人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

タグ:翻訳 ( 3 ) タグの人気記事


2018年 08月 02日

訳本三冊目、出版されました/ My Third Translation is Published

e0310424_18234526.jpg


アップし忘れていたのですが、昨年から訳していた料理本が、先月20日に日本の書店に並びました。

タイトルは『ダッチオーヴン・クッキング』

副題は ー 西部開拓時代から続く鉄鍋レシピの知恵と工夫 ー というもの。

前回に続いて米国ロッジ社の編纂ですが、今回は鉄鍋の中でもクラシックな『ダッチオーヴン』と呼ばれる蓋付きの深鍋を使った、豪快な野外料理の紹介です。


The cookbook that I had been translating last year was finally published and out in bookstores in Japan on July 20th
It's called "Dutch Oven Cooking".















e0310424_18255507.jpg


ダッチオーヴンとは、その名前が示すようにオーヴンとして使える鉄鍋で、煮込み料理ばかりでなく、パンやケーキなども焼ける万能鍋です。

It is more than a cookbook as it explains "how to" for all the setups and use of equipment.














e0310424_18253961.jpg


最近は鉄鍋ブームで、特にアメリカのロッジ社の鉄鍋が大人気。

安価な中国製品も出回っているそうですが、ロッジ社の製品にはあらかじめシーズニング(油を鍋に馴染ませる工程)が施されていて、鉄の質も高いので、丈夫で使いごたえがあります。


If you have this book, you can eat stylishly and deliciously in any outdoor setting!














e0310424_18260195.jpg


この本のレシピは、各種ミックスや瓶缶ものが罪悪感なく使われていて、極端に簡単なものばかり。

それというのも、野外にはややこしい材料や道具を持って行けないことから、携帯可能な材料が中心になっているからです。

西部開拓時代の豪快さに、現代の便利さを加えた感じ。


The recipes are quite simple, which is realistic when you think about cooking outdoors.
The book is filled with American classics.














e0310424_18261184.jpg


野外料理方の中に、ビーンホール・クッキングというのがあります。

土に穴を掘って、ドラム缶を埋め込み、中に火をおこして炭を作り、その上にダッチオーヴンを沈め入れるのです。

これって、マオリ族のハンギという地中料理に似ていますが、もっと多様性がある。


I was particularly interested in this "Bean Hole Cooking". You dig a hole on the ground, bury a steel drum, and make a fire inside, then put your prepared dutch oven and cover on. It will slow cook all day while you are doing whatever you do while camping.














e0310424_18262289.jpg


常設すると便利そうなので、ファームに作ってみようかなと思います。

スロークックだから、料理を仕込んで穴に沈めて蓋しておけば、夕食時には出来上がっているという寸法。

私好みかもしれない。


I should ask my husband to make the Bean Hole at our farm. It is similar to Maori cooking methods, but a lot better as it is more versatile. It will be a nice addition at the lodge.











by BBpinevalley | 2018-08-02 00:01 | ご紹介します | Comments(42)
2015年 11月 09日

犬の手も借りたい!/ Swamped with Work



e0310424_08234627.jpg


昨年翻訳して、そのまま延び延びになっていた「疑惑の川」の出版が、やっと来年の2月に決まり、最後の校正で死んでいます。

本の出版というのは、数少ない大手の出版社でもない限り、とてもややこしいのですね。

取り付け番号というのがなかなか取れなくて、手こずっていたようです。


The book I translated last year, " The River of Doubt ", is going to be finally published in February, next year.
It seems quite difficult to set up the distribution rights in Japan unless you are a huge publisher.


















e0310424_08241359.jpg


忙しい時には、いろいろ重なるもので、夫はアメリカに行ってしまったし、ファームの仕事もあれこれ有るし、猫の手でも借りたい。

どうして猫の手なんでしょうね、犬の手じゃなくて?

我が家は、とりあえず借りるとすれば、犬の手だなぁ…


I have to finish the final correction before the 23rd of this month.
Oh, no, I have so much to do here, with my husband gone to America…

















e0310424_08242870.jpg


低くて長くて綺麗な虹が出たので、携帯を持ってデッキに飛び出したのに、目の前にあるデカイ木がすごく邪魔だった。

うっすらとダブルレインボウでした。


There was a beautiful rainbow and I rushed out to take an iphone shot, but this big tree in our garden was in my way.


















e0310424_08325576.jpg


11月5日はガイ・フォークスの日で、こちらでは花火を上げる習慣があります。

忙しい1日を終えて、近所の人やはしゃぐ子供達を交え、ゆっくりと花火を見るのは楽しかったです。


November 5th was "Guy Fawkes Night" here in New Zealand, and we enjoyed fireworks with our neighbours and their much excited kids.
It was a fun and relaxing way of spending the evening after a busy days work.

















e0310424_08291623.jpg


週末には、ウーファーのMさんと娘と三人で、ファームのミカン畑にミカンを摘みに行きました。

ミカンやレモンの花の良い香りが漂って、とても気持ちが良かったです。


On the weekend, we went to pick some oranges in our orchard.
The frangrance of the orange and lemon flowers were intoxicating.


















e0310424_08322768.jpg




e0310424_08324462.jpg


その帰りのファームの風景。


Two shots of the farm on the way back from the orchard.

















e0310424_15091596.jpg




e0310424_15103859.jpg


うちの「ボン」は、毛づくろいの後の日向ぼっこで、とても幸せそうです。

わたしに手を貸してくれる気は無さそう〜


My boy is so happy sunbathing, he has no intention of helping me with my busy work.











by BBpinevalley | 2015-11-09 17:08 | ニュージーランドの生活 | Comments(20)
2014年 09月 10日

翻訳、やっと最終章です!/ I'm on the Last Chapter!


e0310424_142568.jpg


やっと、最終章までたどり着きました。

一月末から、テディー・ルーズヴェルト大統領のアマゾン探検を描いた本、「疑惑の川」を翻訳していましたが、やっと最後のエピローグに入りました。

いや〜、楽しかった。

史実だからとても勉強になったし、知らなかったアマゾンの自然など、興味深い事実や逸話がいっぱいで、仕事しながらワクワクして過ごしました。

I have finally reached the final chapter in my translation work.
I had started translating "the River of Doubt" by Candice Millard, a story of Teddy Roosevelt's Amazon Expedition, in the end of this January, and now I am working on the Epilogue.
It has been really fun translating this book which is filled with amazing historical facts, anecdotes, and scientific information.









VWのワゴン車、大好きです。昔は、よくこんな風に家財道具を山積みしたヒッピー風のワゴンが走っていたものです。
e0310424_1181785.jpg


でも、何よりも惚れ込んだのは、ルーズヴェルトという人物です。

なんて魅力的な熱いオトコで、なんて素晴らしい大統領、自然科学者、そして「お父さん」だったんだろうと、読みながら感服してしまいました。

I am also totally impressed by the man, Roosevelt. What an amazing person he was. Such a driven and passionate man with true interest in science, literature, sports, and of course national and international politics. He was a great father as well.









何故だか、うちで撮影がありました。ドイツ人のカメラマンで、楽しい人でした。
e0310424_1311536.jpg


1ページ進むごとに勇気が湧き立つようで、どんなパワードリンクより良かったです。

出版されたアカツキには、是非読んでみて下さいね。

その節には、またアップします。

It was an adventure of my own as I turn the page and advance further into the rainforest.
I will update again when it is actually published. I hope it will do well in Japan.









シンバのドッグパークの芝生もこの通り、すっかり枯れています。
e0310424_2251559.jpg


しかし、雨、降りません。

ま、カリフォルニアには夏は雨は降らないものなのですが、水制限で、公園にも水撒きしないので、シンパのドッグパークも砂漠状態です。

秋になったら、雨に降ってもらわないと困りますね〜。どうなるんだろう……

It's been so dry in California. As the city cannot water parks and streets, it is all dry and dirty. I hope it starts raining in the fall……




にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村

by BBpinevalley | 2014-09-10 02:54 | アメリカ生活 | Comments(32)