、ニュージーランドに来なかったら出会うこともなかったかも。

海外での出会いには意外性があって、面白い。

話しているだけで、世界観も広がる感じ。


Now our kids all left home, we now are free women. We don't have to worry about the time to pick them up from school, so we keep on talking and laughing.













e0310424_13235829.jpg


ママ業をしている時は、お互いに情報交換したり、悩みを聞きあったりして、助け合い組合のようでした。

1学年づつ違っていたその子供達も順に巣立って行き、今や三人とも自由の身。

ある意味で、巣立ったのは子供ばかりでなく、私たち自身も人生の新しい章へと飛行しているのかもしれません。

身軽に感じることは確かなのです。


It was refreshing to talk about stuff other than our kids. In some ways, we ourselves have left our nests also, and are exploring the new chapter in life.














e0310424_10351789.jpg


お料理が上手なN子さん、さすがネ!

何もかも美味しそう。

これは、鳥ささみ入りパンプキンスープ、アジアン風味。


N is a very good cook.
This is a pumpkin soup with chicken breast with Asian flavor.














e0310424_10352582.jpg


マンゴ入り酢豚。


Sweet and sour pork with mango.














e0310424_10352952.jpg


レンコンやエビが入ったミートボール。

中華BBQポークの蒸しパン包みもありましたが、ボケ写真でした。ザンネン。


Meatballs with lotus root and shrimp.
There were beaitiful Chinese pulled pork sandwiches as well but my photo didn't come out focused.














e0310424_10354390.jpg




e0310424_10355429.jpg


デザートはアップルパイ。

甘みも適度、コワントロー入りクリームも美味しくて、最高でした。

こんな風におもてなしされるのって、すごく癒されますね。

熟女の癒しパワー、強力かも。


Apple pie was wonderful, with whipped mascarpone and a hint of cointreau.
It was so wonderful to be spoiled by your friend and just sit around and talk randomly.
I felt totally nourished, body and soul.














e0310424_10365015.jpg


ここのところ身体の不調で家に籠もりがちだったので、とてもリフレッシュできました。

夫たち抜きでカラカラ笑えたのも結構でゴザイマシタ。

最高のセラピーになりました。


I haven't been socializing much lately because of my prolonged cold.
Hopefully this will mark the turning point.














by BBpinevalley | 2019-04-22 13:13 | ニュージーランドの生活 | Comments(19)
2019年 04月 14日

4月、中間報告/ Under The Weather at The Moment


e0310424_08015989.jpg


雨が降ったり止んだりが続きますが、晴れ上がるとこの通り、

気持ちの良い秋晴れです。















e0310424_08022959.jpg


それなのに、私はイマイチ元気なし。

副鼻腔炎が戻ってきたのか、完治していなかったのか、また抗生物質のお世話になってる。

ステロイドも貰ってて、量や回数など、書いておかないと覚えてられません。















e0310424_08030038.jpg


大量の薬を処方されてた晩年の両親を思い出してしまった。

訪ねて行くたびに、幼かったお嬢は、その薬の仕分け仕事が大好きでしたが。

ちょっとブレ写真。













e0310424_08025180.jpg


イヤだなぁ、あんな風になったら。

風邪くらいでこの調子だと、先が思いやられる…














e0310424_08150364.jpg


適度に雨が降っているので、水やりの必要もなくなったから、菜園も放置。

後で、草むしりが大変だ〜















e0310424_08343253.jpg


滅多にどこにも出歩かず、ちょっと憂鬱でございマス。














e0310424_08334810.jpg


別に寝込んでいるわけではないので、毎日お料理して、美味しいものを頂いています。

元気つけないとネ。

昨夜はお向かいのカップルをお招きして、ビーフシチューとサフランライス、えのきとブロッコリーのにんにく蒸しなど。

うちのビーフ、美味しかった。














e0310424_08032221.jpg


シンバと寝っ転がっていて間違えて撮った写真。














e0310424_08165906.jpg


家に居ると、ついラップトップにかじりついてしまいますが、目にも悪いし、肩も凝るし、

ほどほどにしようと思っています。

薬もサプリもほどほどに。

Everything in moderation ですネ、まったく。
















by BBpinevalley | 2019-04-14 09:19 | ニュージーランドの生活 | Comments(26)
2018年 11月 19日

非・京都人の「密かな愉しみ」/ Kyoto, Ultimately Sublime


e0310424_18425097.jpg


今回の帰国の理由は、法事といとこ会でした。

まず、いとこ会。

龍安寺の湯豆腐庵で開かれました。

母方のいとこたちだけでも大勢居る我が家ですが、みんなの子供たちも加わって、大盛況。

お天気にも恵まれ、開け放したお座敷から見事なお庭に笑い声がこぼれ続けたのでした〜


One of the reason of our visit this time was to meet up with my cousins on my Mother's side.
Having a big family to begin with but now being joined by the next generation, the party was overflowing.
We picked a tofu restaurant located in the famous Ryoan-ji temple on this happy occasion.












e0310424_19022635.jpg


二次会は此処。

同志社大学の近くまで移動して、こちらの茶寮でお抹茶とお菓子をいただきました。

京都人が認める「ほんまもん」のお菓子屋さんです。

NHKの「京都人の密かな愉しみ」という番組の舞台となったのだそうですね。


It was so much fun that we moved to a dessert place to have a second round.
Tawaraya-Yoshitomi has 250 year history in Japanese traditional sweets. It is particularly loved by Kyoto locals and connoisseurs of tea ceremony.













e0310424_19024896.jpg


茶寮の上階にはお菓子博物館もあって、お菓子やその歴史にちなむ展示が。

これ全部お菓子でできています。壺はちがいますが。


The flowers are all made of sweets.
After we spent another hour over green tea and sweets, we took our photos and finally said good-bye to each other.














e0310424_19040882.jpg


 今回の旅、よく京都を歩きました。

かわいい郵便局ですよね。


Throughout the stay, we enjoyed walking around Kyoto. The city is immaculate and very well preserved.
This is a post office.













e0310424_19045895.jpg


何かのお店か、それともアトリエか…

素であり趣があり、お掃除も行き届き、住む人の思い入れが感じられます。


Simple, minimal, but well designed and cared for.
Whether it's a store or restaurant, or just someone's home, each Kyoto house has a statement in the front.













e0310424_19191841.jpg


また悪い虫が出た夫は、寺町通りの古物屋さんに入って出てこない。

無理ですよね、こんなの持ち帰るの…


My husband almost bought these doors. I'm glad that he didn't. It must have been a hastle to take them home.














e0310424_19124326.jpg


やっぱり石にも目が行ってしまう。

お店の入り口にぽつんと一つ埋め込まれた可愛い石。


Our eyes are naturally drawn to stones used in the architecture in this town, which is everywhere.
This small stone was burried in the walkway to a tearoom.













e0310424_19052385.jpg


こちらは祇園にあるライカのお店。


A Leica shop in Geisha district?













e0310424_19113123.jpg


これが入り口ですが、ライカが置屋を始めたかと思ってしまいますよね、これじゃ。


This is the entrance. It really looks as though Geisha or Maiko can appear at any moment from it.














e0310424_19115045.jpg


中に入るとびっくりです。

町屋を改造した、とても美しいスペースでした。

京都ならでは、ですネ。


The inside was quite a large and beautiful space showcasing leica products. A good example of Machiya house remodeled into a modern store.













e0310424_19132656.jpg


さて、ある晩、十冝屋さんのご紹介で訪ねた、祇園の割烹「はりう」

カウンタ−7席しかない小さなお店ですが、たいていはご紹介のお客様しか来ないというところ。

とてもとても美味しかった。


One night, we had a dinner at a tiny restaurant where Mr. Muta at Jeugiya had recommended. As they don't seem to take reservations and it was so close, Mr. Muta personally walked us there, which was good because we wouldn't have found it ourselves. There was hardly a sign outside. Inside a small wooden sliding door, there were seven counter seats. Some of them were already occupied by diners and we filled the restaurant to its max that night.













e0310424_19141716.jpg


美味しすぎて例のごとく写真を撮り忘れ、ほんの一部の携帯写真だけですが、載せますね。

雰囲気も良く、日本各地からのお酒も美味しく、他のダイナーとも和気あいあいで、女将のおもてなしも申し分ありませんでした。

「はりう」とは、こちらの料理人である北国出身のご主人のご本名だそうです。

写真:キュッと絞った辛味大根おろしが、お刺身に合いました。


It was called "Hariu". It was fantastic. Everything from the atmosphere, the conversation (with the owner couple and the other diners), food, drink and the price. It was perfect.













e0310424_19143463.jpg




e0310424_19144594.jpg




e0310424_19145904.jpg




e0310424_19151043.jpg


このほか、見目麗しい蓋物、珍しい和牛のお尻のお肉、何だったか忘れたモノスゴク美味しい焼き魚、熟成代白ガキのデザートなどなど、目にも舌にも栄養過多。

大満足で、夫とそぞろ歩きで十冝屋まで戻りました。(といっても、すぐ近くなんですが)

この十冝屋+はりうのコース、極めつけかも。

内緒にしておけばよかったかな…


I forgot to take photos of other beautiful dishes because I was delirious with joy being fed so well.
Typical of this kind of Japanese restaurant, you don't order your dishes but dishes arrive as you finish each one. They ask about allergies and dislikes in the beginning but that's all. You don't ask about the price either. It's called "omakase", meaning "you leave it to them"
We were glad that we left it all to them. We'll definitely come back to this restaurant!!













by BBpinevalley | 2018-11-19 04:00 | 旅行 | Comments(34)
2018年 07月 03日

いよいよ7月、後半戦ですね/ July; Kicking Off the Second Half



e0310424_11484887.jpg


今年もいよいよ後半戦へともつれ込みましたね。

なんだか分からないままにここまで来たっていうのが、正直、私の感じるところであります。


上の写真は、タマリロなる果物。

ナス科の、トマトに類似した果物だとか。

最近お近しくなった隣町のご夫婦からいただきました。


We have now ventured into the latter half of 2018.
How desperately hopeful I am for this segment of the year is beyond my ability to express.
Let's prey together.

Our new friends Tim and Helen gave us some beautiful fruit from their garden.
These are tamarillos.














e0310424_11491445.jpg


飛び上がるほど美味しいとは思わなかった。

でも、酸味がなかなか爽やかです。

これでチャツネなどを作ると絶品なのだとか。


They were definitely sweeter than the store-bought ones and quite flavorful.

















e0310424_11492362.jpg


こんなにたくさんいただきました。

彼らのお庭には、なんと柚子の木があるのだそうで、今、枝もたわわに生っているとか。

近々お邪魔したいと考えています。


I better make some chutney with these.
Tim and Helen's garden is known in the area as one of the most beautiful and abundant in rare trees.
They even have Japanese Yuzu trees.
I must visit them soon.
















e0310424_17332392.jpg


これが今朝の朝食。

パンケーキにホイップクリームとメープルシロップをかけ、うちのマカダミアナッツをトーストして載せました。

デビルドエッグは、夫の数少ないレパートリーの一つで、娘の大好物です。

ちょっと荒っぽいけど、美味しいのです。

今日も家族で美味しい食事にありつけることに、感謝、感謝。


Our breakfast this morning.
Pancake with whipped cream topped with toasted macadamia nuts of our own.
My husband made one of his few specialties, our favorite "deviled eggs".
















e0310424_11495196.jpg


先日、うちのマカダミアナッツの7キロ袋を開けたので、せっせと毎日ローストしています。

オーブンを125度くらいに熱し、ファンを掛けて、30〜35分ほどローストします。

とても甘くなって、まるでキャラメルのようなお味に。


The other day I opened a 7kg bag of our Maccadamia nuts. I've been roasting them every day since.
Fan bake the nuts for 30 to 35 minutes at 125 C.
They roast to an almost caramel-like sweetness.















e0310424_11500303.jpg


先日、引っ越していくご近所さんを見送る会がファームのロッジで開かれ、午後から散々飲んだり食ったり。

これは、ニュージーランドでは定番のパーティーフードらしいのですが、オーブンで温めたディップ。

サワークリームやらクリームチーズやら、色とりどりのピーマンが入っていました。

なかなか美味でした。


At the lodge, we hosted a farewell party for our neighbors. We drank and ate from three in the afternoon.
Oven-roasted dip seems to be a typical New Zealand party food accent. It was delicious.


















e0310424_11501565.jpg


その日の夜は、ヘレンズヴィルのインド料理店で友人カップルと待ち合わせ、ボリウッドのダンス番組をサッカーに変えてもらって、機嫌よく夕食をとりました。

ヘレンズヴィルにはレストランがここしかないので、何を食べようかなんて考える必要もない。

サンフランシスコではゆうに1時間も悩みに悩むことがあるんだから、これも田舎に住む利点だと思えば、思えないことはないか……(?)

上、ダールを頼んだら、こんなバケツに入ってきました。

意外とここって本場に近いんだったりして。(ちがう、ちがう)


That night, my husband and I met with our friends at the Indian restaurant in Helensville. We never have to worry about which restaurant to go to as this is the only one ever in dear old Helensville. We should perhaps consider this a vantage point living here as we often have to argue for hours over the choice of restaurants in places like San Francisco.














e0310424_11503686.jpg




e0310424_11505332.jpg


ようやく雨が上がり、しばらくお天気が続きそうです。

ありがたや〜〜


The rain is finally holding up and it seems we will be getting nice weather for a while.

Thank god~~










by BBpinevalley | 2018-07-03 16:48 | ニュージーランドの生活 | Comments(28)
2018年 06月 27日

展示会で試食、ファームでも試食/ Auckland Fine Food Show



e0310424_07441526.jpg


もう今年も半分が過ぎようとしているんですね。

時は、振り返ればいつも一瞬で、先を臨むと無限大。

残りの半分、どんな時間が待っているのか…

私たちにとっては、17年半ぶりに娘のいない二人だけの生活が始まるわけでもあり、また新しい出発です。


上の写真のモノ、お高い化粧品みたいに見えますが、実ははちみつのボトルです。

ニュージーランドの誇るマヌカハニー。

オークランドで食品業界の展示会があり、夫と二人で周ってきました。


The year's half over.
"Time present and time past
Are both perhaps present in time future
And time future contained in time past."
Whatever it is, my husband and I are opening the door to our future life without our daughter, after more than seventeen years.
Surely we contained that life without a daughter in our past, but this time we will live it as a couple quite a bit older.

The photo is not of a fancy skin cream in a department store display case but of a Manuka Honey bottle.
My husband and I attended the Auckland Fine Food Show last weekend.













e0310424_07461242.jpg


アメリカやヨーロッパで開かれるような巨大なショーではありませんが、展示も綺麗で、デモンストレーションも多く、賑わっていました。


The show was not huge like some in the US or Europe, but offered all aspects of the fine food industry from equipments to products.















e0310424_07462819.jpg


今流行りノスーパーフードのブース。

これから迎える食糧難の時代には、食べ物の形態はこんな風になるんですかね。


Super food booth.
Is this the future form of food?













e0310424_07464076.jpg




e0310424_07465614.jpg


パッケージングのブースも多かったですね。

生分解するエコなモノが多かった。


Much of the packaging introduced at the show were eco-friendly.













e0310424_07471561.jpg


JFCさんもブースを出していました。


JFC (Japan Food Corporation) had a booth. They mostly showed sake.














e0310424_07473216.jpg


フランスのゴートチーズメーカー。


French cheese maker.














e0310424_07473982.jpg


ニュージーランド人はコーヒーだが大好きで、コーヒー焙煎会社のブースも多かったです。


New Zealanders love coffee. There were many coffee roaster booths.











e0310424_07475517.jpg




e0310424_07480891.jpg


このダックが最高に美味しかった。

今、シーズンですからね、こちらでは。


These duck roasts were excellent.
It's duck season here now.













e0310424_07483671.jpg


ダックのコフタスも最高でした。

ダック好きな夫は、何度もこのブースに立ち寄ってた。


The duck koftas were good too. My husband kept going back to this booth to sample 😋













e0310424_07484586.jpg




e0310424_07485399.jpg




e0310424_07490388.jpg




e0310424_07491659.jpg


お味見だけでお腹がいっぱいに。

この後ランチに行く予定でしたが、やめました(笑)


We got so full sampling all the food, we gave up going to lunch afterwards.

















e0310424_07492960.jpeg


さて、ファームに戻り、これはサラミ工場での試食会。

燻製したり乾燥させていたサラミを、みんなで試食してみました。


Back at our farm, we sampled a variety of Aotea salami flavors.
The recipe had been developed by all of us and the meat has been maturing for perfection.













e0310424_11555415.jpeg


私が一番好きだったのは、フィッシュサラミでした。

主にサーモンを使った贅沢なサラミ。

スパイスとのバランスが良くて、とても美味しかった!


My favorite was the fish salami. It was flavorful and moist with the right amount of herbs and spices.
We also have vegan salami and salami made with our own persimmon and macadamia nuts.














e0310424_07495217.jpeg


このファームに住んでいる限りは、食べるものには困らなそうです。


Though the era of food shortage is said to come, we may do all right as long as we live on this farm.












by BBpinevalley | 2018-06-27 12:04 | ニュージーランドの生活 | Comments(26)
2018年 05月 20日

サンフランシスコを歩く/ Taking a Walk in San Francisco


e0310424_16143840.jpeg


バンクーバーから戻ってから、やっとサンフランシスコの生活に落ち着きました。

お天気も良く、ぶらぶらそぞろ歩きも楽しい。















e0310424_16145398.jpg




e0310424_16150259.jpg


娘は、オレゴンの大学にもお泊まり体験に行ったのですが、イマイチお気に召さなかったよう。















e0310424_18494482.jpg


大学選びも大変ですね。

人生の岐路になるかと思うと、気軽には決められないしね〜














e0310424_16152526.jpg


前にも書きましたが、サンフランシスコには、世界から集めた市電が走っているんですよ。

これは、どこの国から来た車両かな。

私は、市電の音が大好き。














e0310424_16154524.jpg




e0310424_16153592.jpg


昨日のプリンス・ハリーとメーガンの結婚式は、綺麗でしたね!

お天気も最高で、みんなキラキラ。

ロンドンでの結婚式よりもずっと素敵だと思いました。
















e0310424_16160874.jpg




e0310424_16161780.jpg


今、サンフランシスコでは、こんなお花がお店に並んでいます。














e0310424_16171666.jpg


母の日には、娘にクリームシチューを作ってもらった。

あっという間に、水分がパンに吸い込まれていく〜〜















e0310424_16165711.jpg




e0310424_16170697.jpg


娘の大好きなレストラン『デルフィーナ』で食べたカルゾーネ。

中にミートボールが入っていて、すごく美味しかった。














e0310424_16172958.jpg


ジャパンタウンに出来た新しいアイスクリームショップで食べた『ライスミルクのソフトクリーム』

ほんのりとかかったミントソースが効いてました。














e0310424_16174177.jpeg




e0310424_16174915.jpg


なるべく歩こうと思って、銀行やショップに行くのにもテクテク。

家々の構えや植木を見るのも楽しい。














e0310424_16175798.jpeg


バイオリンの調整に『ローランド・フェラー』に行くのにも、バスと歩きで。

ピンクのバイオリンケースを抱えて、前を歩く娘。














e0310424_16180563.jpeg


サンフランシスコを歩くと、シンバが思い出されてなりません。

シンバとはよく歩いたな。

今回の旅、あちこち行ったせいか、やけに長く感じました。3ヶ月ほども居たような…

旅と出会い、友人やご近所との再会、娘との時間…など、密で有意義な滞在でした。













by BBpinevalley | 2018-05-20 20:15 | アメリカ生活 | Comments(20)
2017年 06月 08日

広島、そして再び東京/ Hiroshima, and Back to Tokyo Again


e0310424_14451760.jpg


住んだこともない広島に、何故か在る一族のお墓にお参りしたあと、府中市という、昔は箪笥の製造で有名だった街でランチをとりました。


After the visit to our family graveyard, my cousin, my nephew and I had lunch in an old valley town called Fuchu. This town used to be known for its production of high-end Tansu.













e0310424_08550176.jpg




e0310424_08571417.jpg


場所はここ。

明治の頃、政治家だった親類の叔父が、この料亭で芸者をあげて遊んでいて、酔って窓辺から仰向けに落ちて死んだという、いわくつきの家。


Originally built in 1872, the authentic Japanese style building of the restaurant was recently refurbished and well maintained. One of my great grand uncle, who was a politician of some sort, got drunk in the upstairs room having a party with geishas, and fell off backwards from the window and died.













e0310424_09023128.jpg




e0310424_09031927.jpg


綺麗に手が入れられていて、近頃では結婚式なども多いのだそうです。


They don't have geisha parties anymore but many weddings and family reunions now.














e0310424_09054150.jpg


こちらは、瀬戸内海の夕暮れ。三原市の須波というところです。

静かで、良いところだなと思いました。


In the evening, we visited Suhama which faces Seto Inland See.














e0310424_09092202.jpg




e0310424_09105739.jpg


その須波で、海の見えるステキなイタリア料理屋さんを予約していました。

中に入ると、可愛いワンちゃんがお庭に❤️

何犬だろう。けっこう大きくて、毛もフサフサ。


We had a reservation at an Italian restaurant where you can enjoy the ocean view. There were 2 very cute and well behaved doggies in the garden.














e0310424_09143121.jpg




e0310424_09150276.jpg


三原はタコで有名だそうで、きのことタコのアペタイザーも、ボッテルガと魚介のパスタも美味でした。


This area is known for ocotopuses. The few ocotopus dishes we ordered were all excellent.














e0310424_09183671.jpg


この島根牛のステーキも、やけに美味しかったです。放牧牛かしら----


The steak meat was from the neighboring Shimane prefecture, which was also very tasty. It was quite lean for Japanese beef and tasted like grass-fed beef.













e0310424_09204941.jpg


途中で、こんなものがレストランの真ん中に出現。

いったい、何?


Something unfamiliar appeared in the middle of the restaurant.













e0310424_09223288.jpg


チーズを溶かす器具だったのですね。

ラクレットという、いま流行りのポテトとチーズの料理を作るために、オーストリアから取り寄せたそうです。

広島の田舎でこんなものにお目にかかるとは----


It was a device to melt a half wheel of cheese to make a swiss dish called "Raclette". I know the dish is getting popular but never thought to encounter such an authentic device in a small town in Hiroshima.














e0310424_09253388.jpg


そして飛行機に飛び乗り、東京に戻りました。

また同じホテルですが、今度はさらに上階の違うお部屋。


After 2 nights in Hiroshima, I flew back to Tokyo. Same hotel but in a different room on a higher floor.














e0310424_09273006.jpg




e0310424_09275912.jpg




e0310424_09283146.jpg


前のより若干狭いらしいですが、こちらの方が落ち着く感じ。

相変わらず、外は歩く気がしないので、どこへ行くにもタクシーを呼ばなくちゃならない。

まったくねぇ。


Slightly smaller room but I liked this one better.













e0310424_09312215.jpg


それでも、用事は全部済ませて、3日後に東京をあとにしました。

空港へ向かう途中、車中から。


I spent 3 more busy days in Tokyo and got everything done. The shot is from a bus heading to Narita.














e0310424_09333082.jpg


最後、今回食べそこなった鰻がどうしても食べたかったのに、空港に鰻屋さんがない。

ジュエリーショップの優しい店員さんに訊いたら、お茶漬け屋さんの「ひつまぶし」というのを食べなさいと。


One thing I wanted to eat in Japan was Unagi (eel) but didn't have a chance till the last moment.












e0310424_09392061.jpg


これが大正解。

うなぎのお茶漬けなんて初めてでしたが、すごく美味しかったのです!

成田で時間待ちの方、オススメです。


I'd never had Unagi this way. It's called "Hitsumabushi", you pour dashi stock over rice and Unagi. It was fantastic. It was the last and great treat of my trip.












e0310424_09431199.jpg


これで今回の私のひとり旅はおしまい。

バイバイ東京。また会う日まで-

The end. See you again, Japan.





by BBpinevalley | 2017-06-08 05:15 | 旅行 | Comments(22)
2017年 06月 03日

ご無沙汰です、日本から戻りました/ Back from Japan

e0310424_09565070.jpg


約十日ほど、日本に一人旅してきました。

お宿が新宿だったからか、歳のせいか、東京はすごく疲れるところだと思ってしまいました、今回。

写真は、部屋の窓のスクリーン越しに見えた新宿の夜景です。


I'm back from a short trip from Japan. It was barely 10 days but covered Tokyo, Kyoto, Hiroshima and back to Tokyo. I must say Tokyo was a little exhausting. Perhaps I stayed in a busy hotel in Shinjuku instead of my cousin's house in Gaien which is getting rebuilt for Olympic.

















e0310424_10022335.jpg


1人だったせいもありますよね。昨年の秋の家族旅行では、元気いっぱいだったのですものね。

Traveling alone is always not so easy anyway.

















e0310424_10044462.jpg


でも、初日から美味しいものをご馳走になりました。

チマキの中は、鮎のお寿司。

新宿の料亭のランチです。


But I fully enjoyed the food from Day 1 to the last.
The photo is from the lunch at a quiet Kaiseki restaurant in Shinjuku, which I failed to get the name.

















e0310424_10081214.jpg


デザートもさっぱりと、葛のお餅で。

美味しいなぁ〜、やっぱり日本は。


Arrowroot cake. Sweet bean paste is inside.

















e0310424_10133189.jpg


早速お友達とも合流し、いとこにも会い、連日連夜食べ歩き。

写真は恵比寿の駅前の台湾料理屋さん、京県楼のシュウマイ。

小籠包で有名らしいですが、シュウマイにもスープがたっぷり入っているんですよ。

美味しかった。


These are Shumai (Chinese steamed dumplings) from Jin Din Roy at Ebisu. So juicy with soup inside.


















e0310424_10322206.jpg


写真は、歌舞伎町のゴールデン街。

平成末期の日本に残った戦後昭和の街、という感じ。

周りを囲んでいる新宿のビルからは、かけ離れた風景です。



このあと、京都を経て広島まで足を伸ばしました。

その様子は次回また。


This area is called Shinjuku's "Golden District". It's like the after the War Japan preserved in the middle of modern high rises.
To be continued…





サンフランシスコ ブログランキングへ



ニュージーランド旅行 ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村

by BBpinevalley | 2017-06-03 10:41 | 旅行 | Comments(20)
2016年 05月 10日

とても暖かい秋です/ Unusually Warm Fall in New Zealand



e0310424_08382921.jpg


アメリカからやけに暖かいニュージーランドに戻って、ほぼ一週間が経とうとしています。

雨も少なくて、ちょっと不思議な秋…


到着した日は、いつもの早朝便で着いて、これまたいつものカフェで朝食を。

上は、娘が注文したエッグス・ベネディクト。

トーストしたイングリッシュマフィンに、ポーチドエッグとホランデーズ・ソースがかかっています。

ベーコンは隠れているのかな…


We arrived in unusually warm Auckland a week ago.
It is the warmest May we have ever experienced so far.

On the morning we arrived, we went to the usual cafe near my daughter's school and had our usual breakfast before we sent her off to school.


















e0310424_08384296.jpg




e0310424_08385358.jpg


こちら、私が注文したブルーベリー・パンケーキと夫のスクランブルエッグです。

どれもニュージーランドらしい盛り付けで、カロリーたっぷりって感じね。


I like New Zealand bacons because they are very lean.

















e0310424_08391123.jpg


ファームでは、もちろん仔牛たちのお出迎えを受けました。

大きくなってきたわね〜〜


We were warmly welcomed at the farm by our calves003.gif
They are growing really fast.


















e0310424_08405487.jpg




e0310424_08392255.jpg


ドイツや日本からのウーファーさん、地元ニュージーからの助っ人も、菜園で忙しく働いて下さっていました。

おかげさまで、ファームの改造はどんどん進んでいます。


Our Woofers from Germany and Japan are busy working every day to furthre improve Aotea Organic Farm.
Indeed, it has improved quite a bit while I was away.

















e0310424_08411495.jpg


パインバレーB&Bをしていた時の顧客で、そのままお友達になったMさんが泊まりに来られて、オークランドでご馳走してくださいました。

マヌカウ通りにあるBOWZという鉄板焼きのお店。


Our friend K. M. came to stay with us, and took us to Japanese grill dinner on the last day of his stay.
Bowz on Manukau Road is a small but very good Teppanyaki restaurant.


















e0310424_08414532.jpg


娘の学校の近くなので、以前にも来たことがあるのですが、なかなか美味しいお店です。


If you reserve the counter seats, you can watch their skillful cooking method, which is quite fun.


















e0310424_08422663.jpg


ニュージーランドの草食牛のフィレミニョン。

柔らかくて、しっかりお肉の味がして、美味しかった。


Very tender and tasty New Zealand filet mignon steak arrives with crispy garlic slices and their original steak sauce.
















e0310424_08413397.jpg


デザートもナカナカでした。

特にクレム・ブルレーが豊潤で、美味しくいただきました。

どこへ行っても美味しいものばかり食べて、私って果報モノ。


The desserts were pretty good as well.
I especially liked the rich creamy creme brûlée.












by BBpinevalley | 2016-05-10 11:05 | ニュージーランドの生活 | Comments(18)
2016年 04月 16日

楽しかった日本への旅/ My Fun Trip to Japan 


e0310424_17525406.jpg


今回は、満開の桜に突入した旅でした。

着いた頃、多摩川沿いの桜もほぼ満開でした。


I dived into the peak of the Cherry blossom season in Tokyo.


















e0310424_17530459.jpg


ほんと、綺麗だった。

桜の木の下に立つと、夢の世界に舞い込んだようで。

良い時期に来たなぁと思いました。


They were so beautiful that I felt like I was getting lost in a dreamland.
This is definitely one of the best season to visit Japan.


















e0310424_17533659.jpg




e0310424_18055771.jpg




e0310424_18060784.jpg




e0310424_18061479.jpg




e0310424_18105803.jpg




e0310424_14183981.jpg




e0310424_14194649.jpg

お友達とのランチやディナーも楽しく、日本は何をいただいても美味しいので、毎日食べすぎの感アリ。

写真はほんの一例で、ほとんどの場合、食い気に負けて写真を撮り忘れました。


I had numerous lunches and dinners with my friends, all of which were so so delicious.
Most of the time, I didn't even remember to take photos.


















e0310424_18063800.jpg


で、たまにはこんな朝粥で調整。

いいなぁ、これぞ、日本ですよね。


To condition my overworked stomach, sometimes I had very simple meals in the morning.


















e0310424_18070740.jpg




e0310424_18091305.jpg


そして、ミニ旅行で広島にも行きました。

こちらでも桜攻め。


I took a short trip to visit my relatives in Hiroshima.
All the cherry trees there were also at their peak.


















e0310424_18081383.jpg


こんな鄙びたお寺を見ると、つい入ってみたくなり…


A specimen of Wabi-Sabi, an old nameless temple.


















e0310424_18073314.jpg




e0310424_18092256.jpg




e0310424_18075941.jpg


境内には誰も居なくて、音もなくひそやかに桜の花びらが舞い落ちるだけ。


No one was in the garden of the temple.
Just Cherry blossom petals dancing down to paint the ground in pale pink.


















e0310424_18082810.jpg




e0310424_18090184.jpg




e0310424_18101528.jpg


でも、よく見ると、春の躍動力は凄まじく、新芽やつぼみがいっぱい。

写真2番目は、牡丹かしら?

3番目はなんだか分からない。


But when you looked closely, the signs of spring were active everywhere.


















e0310424_18093551.jpg


お寺の石垣の外には、こんな可愛い花が一面に咲いていました。

アヤメみたいだけど、ずっと小さめの花です。


These look like Irises but the flowers are much smaller.













e0310424_18104446.jpg


そして、お墓参りもしました!

少し雨にやられてしまいましたが、滅多に来ないので、ご先祖様が怒っておられるのだろうと反省しました。


I visited my ancestors graveyard with my cousin as well.
It started raining when we got there, but I was glad to be there and to be able to spend some quiet time with my cousin.

















e0310424_18112832.jpg


成田に向かう途中、車中から撮った東京湾の写真です。

バイバイ、東京。

なんだか、年を重ねるにつれて、かつて生活した街を去る時の感慨が深まります。

「元気でね」と、お友達と駅で別れる時なども、ホロっと来そうになりました。


The shot was taken on my way to Narita airport to finally leave Japan.
Bye Bye, Tokyo.
As I get older, I feel more emotional to leave my home country……

















e0310424_14195514.jpg


その後、ニュージーランドの家に戻って2泊したのち、1学期を終えた娘を寄宿舎に迎えに行き、そのまま今度は二人でアメリカへ。

上は、先ほど機内から撮ったサンフランシスコ空港の写真です。

昔は平気だったけど、さすがにちょっと疲れました。

ぐったりママです。


Then, after spending 2 nights at our farm, I went to pick up my daughter who had finished her first term at the boarding house, and went straight to the airport again, this time to leave for the US.
The photo is of San Francisco airport.
I used to be fine doing things like this, but now, I have to admit, I'm fried.
Better go right to bed.











by BBpinevalley | 2016-04-16 15:39 | 旅行 | Comments(24)